海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 青森特派員ブログ > 青森ならではの「手仕事こもの」が揃う【三ノ月舎】

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月26日

青森ならではの「手仕事こもの」が揃う【三ノ月舎】


メール プリント もっと見る

青森ならではの「手仕事こもの」が揃う【三ノ月舎】

春は出会いと別れの季節。
旅立つ大切な人への贈り物を求めて、雑貨屋さんを巡ることもあるかと思います。
そんな季節にぜひ訪れてほしい、すてきな雑貨屋さんをご紹介します。


三ノ月舎は、青森駅ビルラビナの2階にあります。

IMG_6456.JPG


店内に所狭しと並ぶたくさんの雑貨は、青森出身の作家さんが作ったハンドメイドであったり、青森の自然を原材料にして作った質のいいものであったり。なにかと青森に関わりのあるものを中心にセレクトされています。


IMG_6453.JPG


そのなかでも、選りすぐりの3品をご紹介していただきました。


「幸せを呼ぶ津軽の鳩笛」


弘前市におよそ200年前から伝わる伝統工芸「下川原焼(したかわらやき)」という工芸品のひとつ。
もともとは、食器などの日曜雑器を作っていたそうです。


今も、津軽を代表する玩具として、人々から親しまれています。

IMG_6429.JPG


色鮮やかな鳩さん。ころん。


IMG_6432.JPG


後ろに「吹く」ところがあって、笛を鳴らすと「ホー」というやさしい音が鳴るそうです。


IMG_6427.JPG


IMG_6426.JPG

白地に鮮やかな色で着色された「鳩笛」は、手にすっぽりおさまるくらいの大きさ。素朴なのにどこか存在感を主張してきます。


下川原焼は後継者不足で、一人しかその技を受け継いでいる方がいらっしゃらないんだそう。
ひとつひとつ丁寧に作られた「鳩笛」、お家に連れて帰りたくなってしまいますね。笑


こぎん刺しブローチ


こぎん刺しとは、津軽地方に伝わる刺し子の技法のひとつのこと。
津軽地方では、野良着のことを「こぎん」と呼んだことから、この名前が付いたといわれています。


IMG_6451.JPG


模様や刺し方にさまざまな種類があって、それを組み合わせてステキな柄を作るのですが・・・
わたしも挑戦してみたことがありますが、布の「目」を数えるだけでとっても大変!
ただ刺繍して画を描いているのではなく、計算されているので、ひとつでも間違うと全部やり直しなのです。


三ノ月舎には、全て一点もの、全て手作り(もちろん!)のブローチやヘアアクセサリーがたくさん。
こんなにたくさんの種類のなかから選ぶことが出来るのは、このお店だけでしょう。

IMG_6422.JPG


ひとつひとつが全部かわいい。簡単に真似できない、細やかな手仕事こもの。
温かいぬくもりも感じます。女子へのお土産には最適ですよ(^^)


AOMORIヒバ木工 カッティングボード


国内蓄積量の80%以上が青森県内にあり、日本三大美林のひとつに数えられる「青森ヒバ」。
知ってのとおり、本当にいい香りでリラクゼーション効果もあるといわれています。


その「青森ヒバ」を使用したカッティングボード。


IMG_6434.JPG


かわいらしい葉っぱのかたち。角は丸みを帯びて、やさしい手触りです。


IMG_6437.JPG


結構な厚みです。ヒバには抗菌効果・防虫効果・消臭、脱臭効果もあるそうで、
水を吸い込みにくいことから、お手入れもしやすいのが特徴。


IMG_6435.JPG


三ノ月舎の焼き印がアクセントに。かわいい(^^)


IMG_6446.JPG


同じ青森ヒバの素材を使用した商品が、他にもいろいろありました。
積み木やまな板、お箸など、長く使えそうなものばかり。


青森県は森林面積が豊富である一方、お手入れが行き届かずに間伐されず、樹木一本一本がやせ細って
結局何にも加工もされずに終わってしまう木もたくさんあります。
ちょっとでも手を加えて付加価値を付けてあげることが、青森に住むわたしたちにとっても、木にとってもよい選択。


それぞれの木の特性を活かした加工品が、ますます増えてくれることを願います。

ご紹介した商品のほかにも、三ノ月舎にはすてきな商品がたくさん。
駅ビルの中にあるお店なので、大切な人へのお土産セレクトにも最適です(^^)

青森の魅力がたくさんつまった三ノ月舎。
ぜひ訪れてみてくださいね!


〒038-0012
青森市柳川1-2-3 青森駅ビルラビナ 2F
TEL/FAX 017-774-3033
BLOG みのつき日記

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術
2017年3月26日
« 前の記事「見た目のインパクトも抜群!肉づくしの【肉バル529】」へ
»次の記事「郷土料理と新鮮な海の幸を満喫できる居酒屋【六兵衛】」 へ
おすすめ記事
    青森特派員 新着記事
    最高の県産お刺身に舌鼓♡【一っ福】
    ウワサの筋子巻が食べられる!【三九鮨】
    秋を感じる、平和公園の散歩
    レトロモダンな洋館で味わう、「大正浪漫喫茶室」のりんごビーフカレー!
    大満足!さまざまなヒラメの味を楽しめる【東通天然ヒラメ刺身重】
    看板猫がいるカフェ【猫の巣】でいただく絶品ビーフシチュー
    これ全部シードル?!テイスティングを楽しめるA-factory
    モヤヒルズに広がるコスモス畑で感じる秋のはじまり
    1年前の同じ月に投稿された記事
    青森駅前のニコニコ通りをニコニコ散歩(^^)
    春の日に和で癒される。昭和大仏
    八戸ブイヤベースフェスタ開催中!
    八戸市にある日本一の海鮮どんぶり!

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 青森特派員

      青森特派員
      鈴木 麻理奈
      青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_tNgJ75dVN7

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集