海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/青森特派員ブログ

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

もうすぐ忘年会シーズンですね!
青森はどこにフラリと入ってもお刺身がまず美味しいのですが、
今回ご紹介する「一っ福」はほんとうに最高です!

青森駅を背にまっすぐしんまち通りをしばらく歩くと、広い道路に出ます。
「柳町通り」というその通りのアーケードを右に進むと、平屋のこじんまりとしたきれいなからし色の建物「一っ福」が見えます。

県産食材をふんだんに使って、郷土料理をメインにお出ししている【一っ福】ですが、
新鮮な魚介類に合わせて毎日鮮魚・刺身のメニューも変わるそうです。
お品書きは、ホワイトボードに書いたものを見せてくれます。
その時々の旬な魚介類を、美味しくいただくことができますよ。

お店に入ると、カウンター席が6席ほど。小上がり席が3席、大部屋が奥にありました。
奥の広いお部屋は忘年会にもピッタリかも?!

まず席につくと、お通し。
ひじきとおからの和え物に、厚揚げ、サツマイモの煮物。
どれもしっかりと丁寧につくられたお通しでした。もっと食べたくなってしまいました(笑)


DSC_1026.JPG


サンマのお刺身があったので、これは!!と思い注文。
サンマって、秋を代表するお魚ですが、お刺身で食べられるお店は多くないのです。


DSC_1027.JPG


こんもり盛られたお刺身。ショウガとねぎをたっぷりつけていただきました。
あぶらがのっていて本当に今が旬!なサンマを堪能できました~!美味!


青森県産のホッキ貝のお刺身も注文。
ホッキ貝は、青森県の日本海、三沢市を中心に多く獲れる貝です。
これからの冬が旬なホッキ貝。お湯で軽く湯通しすると、美しい紅色になります。
今回は生のお刺身です!


00080001.JPG

身がこんなに大きいホッキ貝を初めて見ました。
食べやすいように切ってくれていますが、食べごたえは抜群です!!
クセもそんなになくて、食べやすいです。

DSC_1028.JPG

HPで紹介されて美味しそうだった、豚の角煮も注文してみました。
ポテトサラダが付け合せについていてラッキー(>ω<)☆


DSC_1029.JPG


角煮は、お肉がとろけるほどにやわらかく、脂身もしつこくなくてペロッと食べてしまいました。
お肉がおいしすぎて、ごはんが欲しくなったほど。

ひとつひとつのお皿を丁寧につくっている【一っ福】。
素材を選ぶところから手間をかけているんだなあと感じます。


忘年会にも、しっとりゆったり飲みたいときにも、このお料理なら満足すること間違いなし!
最高品質の日本酒もたくさんそろっているので、日本酒好きにもたまらないですよ。


ぜひ、寒い夜に温まりに行きたいお店です。

info——————————————
北の味処 一っ福
〒030-0802
青森市本町1-1-25
TEL : 017-776-9930
営業時間:17:30~0:00
ラストオーダー:23:00
定休日:日曜日
お店のHPはこちら!
————————————————


2017年11月25日

最近青森市内でなにかと話題になっていた、「三九鮨(さんきゅーずし)」に初来店!

お目当ては、見た目にもインパクト大な、この筋子巻き。
青森に訪れた県外の方がInstagramに掲載したことで、ちょっとした話題になっていました。
たしかに、ごはんに対して筋子の割合がすごい!!笑

IMG_8101.JPG

一緒にサバの巻物も頼みました。こちらはわさびが効いていて、サバのくさみもなく、美味♡

筋子巻き、サバ巻きは、それぞれ3巻きの値段で書いてあるのですが、
お寿司も食べたいという女ふたりの要望に、それでは多いからとお店の方が巻物の量を調節してくださいました。

結果ちょうどよく食べ切れました。不安な方は注文する前に量を確認するのがベスト!

IMG_8102.JPG


お寿司は、並寿司1人前で10貫とかんぴょう巻きが付いています。
新鮮なお魚を使ったお寿司、最高です!
ちなみに1ランク上の上寿司を頼むと、ウニが入るそうです。


お品書きにはお寿司のみならず、サイドメニューも充実していました。
ゴボウ揚げも気になりましたが、砂肝の直火焼きというのがあったので、砂肝好きなわたしはそちらを頼んでみました!
湯気が立ちのぼる熱々の状態で運ばれてきた砂肝。ピリ辛な味がしっかり付いていて、ごはんが欲しくなりました。
コリコリの砂肝、最高です!!


IMG_8095.JPG


お店の中は、カウンター席と小上がりの席が4,5つほど。
広くはない店内ですが、ぬくもりのあるステキなお店です。


IMG_8097.JPG

青森駅からも徒歩でアクセスできる「三九鮨」。
これから寒くなる季節、美味しい日本酒とともにいかがですか?

info——————————
三九鮨
青森市古川1-20-11
TEL:017-723-1148
(※定休日や開店時間などの情報を見つけられず・・・お店へお問い合わせください。)
————————————


2017年11月13日

今年の青森の紅葉は、ここ10年で最もきれいに色づいたといわれています。

奥入瀬渓流、八甲田山、弘前公園、黒石もみじ山、白神山地などなど・・・
紅葉の名所がたくさんある青森県ですが、今年の秋はなかなか時間がとれず、どこへも行けませんでした・・・(;д;)


でも、色づきが美しいのは青森市街も同じこと。
ちょっとだけ、青森市の「平和公園」へ散歩に出かけました。

平和公園は、昭和54年に駅の跡地につくられた公園です。
1万本以上の木々が植えられ、春夏秋冬さまざまな景色を楽しませてくれます。

春にはたくさんのチューリップやツツジが咲き誇り・・・

IMG_0694.JPG

IMG_0511.JPG


園内にバラの花壇もあり、6月頃になるととても美しいです。


IMG_6626.JPG


公園の中央では、美しい噴水が街の人々を癒します。

IMG_6605.JPG

冬は、雪で覆われて人の気配はほとんどありませんが、静かに春が来るのを待っています。


IMG_6131.JPG

IMG_6119.JPG


そんな平和公園、ちょうど紅葉が真っ赤に色づいて、遠くから見ても美しいグラデーション!!

DSC_1006.JPG


園内は、イチョウやカエデ、もみじ、サクラ、ナナカマドなどの落葉樹が葉に色をつけていました。


IMG_7847.JPG


春にはサクラのトンネルだった場所も、今では赤やオレンジに色づいています。
歩くだけで元気が出てきます!


IMG_7848.JPG

どんぐりもたくさん落ちていました。

IMG_7849.JPG


わたしはこの公園が小さい頃から大好きで、よく通っていました。
今でも、どこにどんな木の実が落ちているのか、なんの植物がどこにあるのか思い出せます笑


遠くへ行かなくても、身近にある季節の移り変わりに気付いたり、
そうしたことを肌で感じるだけで、心身ともにリフレッシュできますね(^^)

そういう場所が、青森にはもちろんたくさんあるし、世界中どこにでも、あるんだなと思うとステキだなって思います。


みなさまの近くにも、そういうホッとできる場所がありますように(´∪`)


info————————————-
平和公園
青森市勝田2丁目14
——————————————-


2017年10月31日
2017年10月31日
2017年10月31日
2017年10月27日
2017年9月30日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 青森特派員

    青森特派員
    鈴木 麻理奈
    青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_tNgJ75dVN7

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集