海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 青森特派員ブログ > バスで楽しむ♪夏の奥入瀬渓流散策vol.1

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月20日

バスで楽しむ♪夏の奥入瀬渓流散策vol.1


メール プリント もっと見る

バスで楽しむ♪夏の奥入瀬渓流散策vol.1

日本は海の日の祝日を含めた3連休でしたね。
レジャーを楽しんだ方もたくさんいたと思います(^^)


わたしも、日帰りですが奥入瀬渓流を歩いてリフレッシュしてきました!
今回は、奥入瀬渓流散策の体験レポです!前編・後編の2本に分けて、レポートします!


さて、奥入瀬渓流といえば、「日本の歩き方」のなかの「おでかけガイド 青森の歩き方 」でも紹介されています。

奥入瀬渓流とは十和田湖から流れる唯一の河川で、国の特別名景勝、および、天然記念物に指定されています。
青森県内でも随一の景勝地であり、どの季節に行っても美しい自然の作り出す姿に感動させられます。


春は八甲田の雪解け水が水量を増やし、新緑に包まれます。
夏は緑色を一層濃くし、暑さを忘れて涼しく癒されます。
秋は葉が色づき、赤・黄・茶と、最もにぎやかな景色のなかを、するすると渓流が流れていくのは壮観です。
冬は、岩に雪が盛り上がり、一面白銀の世界の中を、凍らずに静かに流れる水の音だけが響きます。

そんな、四季折々、さまざまな顔を持つ奥入瀬渓流です!

今回は、JRバス東北で運行している、
青森・八戸・十和田湖フリーきっぷ(エリア内2日間乗降自由のフリーきっぷ(ご利用期間:10月を除く))を利用して行ってきました。
※発売価格 おとな→5,000円 小児→2,500円
バスは、青森駅からは1日に5本出ています。(奥入瀬からの帰りも5本)


JR青森駅東口から出ている、JRバス東北のバス「みずうみ号」に乗車し、いざ出発!
三連休だからか、バスに乗車する客は列を成して並んでいました。
ちなみにバスは、東北新幹線と同じエメラルドグリーンとピンク色(^^)笑


青森駅を出発して、新青森駅、萱野茶屋、酸ヶ湯温泉、蔦温泉を経由し、奥入瀬渓流入り口の焼山へ向かいます。
トイレ休憩のために、萱野茶屋と蔦温泉でバスが停車します。


萱野茶屋の休憩所です。


IMG_3434.JPG


萱野高原には、「萱野高原の三杯茶」というのが有名です。
そのお茶は、「1杯飲むと3年長生きし、2杯飲むと6年、3杯飲むと死ぬまで生きる」と言われていて、
各休憩所で無料で飲むことができます。(休憩所は、萱野高原に3箇所あります。)


IMG_3429.JPG


休憩所で降りたバス乗車客も、みなさんお茶を飲んでいました♪


IMG_3437.JPG


こちらの休憩所からは、雲の中から八甲田山がお目見え!
紅葉の季節には、裾野から色が変わっていく姿がすばらしいそうです。


2つ目の休憩所、蔦温泉の土産店です。


IMG_3440.JPG


バスの中では、音声ガイドによる場所のアナウンスがあり、景勝地があるたびに、運転手さんがバスを徐行したり停止してくれるので、
そこで降りない乗車客も、通り過ぎる景色を楽しむことができます!すばらしいサービス!!アトラクションのようでした。笑


焼山から十和田湖の子の口まで、約14キロの道のりのなか、要所ポイントにバス停が設置されていて、歩いて進んだところまでで、
バスを活用することで、目的のスポットまでたどり着くことができるようになっています。

今回は、「石ヶ戸」から「雲井の滝」まで歩き、その後バスに乗って「銚子大滝」まで行きました。


さあ、散策開始です!!


IMG_3442.JPG


歩き始めて、遊歩道の右手にはすぐ、歩いている高さとほぼ同じ高さで渓流が流れています。
また、車道もほぼ同じように、渓流に沿ってあります。


IMG_3446.JPG


ところどころに、滝があります。


IMG_3450.JPG


この日はちょっとお天気が悪く、足元がぬかるんでいる箇所がありましたが、歩くのにトレッキングシューズである必要はなくて、
普通のスニーカーでも十分でした(^^)
また、気温は22度前後で、半そでに長袖の上着、薄手のジャンパーでちょうどいいくらいの涼しさでした。


滝の周りには、湿度が多いためか霧ができていました。これまた、この日にしか見られないもの。
訪れるたびに、その日の気温や天候で景色が全く変わって見えるのも、自然の場所ならではです。

石ヶ戸と雲井の滝の、中間あたりまで来ました!
ここまでで、30分くらいです。


IMG_3459.JPG


そこから10分ほど渓流を楽しみながら歩くと、馬門橋まで来ました。


IMG_3460.JPG


そして、阿修羅の流れ。


IMG_3470.JPG


ここまで来ると、もう目的地の雲井の滝は目の前です!


IMG_3482.JPG


渓流をたどってたどり着いた先に...
雲井の滝です!!
壮観!高さは20メートルほどあるそうです。


IMG_3487.JPG

人がこんなに小さい・・・!
断崖から3段になって落下するこの「雲井の滝」は、水量も豊かで、渓流沿いにある滝のなかでは見ごたえのある滝のひとつです。


マイナスイオンをたっぷり浴びて、たくさん歩いた疲れも吹っ飛びました!
ここまでで、約1時間の散策。
轟々と激流が流れているかと思えば、さらさらと静かに岩をなぞるように流れる場所もあり、
この1時間、長いと感じることは全くなく、初心者でも楽しんで渓流散策できました(^▽^)

さて、次回はここから銚子大滝へ向かいます。
ぜひ、これを読んで奥入瀬に足を運んでくださいね♪

★こちらを参考にして行ってきました!★


JRバス東北 青森・八戸-奥入瀬渓流・十和田湖行き 路線バス みずうみ号/おいらせ号


奥入瀬渓流の歩き方 星野リゾート 青森屋 散策マップ


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 天気・気候・気温 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年7月20日
« 前の記事「八戸の魚介をふんだんに使った絶品イタリアン【Casa del cibo】」へ
»次の記事「バスで楽しむ♪夏の奥入瀬渓流散策vol.2」 へ
おすすめ記事
    青森特派員 新着記事
    青森市内の温泉郷「浅虫温泉」でくつろぐ休日
    ニンニク好きは絶対食べてほしい!田子町の「ガーリックステーキごはん」
    大人も子どもも楽しめる【夏の工芸学校】へ行こう!
    八戸で絶対食べてほしい!フォー専門店【ロブ フォートンズ】
    「ねぶた」はどこでつくられるの?
    五所川原駅前【でる・そーれ】で津軽の味を堪能♪
    五所川原の「嘉瀬駅」にある、20年の歴史を持つアート
    イタリアン食堂【Porta】で楽しむ絶品ランチ

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 青森特派員

      青森特派員
      鈴木 麻理奈
      青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集