海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アッペンツェル特派員ブログ > アッペンツェルの寒い冬に向けて、暖炉用の薪を準備

スイス/アッペンツェル特派員ブログ たなかよりこ(Yoriko Hess)

スイス・アッペンツェル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月24日

アッペンツェルの寒い冬に向けて、暖炉用の薪を準備


メール プリント もっと見る

アッペンツェルの寒い冬に向けて、暖炉用の薪を準備

アッペンツェル・アウサーローデン準州にある我が家は、標高でいうと800m以上のところにあります。(東京にある高尾山は標高600mくらい)


スイスの大都市チューリッヒの標高が400mくらいなので、約2倍の標高。


なので、気温はチューリッヒに比べると3度から5度くらい低いこともしばしばです。


そんな場所にある築500年くらいの古い木造の我が家では、未だにエアコンや床暖房はなく、薪をくべる暖炉で家を暖めています。


その暖炉にくべる薪なのですが、切らなければならなくなった庭の木を薪用に割ることもあります。


IMG_6157.jpg


アニメ『アルプスの少女ハイジ』に出てくるおんじがよくしている作業ですね。


私も、夫の祖父が使っていた斧を使って、古い切り株の上で、木を割ります。


でも、そんなに木があるわけではないので、業者から買うのが一般的。


我が家の暖炉で使う薪は、1回15kgから20kgです。


1日1回薪をくべれば足りるので、1ヶ月で600kg、11月から3月の6ヶ月で3600kgの薪が必要。


我が家は暖房用とお湯用と2つの暖炉があるので、ざっくり計算すると春までに6000kgから7000kgの薪が欲しいところです。


そこで業者に6000kgほど注文して、その半分が到着しました。


IMG_6840.jpg


短め(50cmくらい)のと長め(80cmくらい)のと、2種類の長さが混ざっています。


木の種類は、モミとブナの2種類。モミは重くて、硬くて、中身がつまった感じなので、燃え始めはゆっくりですが、持続時間が長いのが特徴。反対にブナは軽くて、柔らかくて、すかすかした感じなので、すぐに燃え始めて、燃え尽きます。


さて、この3000kgの薪を暖炉の横、家の中の階段のそば、そして屋外に重ねていきます。


その作業時間は、夫とふたりでして約3時間半!


生まれて初めて使った筋肉があった・・・と感じました。


階段の下に積んだ薪。


IMG_6861.jpg


屋外に積んだ薪。


IMG_6862.jpg


この場所は、3m x 2mくらいの広さ。


バランスを考えて、縦と横と交互に薪を積んで、高さをだしていきます。


使い方は、こんな感じ。


IMG_6869.jpg


一番下に、火をつけやすくするファイヤースターターを置きます。


その上に、細くて薄い、割り箸くらいの枝や板を2〜3本(枚)重ねます。


さらに、太さ2cmか3cmの細い棒を2段くらい重ねます。


そして、軽いタイプの木(ブナ)を重ね、最後に暖炉の上まで重いタイプの木(モミ)をめいっぱい入れます。


この暖炉は、奥行きが1m30cmくらいあり、奥は隣のリビングルームにつながっています。


暖炉については、こちらこご覧ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2016年11月24日
« 前の記事「アッペンツェル産の珍しい貴重なワイン」へ
»次の記事「アッペンツェルの冬を暖めてくれるタイル貼り暖炉(Kachelofen・カヒェルオフェン)」 へ
おすすめ記事
    アッペンツェル特派員 新着記事
    アペンツェラーチーズのスライスチーズ
    グリルにどうぞ!アッペンツェルで和牛を育てるセップ農場のカビエソーセージ
    グリルの季節に最適!アッペンツェルのキャラウェイソーセージ
    トイフェンのゼラニウムマーケット in アッペンツェル地方
    2017年5月初旬のアッペンツェル
    アッペンツェルの和牛農家、セップ農場で買った牛肉でお料理
    アッペンツェルで和牛を育てるセップ農場
    農家直営の店 Hofladen(ホフラーデン)

    スイス ツアー最安値


    2017/10/21更新

    スイス 航空券情報


    スイス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スイスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アッペンツェル特派員

      アッペンツェル特派員
      たなかよりこ(Yoriko Hess)
      スイス人の夫&黒猫2匹と築500年の家で田舎暮らしをスタート。渋谷育ちの私にとってアッペンツェルは発見の宝庫です。9年目になる日本語教師やライターをしながら、2016年から始める翻訳業とアッペンツェル地方ガイド業に向けて準備中。ここでのライフワークはスイスの川・湖めぐり。スイスワイン制覇を目指してワイナリーめぐりもしています。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_VCwksTZpYx

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集