海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 青森特派員ブログ > 菊のお花を食べたことはありますか?

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年12月23日

菊のお花を食べたことはありますか?


メール プリント もっと見る

菊のお花を食べたことはありますか?

こんにちは!

突然ですが、菊のお花を食べたことはありますか?
わたしは当たり前のように、小さい頃から菊がおひたしになって食卓に出てきて、菊を食べていたのですが...どうやらこの食文化は、日本のなかでも、主に東北地方と北陸地方だけなのだそうです。
実は青森県の南部地方は、この食べられる菊『食用菊』の産地なのです。
青森県三戸郡南部町の村井青果では、この食用菊を使った商品を展開しています。
それがこちら!『干し菊』です。

kiku_1

青森の食用菊(干し菊) 販売価格 500円(税込)
干した菊を、板状に伸ばして乾燥させてあります。

kiku_2

ほぐし干し菊 スタンプタイプ 販売価格 648円(税込)
こっちは、乾燥させたものをほぐしたものです。

干し菊は、北国の秋を彩る黄菊を、とれたてのまま蒸して乾燥させたもので、菊花100%の無添加商品だそうです。戻すのはとっても簡単。干物なので長持ちするし、お土産にも使えます。干し菊は、青森県でしか販売していないそうです。

また、『菊じゃむ』は、ここでしか製造していない商品。

kiku_3

菊じゃむ 販売価格 680円(税込)


菊の花びらの食感と風味が残ったまま、やさしい甘さで余韻が残ります。
この食感は...うーん、みかんのつぶつぶに、ちょっと似ているかも...?
南部せんべいにのせて試食をいただきましたが、とってもお上品な甘さで、美味しい!

南部せんべいとのセットでも、販売しているようです!


今回ご紹介したこれらの商品は、青森市内ではA-factory でしか取り扱っていないそうで
す。(A-factoryについては、こちら の記事をご覧ください)

旅のお土産に、食べる菊はいかがですか(^^)

村井青果HP http://www.muraiseika.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2015年12月23日
« 前の記事「アートあふれる十和田でクリスマス☆」へ
»次の記事「弘前市はアップルパイの街♪」 へ
おすすめ記事
    青森特派員 新着記事
    最高の県産お刺身に舌鼓♡【一っ福】
    ウワサの筋子巻が食べられる!【三九鮨】
    秋を感じる、平和公園の散歩
    レトロモダンな洋館で味わう、「大正浪漫喫茶室」のりんごビーフカレー!
    大満足!さまざまなヒラメの味を楽しめる【東通天然ヒラメ刺身重】
    看板猫がいるカフェ【猫の巣】でいただく絶品ビーフシチュー
    これ全部シードル?!テイスティングを楽しめるA-factory
    モヤヒルズに広がるコスモス畑で感じる秋のはじまり

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 青森特派員

      青森特派員
      鈴木 麻理奈
      青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_tNgJ75dVN7

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集