海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/青森特派員ブログ

日本国内にもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

2月17日(金)~20日(月)まで、八戸市では冬の伝統行事である
「八戸えんぶり」を開催していました。


イベント期間最終日の20日(月)、八戸市へ行く機会があったので、観に行ってみました(^^)

20日に開催していたのは、八戸市庁前広場の特設ステージで行われるえんぶりと、同じ場所で夜に火を焚いたなかで開催する「かがり火えんぶり」でした。
会場はこんな雰囲気。

IMG_6315.JPG

IMG_6301.JPG


「えんぶり」というのは、もともとは新春に稲作の一連の作業を演じて豊年満作を祈る祈願行事のひとつで、冬の間眠っている田の神をゆさぶり起こし、田に魂を込める儀式とされています。


八戸市は「やませ」と呼ばれる夏の冷風の影響で、作物がうまく育たないことが多く、豊作祈願であるえんぶりが発展したようです。


えんぶりは、所作がゆったりとした「ながえんぶり」と、芸能的な「どうさいえんぶり」の2つの型があります。
えんぶりを演舞する組「えんぶり組」は、八戸市内、周辺地域で32のグループがあり、1グループあたり15~30人程度の老若男女で構成されています。
笛、太鼓などのお囃子、唄い手、親方、舞いや芸をする子どもたち。


それぞれのグループによって、継承してきた歌や演技がちょっとずつ異なるのも、見どころのひとつです。


「えんぶり」の演舞には一連の稲作の所作が含まれています。
中でも見どころは、太夫(たゆう)と呼ばれる舞手が、馬の頭をかたどった華やかな烏帽子(えぼし)をかぶり、頭を大きく振る舞です。
その舞は、稲作の一連の動作である種まきや田植えの動作を表現したものです。


20日に鑑賞した「えんぶり一般公開」は、およそ1時間、1グループによる演舞でした。

ステージ上では、子どもたちが祝福芸をしたり…
えびす様が鯛を釣りあげたり…


煌びやかな衣装を身にまとって、お化粧した子どもたちの楽しそうなこと!

IMG_6318.JPG


地域の遺産はしっかり子どもたちに受け継がれているな~と感じた瞬間でした。
八戸の子どもたちは、もしかしたら芸達者かもしれませんね(笑)


IMG_6373.JPG


夜の「かがり火えんぶり」は、特設ステージを中心に会場の各所でかがり火を焚いて、夜のえんぶりを楽しむことができました。


IMG_6341.JPG


あいにくの雨のなか、照明に照らされた演者さんたちの逆光がとても美しく、印象的でした。

IMG_6386.JPG


IMG_6387.JPG

会場には屋台も。寒かったので、おでんやうどん、お蕎麦などの温かい食べ物が軒を連ねていました。


一言に「八戸えんぶり」と言っても、その日、その場所でやる内容にも違いがあるようです。
来年は、「お庭えんぶり」というのと「一斉摺り」というのを見てみたいな~と思います!

国指定重要無形民俗文化財でもある「八戸えんぶり」。
冬でも楽しめる青森の魅力のひとつです!
ぜひ、この時期を狙って青森の魅力を発見してみてくださいね。


参考*****

八戸市観光情報サイト
八戸観光NAVIホームページ

*******


2017年2月25日

青森駅から徒歩3分。のっけ丼で有名な青森魚菜センターのなかを通り、裏手の入口を出ると、細~い路地があります。
その路地には、昔からある総菜屋さんが今でも軒を連ねています。

ブルーシートを木枠にかぶせたような、屋台形式のお店たちが数軒。


その昔、駅前にはこのようなお店がたくさん並んでいて、たくさんの人たちでにぎわっていたそうです。
かつてあったお店は、現在は駅前にある「フェスティバルシティアウガ」の地下や、アウガ横の道沿いに移転してしまったり、お店をたたんでしまったりしているそうです。

横山商店(通称 はるえ食堂)は、昔も今も変わらぬ場所でお店を出している数少ないお店。
優しげなおばあちゃん(はるえさん)が、あたたかく出迎えてくれました。


_IMG_9856.jpg


お店の中では、作り置きしたお惣菜がトレイに入れて並べられています。また、お鍋に入れられたおでんが炭火にかけられ、湯気が立っています。
このお店の焼きおにぎりは、地元の間でちょっとした有名です。

炊飯器にご飯が残っていれば作ってもらえるし、なければ終了。
たどり着くには、運も必要かも…。

この日はまだご飯がかろうじて残っていたようで、すぐに取り掛かってくれました。(炭火で焼くので、30分ほど待ちました)

_IMG_9829.jpg


ちょっと周辺をぶらぶらしてからお店へ戻ると、ビジュアルからして何とも美味しそうなおにぎりが、網の上にごろりごろり。

IMG_0146.JPG

小さいおにぎりは、オマケだそうです(笑)

