海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/青森特派員ブログ

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

春は出会いと別れの季節。
旅立つ大切な人への贈り物を求めて、雑貨屋さんを巡ることもあるかと思います。
そんな季節にぜひ訪れてほしい、すてきな雑貨屋さんをご紹介します。


三ノ月舎は、青森駅ビルラビナの2階にあります。

IMG_6456.JPG


店内に所狭しと並ぶたくさんの雑貨は、青森出身の作家さんが作ったハンドメイドであったり、青森の自然を原材料にして作った質のいいものであったり。なにかと青森に関わりのあるものを中心にセレクトされています。


IMG_6453.JPG


そのなかでも、選りすぐりの3品をご紹介していただきました。


「幸せを呼ぶ津軽の鳩笛」


弘前市におよそ200年前から伝わる伝統工芸「下川原焼(したかわらやき)」という工芸品のひとつ。
もともとは、食器などの日曜雑器を作っていたそうです。


今も、津軽を代表する玩具として、人々から親しまれています。

IMG_6429.JPG


色鮮やかな鳩さん。ころん。


IMG_6432.JPG


後ろに「吹く」ところがあって、笛を鳴らすと「ホー」というやさしい音が鳴るそうです。


IMG_6427.JPG


IMG_6426.JPG

白地に鮮やかな色で着色された「鳩笛」は、手にすっぽりおさまるくらいの大きさ。素朴なのにどこか存在感を主張してきます。


下川原焼は後継者不足で、一人しかその技を受け継いでいる方がいらっしゃらないんだそう。
ひとつひとつ丁寧に作られた「鳩笛」、お家に連れて帰りたくなってしまいますね。笑


こぎん刺しブローチ


こぎん刺しとは、津軽地方に伝わる刺し子の技法のひとつのこと。
津軽地方では、野良着のことを「こぎん」と呼んだことから、この名前が付いたといわれています。


IMG_6451.JPG


模様や刺し方にさまざまな種類があって、それを組み合わせてステキな柄を作るのですが・・・
わたしも挑戦してみたことがありますが、布の「目」を数えるだけでとっても大変!
ただ刺繍して画を描いているのではなく、計算されているので、ひとつでも間違うと全部やり直しなのです。


三ノ月舎には、全て一点もの、全て手作り(もちろん!)のブローチやヘアアクセサリーがたくさん。
こんなにたくさんの種類のなかから選ぶことが出来るのは、このお店だけでしょう。

IMG_6422.JPG


ひとつひとつが全部かわいい。簡単に真似できない、細やかな手仕事こもの。
温かいぬくもりも感じます。女子へのお土産には最適ですよ(^^)


AOMORIヒバ木工 カッティングボード


国内蓄積量の80%以上が青森県内にあり、日本三大美林のひとつに数えられる「青森ヒバ」。
知ってのとおり、本当にいい香りでリラクゼーション効果もあるといわれています。


その「青森ヒバ」を使用したカッティングボード。


IMG_6434.JPG


かわいらしい葉っぱのかたち。角は丸みを帯びて、やさしい手触りです。


IMG_6437.JPG


結構な厚みです。ヒバには抗菌効果・防虫効果・消臭、脱臭効果もあるそうで、
水を吸い込みにくいことから、お手入れもしやすいのが特徴。


IMG_6435.JPG


三ノ月舎の焼き印がアクセントに。かわいい(^^)


IMG_6446.JPG


同じ青森ヒバの素材を使用した商品が、他にもいろいろありました。
積み木やまな板、お箸など、長く使えそうなものばかり。


青森県は森林面積が豊富である一方、お手入れが行き届かずに間伐されず、樹木一本一本がやせ細って
結局何にも加工もされずに終わってしまう木もたくさんあります。
ちょっとでも手を加えて付加価値を付けてあげることが、青森に住むわたしたちにとっても、木にとってもよい選択。


それぞれの木の特性を活かした加工品が、ますます増えてくれることを願います。

ご紹介した商品のほかにも、三ノ月舎にはすてきな商品がたくさん。
駅ビルの中にあるお店なので、大切な人へのお土産セレクトにも最適です(^^)

青森の魅力がたくさんつまった三ノ月舎。
ぜひ訪れてみてくださいね!


