海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 青森特派員ブログ > 日帰り下北旅!べこもち体験と寒立馬たち

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月29日

日帰り下北旅!べこもち体験と寒立馬たち


メール プリント もっと見る

日帰り下北旅!べこもち体験と寒立馬たち

みなさん、下北半島ってご存知ですか?

下北半島とは、別名「まさかり半島」とも呼ばれ、「まさかり担いだ金太郎~♪」のあのまさかりの形に似ていることからそう呼ばれるようになった、青森県の右上の方の半島のことです。

下北半島には、横浜町、むつ市、風間浦村、佐井村、大間町、東通村があります。
青森市から車で2時間半でむつ市、それより先はさらに時間がかかりますが、
ありのままの自然がたくさん残る土地でもあります。


八戸に住む友達と「そういえば下北って観光したことないよね」ということで行ってみました(^^)
行く前にちょっと調べてみると、下北では「べこもち」と呼ばれる、模様の入ったお餅が特産品だそう。
作ることができる体験があったので、事前に申し込んで参加してみました!


体験に申し込んで、会場へ行くと・・・こんなおもてなしが!笑
たった2人で申し込んだのに、こんな風にしていただいてうれしい!


1485659224727.jpg


会場は、むつ市にある下北名産センターという場所でした。
案内された2階では、地元のお菓子屋さんのおばさんが必要な材料などを準備して待っていてくれました。


粉に水を加えて混ぜるところから始まり、ピンク、黄色、緑の色をつけて、どんどんお花のパーツを作っていきます。
ピンクのお花が3つ組み合わさった柄を作るのですが...こうやって作っていたのか!と驚きの連続!
とても難しくて...おばさんがどんどん作っていくのに必死で、写真を撮る暇もなかったです笑


1485659227988.jpg


ようやく出来た、丸太のようなべこもちのかたまり。
こちらがおばさんの作った見本。


1485659230455.jpg


こちらがわたしが作ったもの。柄がなんとなくぼやけてますよね...笑

DSC_0583.JPG


この丸太状のまま持ち帰り、家で蒸す作業をしました。
たくさんできました!笑

DSC_0588.JPG


輪切りにして蒸すと、白かったのがちょっと透明っぽい色に変わります。
保存するときは、一切れずつラップにくるんで、冷凍してもいいし、その場で食べても。
冷凍したものを食べるときは、解凍してからレンジで温めると美味しく食べられます。
お砂糖も入っていますが、そんなに甘い感じはなく、かといってお餅なので、一つ食べるとボリュームが結構あります!

30切れほどできたので、多かったので職場に持っていっておすそ分けしました。


ちなみにこれ、一切れ150~200円で、さまざまな柄が下北の道の駅に売っていたりします!
これが30切れも出来たと考えると、1回2000円で体験できるのでとってもお得でした!笑


蒸すことまで体験ではできないですが、なかなかエキサイティングな体験でした。


さて、べこもちが出来たところで、前から行ってみたかった尻屋崎へ!
尻屋崎は、まさかり半島のさらに端っこ、青森県でいえば、右上のほんとうの端っこにあたります。
ここには、あの動物が放牧されているといわれています...

長いドライブを終え、ようやく見えてきた青森の端っこ。
そこで待っていたのは...


IMG_5650.JPG

ええ、そう。お馬さんです。
寒立馬という馬が、ここで生活しているのです。

道路も普通に馬が横断しています。

IMG_5648.JPG

下を見てみると、荒波が立つ津軽海峡...

IMG_5660.JPG

ここ、高所にある上に海傍なので、とても風が強いのです。
外に居ると、立っているのもやっとなくらい・・・
そんな中、たくましく草をはむはむし続けているお馬さんたち。
近くに寄っても、あんまり気にも留めずに草に夢中なようです。

IMG_5667.JPG


IMG_5654.JPG


本州の最果て。ここにたどり着くまで、青森県民でも遠いと思いました。笑
でも、行って見て初めて、下北ってどういう土地なのか分かったような気がします。
IMG_5681.JPG

次下北に来るなら、仏が浦の絶景を見ようと思います\(^^)/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 天気・気候・気温 生活・習慣・マナー 自然・風景
2017年1月29日
« 前の記事「年始の一大イベント!八戸市の消防団出初式」へ
»次の記事「黒石市の松の湯交流館で食べる本格カレー!」 へ
おすすめ記事
    青森特派員 新着記事
    これ全部シードル?!テイスティングを楽しめるA-factory
    モヤヒルズに広がるコスモス畑で感じる秋のはじまり
    むつ市の新たなご当地グルメ!ボリューム満点の大湊海自カレー
    新鮮な県産食材で絶品ランチ♪【Ristorante SAWAUCHI】
    「ねぶたの家ワラッセ」は、1年中ねぶたを楽しめる!
    今年楽しんだ夏祭りpart3~湖面に輝く鶴田町の花火大会~
    今年楽しんだ夏祭りpart2~圧巻の五所川原立ちねぶた~
    今年楽しんだ夏祭りpart1~青森ねぶた編~
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【十和田の街歩きvol.2】遊び心と食の楽しみ満載!中心商店街編
    【十和田の街歩きvol.1】美術館を出てからが楽しい!駒街道編
    さむ~い雪の日は、おでんと日本酒であったまる(´`)♡
    明けましておめでとうございます♪あおもりのお正月

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 青森特派員

      青森特派員
      鈴木 麻理奈
      青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_tNgJ75dVN7

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集