_IMG_9835.jpg


お惣菜にあった紅鮭の身を丁寧にほぐして、混ぜごはんにしたものを、握って、黒ごまがまぶしてありました。
アルミホイルに包んでくれて、その場でいただきます。


_IMG_9840.jpg

炭火で軽く焼いてあるだけで、ゴマの香ばしさが格段に違います。
比較的大きなおにぎりで、食べごたえも十分。
寒い中、火を囲んでおばあちゃんとおしゃべりしながら食べるから、余計に美味しく感じるのかもしれません。

IMG_0152.JPG

おでんのこんにゃくは、サービスでいただきました(^^)

_IMG_9855.jpg

おでんにはもちろん、しょうがみそ付きです!
やっぱり青森県民のおでんはみそがないと(笑)

横山商店のお惣菜は、魚菜センターで働く人たちの昼ごはんになったりすることもあるそうです。
お惣菜に使用するお魚やお野菜は、魚菜センターから購入します。
持ちつ持たれつで、楽しく長くお店を続けられているのです。


こういった「おふくろの味」に気軽に立ち寄ることができる場所は、青森でも貴重。
強くたくましく、長く続けてほしいと願わずにはいられません。

近年、共働きが増えたことで、デパ地下のデリやお惣菜、コンビニで温めるだけのお惣菜がどんどん売り上げを伸ばしているそうです。
コンビニもいいけど、あたたかい人のぬくもりが伝わるような市場のお惣菜もとても魅力的ですよね。

昔ながらの味付けで、誰もがほっこりする美味しさ。最高です!
ぜひ、一度お試しくださいね。


info
横山商店(通称 はるえ食堂)
青森市古川1-12-4
早朝~夕方
焼きおにぎり 1個180円


取材・撮影協力
本田 梢/我満 直紀


2017年2月18日

日本各地で大雪を観測していますが、みなさんの地域は埋もれていませんか?

青森市は、例年雪が降って当たり前の地域。
むしろ降らないと、「いつ降るんだろう…」と心配になってくるので、ちょっとは降ってほしい複雑な気持ちです(笑)

さて、今日はそんな寒さを吹き飛ばす、
エネルギーあふれる青森のバスケットボールチームをご紹介します。

青森市では、「青森ワッツ」というプロバスケットボールチームを持っています。
ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール・リーグ(Bリーグ)にも参加していて、
青森ワッツは現在B2リーグの東地区4位です。(2月14日現在)
B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイトはこちら!


まだまだ強いとは言えませんが、毎回の試合では観客をワクワク・ドキドキさせてくれる、応援し甲斐のあるチームです!
テーマカラーは青森の青!

IMG_20161224_171048.jpg

わたしは「青森ワッツ」のファンで、今季のホームゲームは3回ほど応援に行っています。

「青森ワッツ」はバスケットボールチームですが、会場をさらに盛り上げてくれるチアリーディングチームがあります。
それが、「ブルーリングス」です。


ハーフタイムや、試合のちょっとした合間(タイムアウト時など)に登場し、会場を盛り上げてくれる存在です。
ワッツのメンバーはとってもかっこいいのですが、ブルーリングスはとってもとっても可愛くて、見てるだけで幸せな気持ちに笑
見ていると元気になれます。
クリスマスのときは、サンタコスでした!かわいい♡

IMG_20161224_171958.jpg


青森ワッツはバスケットボールの教室、ブルーリングスはチアスクールを開いています。
教室に通う子どもたちは、本物の選手たちや、活躍するブルーリングスのお姉さんたちと同じ舞台に立つ機会も!


試合前のパフォーマンスとして、この日はバトンチームがバトンを披露していました。
試合前のパフォーマンスは、地元の体操チームや体操教室などに通う子どもたちが日頃の成果を発表する場にもなっているようです。

IMG_20161224_171141.jpg


今週末は久しぶりの本拠地、青森市でのホームゲームです。
バレンタインにちなみ、選手やブルーリングスとの交流イベントもあるようです!


大奮闘している今シーズン。
今シーズンのホームゲームは残っていますので、まだ楽しめます!
スポーツ観戦をしたことがない人も、独特の会場の一体感を感じることができると思います。


IMG_20161224_170829.jpg

IMG_20161224_175951.jpg


応援しているチームを持つと、ちょっとした生きがいになったりしますよね。
青森市にはバスケットボールチームだけでなく、サッカーチームもあります。
八戸市には、アイスホッケーのチームもあるし、雪が多く降る地域ではスキーの大会なども盛んに開催されています。

青森の長い冬。閉じこもっているだけでなく、アクティブに応援するだけでも温まります!
みんなで盛り上がりましょう~~!!(^O^)GO GO WATS!!


2017年2月14日
2017年2月 6日
2017年1月29日
2017年1月25日
2017年1月23日
⇒すべての記事を見る

東北旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

三宅島京都八丈島函館北海道南三陸南島原大阪富山山形広島新宿新潟札幌東京松前横浜沖縄湘南神戸能登長野青森