海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アッペンツェル特派員ブログ > アッペンツェラーハウス 昔ながらの農家のお家

スイス/アッペンツェル特派員ブログ たなかよりこ(Yoriko Hess)

スイス・アッペンツェル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月18日

アッペンツェラーハウス 昔ながらの農家のお家


メール プリント もっと見る

アッペンツェラーハウス 昔ながらの農家のお家

アッペンツェル地方の田園風景に必ずといっていいほど登場している、お馴染みのアッペンツェラーハウス。


といっても、どんな形だったのかすぐに思い出せないかもしれません。


大きく分けて3つのタイプがあるのですが、今回はそのうちの1つを紹介します。

このタイプです。
IMG_4211.jpg


右半分と左半分の形が違います。屋根の形、家の高さが大きく違いますね。


この写真の右の部分は、人が住むところ。


外壁に薄くて小さい板がウロコのように貼り付けられているのが特徴です。
(ドイツ語でSchindeln。英語でshingle)


板が、雨や雪が降ったときに湿気をコントロールしてくれ、家を守ってくれるのです。


この建築方法のおかげか、アッペンツェル地方には築数100年の家は珍しくありません。
(我が家は築500年です・・・)


そして、小さい窓がたくさん並んでいて、全体的に天井が低いのが特徴。
(我が家の天井の高さは約190cm、ドアの高さは150cmだったり170cmだったりします)


窓際に赤やピンクのゼラニウムを飾っている家が多いですね。


こんなに小さい窓ですが、数が多く、驚くほど太陽光が差し込んでくる仕組みに。


1階部分にある窓が、少し低い位置にあるように見えませんか?


これは、実は地下室の窓なんです。


昔、農家の女性は副業として刺繍をしていました。


その作業をするのに、温度と湿度が安定していて、光がよく差し込む地下室が最適だったのです。


そして、左の部分は家畜小屋です。


左側の中央部分にある大きなドアと、右側の左にある人用のドアの大きさと高さが違いますね。


牛や農具、工具などを出し入れするのにぴったりの大きさなのでしょう。


左側には、長方形の石で出来た水飲み場があるのですが、これはもともと牛が飲むために作られたものだそうです。


もちろん人も飲用したり、何かを洗ったりもしますが、牛のためにこの高さと幅で作られた、と家の持ち主は言っていました。


アッペンツェルの目抜き通りハウプトガッセ(Hauptgasse)から少し外れたところにも、似たような家があります。


IMG_2131.jpg


これは外壁にペイントが施され、ウロコ状の木板は簡略化されているようです。


アッペンツェル地方の景色。
haus.jpg


なだらかな丘に、ぽつんぽつんとアッペンツェラーハウスが点在しています。
hauss.jpg


気候や農作業に適した、人にとっても便利で居心地のいいアッペンツェラーハウス。


人々の歴史と生活が滲み出る、温かい家です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2016年6月18日
« 前の記事「スイスのハッシュドポテト「レシュティ」のアッペンツェラーバージョン」へ
»次の記事「アッペンツェラーチーズ おつまみに、お土産に、常備食に  」 へ
おすすめ記事
    アッペンツェル特派員 新着記事
    アペンツェラーチーズのスライスチーズ
    グリルにどうぞ!アッペンツェルで和牛を育てるセップ農場のカビエソーセージ
    グリルの季節に最適!アッペンツェルのキャラウェイソーセージ
    トイフェンのゼラニウムマーケット in アッペンツェル地方
    2017年5月初旬のアッペンツェル
    アッペンツェルの和牛農家、セップ農場で買った牛肉でお料理
    アッペンツェルで和牛を育てるセップ農場
    農家直営の店 Hofladen(ホフラーデン)

    スイス ツアー最安値


    2017/10/16更新

    スイス 航空券情報


    スイス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スイスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アッペンツェル特派員

      アッペンツェル特派員
      たなかよりこ(Yoriko Hess)
      スイス人の夫&黒猫2匹と築500年の家で田舎暮らしをスタート。渋谷育ちの私にとってアッペンツェルは発見の宝庫です。9年目になる日本語教師やライターをしながら、2016年から始める翻訳業とアッペンツェル地方ガイド業に向けて準備中。ここでのライフワークはスイスの川・湖めぐり。スイスワイン制覇を目指してワイナリーめぐりもしています。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集