海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 青森特派員ブログ > GW後半は、津軽半島ドライブへ!!

日本国内/青森特派員ブログ 鈴木 麻理奈

日本国内・青森特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月30日

GW後半は、津軽半島ドライブへ!!


メール プリント もっと見る

GW後半は、津軽半島ドライブへ!!

心地よい晴れの天気が続いていますね!
青森も最近はぽかぽかの過ごしやすい気温です。
県内各地で桜が散りはじめ、みなさんゴールデンウィークの後半はどうやって過ごそうかな~と考えているところでしょうか(^^)


今日はドライブに最適!津軽半島の絶景スポットをご紹介します。

青森県を上から見て、右側が下北半島(別名まさかり半島)、左側が津軽半島です。

津軽半島のはじっこには今別町があり、つい昨年北海道新幹線の経由駅である「奥津軽いまべつ駅」が開業したばかりのホットな街。
今別町に向かって左右に蛇行する海岸を走ると、とがった岩が目立つ「高野崎」にたどり着きます。


IMG_6493.JPG

見えているのは青森と北海道の間。
天気のよい日には、竜飛岬、下北半島、さらには北海道がうっすらとみえるそうです。

IMG_6490.JPG


ここに架かっている橋は「潮騒橋」「渚橋」と呼ばれ、ゆるやかな斜面を下りて橋を渡り、岩場では磯遊びが楽しめます。
なんといっても、濁りのない透明度がとても美しい!


浅瀬の海面近くをのぞいて見ると、カニやイソギンチャク、ヤドカリが目視できます。
小さい魚も泳いでいて、ほんとうに素敵。


IMG_20170406_095612_754.jpg


遠くから景色を眺めると、海の浅いところから深いところへのグラデーションがとても美しく、
この地域の守ってきた自然の雄大さに胸を打たれます。


IMG_6482.JPG

IMG_6495.JPG

「高野崎」はキャンプ場にもなっていて、食堂やお土産屋さんもあります。
ここの美しい海で遊んでしまったら、もう他の海では海水浴には行けないかも...(笑)


海水浴をするにはまだ早いですが、壮大な自然のなかで思いっきりのんびりできます。
ショッピングやレジャー施設もいいですが、ありのままの自然に癒されたら、またお休み明けから頑張れるかも!

ゴールデンウィーク後半は、ぜひ奥津軽へ。
残りのお休みも、いいお天気が続きますように(^^)


info------------------------
高野崎キャンプ場
〒030-1513
今別町大字袰月
TEL:0174-35-3012
----------------------------

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年4月30日
« 前の記事「あおもりも、さくら満開!!」へ
»次の記事「森と一体化したアートを体感!「国際芸術センター青森」」 へ
おすすめ記事
    青森特派員 新着記事
    青森市内の温泉郷「浅虫温泉」でくつろぐ休日
    ニンニク好きは絶対食べてほしい!田子町の「ガーリックステーキごはん」
    大人も子どもも楽しめる【夏の工芸学校】へ行こう!
    八戸で絶対食べてほしい!フォー専門店【ロブ フォートンズ】
    「ねぶた」はどこでつくられるの?
    五所川原駅前【でる・そーれ】で津軽の味を堪能♪
    五所川原の「嘉瀬駅」にある、20年の歴史を持つアート
    イタリアン食堂【Porta】で楽しむ絶品ランチ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    じわじわとこけしブーム?!津軽系こけしは黒石へ!
    津軽鉄道と桜のトンネル 芦野公園
    【明日から準まつり体制!】弘前公園の絶景!桜景色

    東北旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■青森県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 青森特派員

      青森特派員
      鈴木 麻理奈
      青森生まれ青森育ち。自然も美味しいものもたくさん!海も山も川もあって、お花も咲き誇る青森県に住んでいます。青森県には四季を彩る景色、風景がたくさんあります。地元ならではの魅力を存分にお伝えできるよう、ローカル情報を発信していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集