海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カザフスタン/アスタナ特派員ブログ

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

カザフスタン/アスタナ特派員ブログ 秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

スマートフォンアプリ『インスタグラム』を見ていると、近くの会場でウズベキスタンの展示即売会をやっているとこの事。
面白そうなので行ってみる事にしました。
ここカザフスタンでは、あらゆる情報がインスタに流れます。
インスタさえチェックしておけば流行に乗り遅れる事もないのだ、という間に現場に到着。
08-1.jpg



商業系の建物の大広間で開催される展示即売会。
その名も『Восточный Караван』(ボストーチヌィ キャラバン=極東の商隊)名前を聞くだけで期待に胸が高鳴ります。
08-2.jpg



被服系に明るい方などは分かるのかもしれませんが、ウズベキスタン伝統のイカットと呼ばれる絣織物があるそうです。
そのイカットで製作されたテディベアを売っているウズベクっ子。
彼女は普段フェルガナで店舗を持たずに活動しているそうですが、何しろアスタナには日本人がいないせいで、商品が全く売れないのだとか。
宣伝を託され名刺を貰った以上、宣伝しておこう。
みなさん、良い商品が揃っていたので、ウズベクでそれらを是非、買ってください。
08-3.jpg



これまた定番の、伝統模様のお皿が所狭しと並びます。
日本と、例えばお隣韓国の事を考えれば分かりやすいと思いますが、例えウズベキスタンがカザフスタンの隣に位置しているとはいえ、食器やその他伝統工芸品は必ずしも簡単に手に入るものではありません。
つまりこれは千載一遇のチャンス。
とくれば、すかさずお皿を買い占めます。
08-4.jpg



こちらもイカットです。印半纏や半被を彷彿する形状をしています。
売り子のおばさんにいわせると、最近はウズベキスタン出身の若手デザイナーやアーティストが、こぞってこれらイカットを扱うので、世界的に認知度が上がってきているそうです。
08-5.jpg



マントのようなこのドレスは、結婚式で新婦家から新郎家に嫁ぐ時に着る伝統的なものだそうです。
売って良いのか。
さらにこれらイカット。
嘗ては氏族ごとに柄が決まっており『柄』を見ただけで「誰がどこの家の出なのか」分かったそうです。
08-6.jpg



ナイフや鋏で世界的にも有名なブハラ。
そのブハラから来たというナイフ売りのおじさんがナイフの切れ味を実演してくれます。
08-7.jpg



さすがはシルクロードの商人『売りの圧』の高さは一流です。
確かに良さそうなナイフですが、沢山持っていても仕方ないので「日本は銃刀の所持に厳しく、列車旅などでも使う事が出来ない。だから買わない」断ります。
「トランクに入れておけばOKだ!」元気いっぱいです。
何とか断ると今度は鋏です。
「以前お土産で貰ったブハラ製の鋏が家にある。だから買わない」同様に断ります。
「それだったら別のサイズを買え」各種サイズを取り出しこれまた元気いっぱいです。
08-8.jpg


こうして、たまたま見つけた商隊から、思わず良い買い物が出来ました。
情報ツールとしてのインスタチェックは極めて有用です。


2017年7月17日

カザフスタンといえばムスリム国家。
ムスリム国家といえば禁酒、ラマダン、そして豚肉を食べられない。
そんなイメージで考えがちなこの国ですが、街を見渡すと必ずしもそうではない様です。
冷静に考えれば『100を超える民族を有する』と唄うこの国だけあって、多様なスタイルが存在します。
と、前置きはこの位にして、今日はレストランに行きましょう。
イシム川の北側、ケネサルィ通り(Kenesary Street)沿い、ツム前にその店は有ります。
05-1.jpg



PROVINO Wine & Storeの屋号からしてワインが売りであろうレストラン。
店員さんに促されて着席すると、英語メニューが出されます。英語圏の客も多いのでしょうか。
ここはロシア語メニューも依頼します。
メニューの中心にタパスがあるので、そこからいくつか頼むのが正解でしょうか。
オリーブの盛合せ、エスカルゴ、ムール貝のワイン蒸し、ブルスケッタ。字面だけで食欲が湧きます。
05-2.jpg



