海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/青森特派員ブログ

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

先日、お友達と一緒に浅虫温泉に一泊してきました。


浅虫温泉は、青森市内にある温泉地で、昔ながらの温泉地として親しまれています。
青森市中心街から車で30分ほどで到着できるので、ちょっと足を伸ばせはすぐにいける気軽さも魅力の温泉地です。


海に面した浅虫温泉の街並み。
温泉宿が立ち並びます。


IMG_1388.JPG

広がる海は、「サンセットビーチあさむし」


IMG_1390.JPG

その名のとおり、天気がよければきれいな夕陽をみることができます!
夏はビーチとして、たくさんの観光客が訪れますよ♪

写真は何年か前にビーチでBBQしたときに見れた夕陽。

IMG_0072.JPG


ちなみに宿泊した日はお天気が悪く、こんな感じのどんよりでした・・・笑


DSC_0839.JPG


わたしたちが今回宿泊したのは、「ホテル秋田屋」。
玄関に○○様、と書いてくれていました(^^)


DSC_0837.JPG


ホテルでは、浴衣を貸出してくれていて、柄と帯の色を選ぶことができました!
女性にとってはテンションが上がるポイントですよね。


DSC_0842 (1).JPG

温泉は、大浴場と露天風呂があったのですが、今回はお天気が悪く露天風呂に入れず・・・
でもお天気がよければ、夏だと天の川が見えるそうですよ!ロマンチック!


お食事はお部屋に準備してもらいました。

海鮮からお肉、旬の野菜まで、ひとつひとつ丁寧に作られたお料理。
全部食べ切れなかったのが悔やまれます・・・。

DSC_0841.JPG

しかもこのあと、デザートにアイスクリームと、冷蔵庫にはケーキもありました笑
女性限定のプランだったからなのか、サービスが細やかでした。


朝食は、大広間のお座敷で、こちらも朝から海鮮定食!
ホタテの貝焼き味噌、朝から贅沢です。美味しかった・・・

DSC_0846 (1).JPG


帰りに道の駅と産直市場に寄って、季節のフルーツを買いました♪

浅虫温泉駅前にある足湯にのんびり浸かって、心もからだも癒されました(^^)

結局お天気はあまりよくありませんでしたが、一泊の小旅行、存分に満喫できました!


DSC_0848.JPG


7月中旬から下旬にかけては、浅虫にあるダムで蛍を見ることができるそうです。
ホテルから送迎バスも出ているそうなので、晴れていたら狙えるかも!

遠くへ行くほどでもないけど、ちょっと現実から離れたいとき、浅虫温泉はちょうどよい距離感ですよ。
ちょっとした気分転換に、ぜひ訪れてみてくださいね。


info———————————————
浅虫温泉 ホテル秋田屋
〒039-3501
青森県青森市大字浅虫字蛍谷293-12
TEL:017-752-3239
ホテル秋田屋のHPはこちら!
—————————————————


2017年7月31日

夏バテ、していませんか?
夏にはやっぱりスタミナをつけないといけませんよね!
今回はそんな今の季節にピッタリな、元気になる田子町の「ガーリックステーキごはん」をご紹介します!

田子町は、青森県と秋田県の県境にある、ニンニクで有名な町です。
田子産のニンニクというと、青森県内の道の駅でも1玉300円以上する超高級食材!
イモのようにホクホクした中身のつまった青森県産のニンニクは、ヨーロッパへも出荷されているとか。

ニンニクの生産量日本一を誇る青森県で、質の高いニンニクをその街で食べてもらおうと
開発されたのが、「ガーリックステーキごはん」です。


IMG_0770.JPG

まず一番最初に食前ドリンクとして出てくるのが、ニンニクパウダー入りのコーラ「タッコーラ」。


IMG_0768.JPG


飲んだあと、からだがちょっと温まるような感じがして、ニンニクのパワーとにおいを感じます笑

お膳の右側に並べられた、9種類の前菜。
左端から順番に食べすすめていきます。この前菜も、全てニンニクが使われています!


IMG_0777.JPG

漬物にしてみたり、揚げてみたり、ボイルしてみたり・・・
ありとあらゆる方法で、ニンニクを楽しめます!

そしていよいよ、鉄板が温まったらお肉を焼きます!

