海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/青森特派員ブログ

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

みなさんも知ってのとおり、青森県はリンゴの産地で有名です。
そのリンゴの収穫が、今ピークを迎えています(^^)

秋に獲れるリンゴですが、最近はリンゴを発酵させ熟成させてつくるお酒「シードル」にも力を入れています。

青森駅前ベイエリアにあるA-factory。
この青森特派員ブログでも、たびたび紹介している観光スポットです。


★☆A-factoryに関する過去記事はこちら!☆★

北のりんごの国より、こんにちは♪

A-factoryに本格ハンバーガーショップOPEN!【OCEAN’S DINER】

青森冬の風物詩~光と紙のページェント~

aomori02_afactory.jpg

A-factory内は、青森県産リンゴを使用したシードル工房があり、「AOMORI CIDRE」という商品ブランドを確立しているのです。
工房内には8つのタンクがあり、各種シードルやアップルソーダを製造しています。

工房はガラス張りで、作業工程が見られるようになっていますよ。

そしてA-factory2階では、そこで製造しているシードルや、県内のリンゴのお酒を試飲することが出来ます♪

_IMG_9768.jpg


2階にあるレストラン「Galetteria Da Sasino」(ガレッテリア ダ・サスィーノ)のレジで、まずはチケットを購入。
チケットを試飲機に差し込んで、試してみたいシードルのボタンをオン!

A-factory内で製造しているアオモリシードルはもちろん、有名なニッカのシードルや、リンゴのブランデーなど、
さまざまな味を飲み比べて堪能できます。
たくさんの味を楽しめるって、贅沢ですよね。1階には瓶のシードルも販売しているので、味見して商品を選べるのです。

uIMG_6087.jpg


シードルによって、使っているリンゴやアルコール度数、甘みなども全然違います。
こんな風に、色まで違ったり。でも、全部シードルなのです。

_IMG_9751.jpg

試飲機の近くにはテーブルやソファもあるので、ゆったりじっくりと試飲を楽しむことができますよ。
アルコールは入っているので、お車に乗る予定の方はもちろんお控えくださいね。笑

旅のさいごに、駅前でお土産を買って、あとは電車と新幹線で帰るだけ!という方にはぜひオススメします!!

これからが美味しいリンゴの季節。
女性にも飲みやすいシードルにも挑戦してみては?


info—————————————
A-factory
address: 青森県青森市柳川1-4-2
tel: 017-752-1890
年中無休
[営業時間]
■ ショップ(特産品・おみやげ)
9:00〜20:00
■ レストラン1F(フードコート)
11:00〜20:00
■ レストラン2F (ガレット)
11:00〜21:00
———————————————



2017年9月30日

9月ももう終わり。
青森市は明日からぐんと気温が下がって、最高気温が16度になるそうです。
先週、衣替えをしました。ニットの季節ですね!笑


山頂では紅葉もすすんでいるみたい(^^)
今年も紅葉が楽しみです!


先日日本を縦断した台風18号が来る前に、青森市にある「モヤヒルズ」のコスモス畑に行ってきましたよ(^^)

青森市郊外にある雲谷高原に広がるコスモス畑は、青森県内随一の広さです。


コスモス畑は迷路になっていたり、コスモスの咲く時期にはさまざまなイベントも催していて、たくさんの人でにぎわっています。
また、コスモスの種のプレゼントなどもあるようです。(今年度は終了)


IMG_7758.JPG


9月中旬ですでに枯れかけていましたが、まだまだ元気に咲いていました!
どうやらモヤヒルズは植える時期がちょっと早いらしいです。
8月下旬からもう咲いているとか・・・

IMG_7734.JPG

元気なコスモス。この日は青空がとてもきれいで、コスモスの鮮やかな色がとても映えていました。

IMG_7736.JPG

背の高いコスモスもたくさんあって、わたしの身長をこえていました。
これは、迷路は迷いそうだ・・・笑

IMG_7761.JPG

こちらはキバナコスモス。
ビタミンカラーで、元気な色です!風に揺られてかわいい!

IMG_7801.JPG


IMG_7785.JPG

一般的に知られているコスモスのほかにも、ちょっと変わった種類のコスモスも植えられていました。
色が濃かったり、花片が多かったり・・・コスモスにもさまざまな種類があるんですね。


モヤヒルズのコスモス畑は、台風一過によってどうなったか・・・
その後行っていませんが、背の高いものは折れちゃったり、花弁が落ちてしまったりしたかもしれません・・・。


でも、青森県内まだあちこちに、コスモスは元気に咲いているようです(´▽`)
お花から元気をもらって、また10月からがんばりましょう♪


info—————————————-
モヤヒルズ
〒030-0133
青森市雲谷字梨野木63
TEL.017-764-1110
FAX.017-764-1711
HPはこちら!
———————————————-


2017年9月28日

すっかり秋めいてきましたね~。
秋といえば食欲の秋。みなさん美味しいものたくさん食べていますか?
食欲も増すこの季節にピッタリな、今年むつ市にできたご当地グルメ「大湊海自カレー」をご紹介します☆


むつ市大湊には海上自衛隊大湊基地というのがあり、その基地を拠点に海上自衛隊の方々は海へ出て、日本を護ってくださっています。
海上自衛隊では航海の際、ほとんど毎日景色が変わらず、曜日感覚が失われてしまうため、「毎週金曜日はカレー」という決まりがあるのだそう。

それぞれの艦艇では、独自のカレーのレシピを持っており、味もちょっとずつ異なるそうです。
各艦艇秘伝のレシピに基づいたカレーを、むつ市内の飲食店10か所で味わうことができます!
艦艇で本当に食べられているカレーの味を、陸上で楽しめるのです。


先日むつ市に行った際、むつ市にある「駅前食堂」で「大湊海自カレー」を食べました(^^)
駅前食堂で提供しているのは、「護衛艦ちくま」で食べられているカレーです。

DSC_0905.JPG


カレーだけでも、かなりボリューム満点!
自衛隊サイズだからなのか、女性にはちょっと多いかもしれません。

DSC_0906.JPG

カレーライスは辛口のポークカレー。
ごはんを艦艇に見立て、国旗が立っています。
お子様ランチみたい。笑

また、奥の豚肉の炒め煮にもしっかり味がついていて、ごはんが進みます!
スタミナも抜群です。

手前左にはゆで卵、左奥には、給食らしく牛乳です。

普段食べるカレーだとおかずはあってもサラダ程度ですが、「大湊海自カレー」はがっつりです!
これが艦艇のなかで食べられているのか~と、ちょっと新鮮な気分になりました。
お値段は、このボリュームで1200円でした。

このようなカレーを提供しているお店は、むつ市内にあと9店舗あり、どちらも毎日限定〇食!と決められています。
それぞれの店舗で扱う艦艇のカレーも違うので、スタンプラリーのように全制覇を目指して味の違いを楽しめそうですね!


店舗によっては、曜日限定での提供をしているお店もあるので、詳しくはこちらのHPをご覧ください

青森県むつ市に来た際には、ぜひ「海自カレー」を体験してみてくださいね!

info———————————-
駅前食堂
青森県むつ市下北町5-45
TEL:0175-22-0860
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00ごろ [全日]
    ランチ営業、日曜営業
定休日:木曜日
—————————————-


2017年9月17日
2017年9月 3日
2017年8月31日
2017年8月29日
2017年8月26日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 青森特派員

    青森特派員
    鈴木 麻理奈
    青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_tNgJ75dVN7

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集