〒038-0012
青森市柳川1-2-3 青森駅ビルラビナ 2F
TEL/FAX 017-774-3033
BLOG みのつき日記


2017年3月26日

青森市のシンボルである正三角形の建物「青森県観光物産館アスパム」から徒歩5分。

アスパムを背にまっすぐ大通りを歩いてくると見えてくるのがこのお店。


『肉バル529』

DSC_0699.JPG

知り合いのSNSに載ってて、行ってみたい~~と思っていたお店です。やっと行けました!
この名前!肉好きにはたまりません笑


店内は白と木の木目が見えるシンプルかつ温かみのある内装で、
奥にはバルっぽくカウンター席もありました。


ランチタイムが11時~14時とのことだったので、12時目指して行ったら、まさかの満席+待ちあり状態・・・。
様子をみてちょっと時間をずらして、13時くらいに再トライ(^^;)


ランチメニューは、お肉どっさりのどんぶりモノが5種類ほど。
それに+300円で、サラダ、ドリンクのセット、
+200円で、ドリンクまたはサラダがつけられるメニューでした。


一番の目玉商品がローストビーフのようだったので、ローストビーフ丼を頼みました(^^)


DSC_0700.JPG

どーん!!


こんな感じです!白いソースは、チーズがベースのような、濃厚な味。酸味もちょっとありました。
ローストビーフはごはんが見えなくなるくらいたくさん盛ってあって、でもあんまり油っ気がないのでサラッと食べられました!
ごはんには、醤油ベースのタレが万遍なくかかっているので、ごはんが進まない~ということもなく。


食材にもこだわっているようで、てっぺんに座っている卵黄は青森県産だそう。

ちなみにローストビーフ丼は、並盛りから、大盛り、特盛りとあるようです。


牛丼屋さんだったら女性はちょっと入りづらさがあるけど、このお店だったら女性でも入りやすいですよね。
実際、男性客も居ましたが、女性客もたくさんいらっしゃってました。


今回はランチに行きましたが、バルなので夜はメニューを変えてさらに美味しいお肉をいただけるようです。
飲み放題のコースも、リーズナブルに飲み放題付きで3000円~あるそうです。
お料理、飲み放題込みで3000円は安いですよね…夜のメニューも楽しみです。


アスパム通りで、青森駅からも近いので、周辺にご宿泊の方も軽く一杯飲むのにちょうどいいかも(^^)
夜のお店候補にいかがですか。


info——————————-
肉バル529
住所:青森県青森市新町1丁目11-9
TEL:017-718-7887
営業時間:ランチ:11:00~14:00
     ディナー:17:30~23:00
————————————-


2017年3月22日

3月に入りましたね。青森市もようやく春っぽく、昨日と今日はとっても久しぶりの青空でした。
おかげで雪もちょっと解けた気がします。
でもまた週末は雪のようで…うーん。春が待ち遠しいです。


八戸市の中心街、ポータルミュージアムはっちから徒歩30秒。
レトロな港町をイメージした『街カフェみなと』という名のカフェがあります。

八戸市のNPO 法人ACTY が運営するこのカフェは、独特の雰囲気でゆったりとした時間を楽しむことができるお店です。
店内は、海にちなんだモチーフ…ガラス玉のブイや学校白い帆布などで飾られ、お客様の飲食スペースは、学校や映画館、漁船、本屋、お座敷などのテーマごとに雰囲気が異なります。


看板も味があります。


IMG_6269.JPG

教室っぽい雰囲気(^^)

IMG_6267.JPG

IMG_6265.JPG


お座敷の席では、お子様連れでもゆったりと過ごすことができそうです。

IMG_6270.JPG


湊の本屋さんをイメージした一角。

IMG_6277.JPG

IMG_6291.JPG

先日、ランチをいただきました。
その名も、爆弾ドリア!!笑

IMG_6292.JPG


ランチセットにしてドリンクバーをつけました。
コーヒー、紅茶、本日のスープ、ジュースなど、種類も豊富なドリンクバー。

IMG_6268.JPG

爆弾ドリアには、サラダもついていました。
ドリアのなかには、食べやすい薄さでローストしたたっぷりの牛肉。
そして、中身がトロトロの爆弾(ゆで卵)が入っていました。
白いごはんの上に、卵、お肉、そしてカレーとホワイトソースがかかって、上にはトロトロに溶けたチーズがたっぷり。

IMG_6297.JPG

ぐつぐつ煮えている状態で、熱々を食べることができました。
牛肉がほんとうにたっぷりで、総カロリーは結構すごそうですが美味しかったです。(笑)
ドリンクバーでおかわりできるので、ちょっとゆっくりしたいならちょうどよいかもしれません。


八戸の中心街にある、誰もが立ち寄りやすい「街カフェみなと」。
いろいろな雑貨で、フォトジェニックな雰囲気でもあります。
ぜひ、遊びに行ってみてくださいね(^^)


info
街カフェみなと
八戸市三日町13番地4-5
TEL 0178-85-0137
営業時間 9:30~17:00(L.O. 16:30)
定休日 毎週火曜日、年末年始

HPはこちら!


2017年3月 1日
2017年2月25日
2017年2月18日
2017年2月14日
2017年2月 6日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

三宅島京都八丈島函館北海道南三陸南島原大阪富山山形広島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南神戸能登長野青森