IMG_0773.JPG

お肉は、左から豚肉、牛肉、鶏肉と3種類並んでいます。

IMG_0781.JPG

鉄板の上で焼いたお肉は、手前に並んでいるニンニクの薬味が乗った酢飯の上に乗せて、一口で食べます♪

IMG_0784.JPG


薬味は3種類、お肉も3種類。いろいろ組み合わせて味を楽しむことができます。
お肉が一気に3種類も食べられるのも贅沢ですよね。

デザートのアイスクリーム。

IMG_0787.JPG


この頃には、もうニンニク1玉食べたのと同じくらいのニンニクを摂取しています笑
デザートのアイスクリームは、濃厚なミルクの味のなかにやっぱりニンニクが含まれていて、
単体で食べると実はけっこうにおいがするらしいのですが、
からだがニンニクでいっぱいになっているので気付かず…笑

器やらなにやら、ほんとになにもかもニンニクで統一している感じがすごい
このガーリックステーキごはん、ドリンクからデザートまで含めて1500円となっています。
ニンニク好きな方にはたまらないランチセットです!

レストランが併設されている田子町ガーリックセンターのなかには、お土産コーナーもあり、
田子産のニンニクをふんだんに使用したお土産がずらりと並べられています。


IMG_0791.JPG

田子町ガーリックセンターはこんな感じ。
建物もニンニク色・・・?笑


IMG_0795.JPG

田子町は青森から行くとちょっと遠いですが、八戸からだと行きやすいですよ(^^)
ぜひ、ニンニクの聖地田子町へ訪れてみては?

info—————————————
田子町ガーリックセンター
青森県三戸郡田子町田子字田子11
TEL:0179-32-3165
営業時間:9:00~18:00
———————————————


2017年7月27日

もうすぐ夏休みですね!
子どもがいるご家庭にもありがたい、ものづくりや体験がたくさん集まったイベント【夏の工芸学校】をご紹介します。


5iybj3pF.jpg

HPはこちら!


【夏の工芸学校】は、今年で9回目を迎える青森市のクラフトイベントです。
青森市にある「あおもり北のまほろば歴史館」という建物で開催しています。

この歴史館は、青森市の郷土の歴史や民俗について総合的に紹介している展示施設で、
館内は天井の高~い倉庫のような開放的な空間。
普段展示してあるものは昔ながらの古道具や街の歴史についてで、館内の雰囲気もノスタルジーにあふれています。
(イベント当日は展示物を移動させているそうです。)


b3jQ08QG.jpg


【夏の工芸学校】では、青森県内のクラフト作家さんを中心に、約50個ものクラフトブースが並びます。

また、併せてものづくりができる体験ワークショップのブースも15個ほどあり、
『工芸学校』ならではの、普段体験することがなかなかできない工芸品づくりを楽しめます!


X6CLpasW.jpg


ちょうど夏休みに入ったばかりのお子様の、夏の工作づくりにもぴったり(^^)
オリジナリティあふれる工作づくりを体験できますよ。


飲食物の販売は、青森県内の飲食店を中心に、夏に食べたくなるような美味しいものがズラリ。
豚串やカレーなどのこってりしたものから、アイスコーヒー、かき氷などなど、20店舗ほど並びます。
会場の北のまほろば歴史館は海からすぐの場所なので、心地よい海風に吹かれながら美味しいものに囲まれて、ステキな時間を過ごせそうです!

AH368_ca.jpg


77QHNZJR.jpg


夕方17時からは、夜の部。
屋外でアコースティックな音楽を楽しむ大人の時間です。
昼間には提供していないお酒を17時以降は販売して、優しいアコースティックの音楽を心ゆくまで楽しめるステキな空間。


L9l1inLv.jpg

海の音に優しい音楽に美味しいお酒。考えただけでも癒されます!笑
一日を通して、大人も子どもも満足できるイベントです。

ちなみに、今回の【夏の工芸学校】のチラシは昔なつかしいわら半紙素材の紙に、涼しい水色のデザイン。
触るとザラザラするこの感じも、テーマである「扉をあけたら、なつかしい時間」を演出しているようで、
主催者さまのこだわりと雰囲気づくりがとってもステキだなぁと思います!

先ほど紹介したほかにも、古道具の販売もしているそう。
昔懐かしいあれこれに、大人はノスタルジー、子どもは新しい発見ができそうですね。
会場のレトロ感も、通常のまほろば歴史館より増しそうです!


今週末は、ぜひ北のまほろば歴史館へ!!


info———————————————
夏の工芸学校
-扉をあけたら、なつかしい時間-

とき:平成29年7月22日(土)9:00~17:00 夜の部17:00~20:00
       7月23日(日)9:00~17:00
場所:あおもり北のまほろば歴史館 →HPはこちら!
   (青森市沖館二丁目2-1)
主催:三ノ月舎、あかつき堂、夏の工芸学校実行委員会 →HPはこちら!
—————————————————



2017年7月19日
2017年7月18日
2017年6月29日
2017年6月28日
2017年6月22日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 青森特派員

    青森特派員
    鈴木 麻理奈
    青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集