熟考の末、決定して料理の注文です。その段になってドリンクメニューがない事に気付き
、店員さんに尋ねると「壁のメニュー」か「向こうへ」との回答です。
なるほどここで初めて合点がいきます。
壁一面のお酒はオブジェではなく売り物で、更に店の奥にはワインセラーもあります。
05-3.jpg



ワインセラーには世界中のワインがあり、またソムリエが好みに応じて的確にアドバイスを与えてくれます。
日本ではあまり手に入らないカザフの『アルバワイン』も勿論揃っています。
05-4.jpg



赤ワインはデキャンテヘ、白はそのままワインクーラーへ。
ワインを置く店では当たり前かも知れませんが、ここカザフにあっては非常に丁寧です。
05-5.jpg



そうこうしていると、料理が運ばれてきます。
イベリコのハモンセラーノ切り落とし。
定番とはいえ、申し分なくワインに合います。
05-6.jpg



エスガルゴのブルゴーニュ風。
カタツムリにバター、大蒜、パセリを合わせたオーブン焼き。
トーストされたパンの一切れずつが、これ又食が進みます。
05-7.jpg



鮭のブルスケッタ。
ロシアから輸入されるのか、多くのレストランでサーモンを食べることが出来ます。
想像以上の美味。
05-8.jpg



この後更に、リゾット、デザートと進むのですが、お酒が回りシャッターが切れなくなったのでこの位で。
みなさんも、アスタナで美味しいワインを飲みたくなったら是非こちらへ。
05-9.jpg


【PROVINO Wine & Store】
住所: Kenesary Street 30, Astana
営業時間: 10:00~24:00


2017年7月11日

若い人からお年寄り迄、人気のあるバレエ。
アスタナには2つ、バレエ劇場があります。
国立の『アスタナオペラ』と私設の『アスタナバレエ』がそれです。
この日、アスタナオペラによる年に一度の屋外公演があるという事で、鑑賞してきました。
新市街の通称『ピラミッド』前の広場で行われるバレエの、チケットを求める人で仮設のチケット売り場に行列が出来ます。
07-1.jpg



広場といってもこの場所は普段、どこからでも入れる大きな公園なので、この日ばかりはバリケードと、兵士が無許可の侵入に目を光らせます。
07-2.jpg



今年の演目は『ドン・キホーテ』
配られたパンフレットとあらすじはカザフ語・英語・ロシア語の三ヶ国後で記載があります。
07-3.jpg



屋外の特設ステージでは、舞台装置としてプロジェクションマッピングも用いられており、ピラミッドもスクリーンとして使用されていました。
07-4.jpg



カザフらしいというべきか、屋外公園ならではといべきか、ちゃんと馬も登場します。
尚、馬を連れている人はバレエダンサーではなく、役者のふりをしたサーカスの馬係の人だそうです。
道理で馬も大人しい。
07-5.jpg



アスタナバレエはオーケストラも有していて、音楽も豪華そのものです。
07-6.jpg



また、アスタナには活躍している日本人バレリーナも居ます。
今回はその中の一人、外崎聖華さんに話を聞く機会に恵まれ、記事を書く事が出来ています。
チケット含め、感謝。
07-7.jpg



日曜の夜の大団円。感激に任せて周りも気にせず立ち上がる人が多く居ます。
さすが自由なカザフっ子。
07-8.jpg



そして、アスタナオペラの公演スケジュールはHPで随時紹介しており、チケットもネット上か『ハンシャティール』や『ケルエン』など、大きなショッピングセンター内のチケット売り場で購入出来ます。
座席によって7,000テンゲ(約2,500円)から500テンゲ(約180円)。
バレエの身近なこの街で、この機会に、芸術に触れるのもいかがでしょうか。


【Astana Opera】
住所:Dinmukhamed Qonayev St 12/1
HP:http://astanaopera.kz

2017年7月 4日
2017年6月26日
2017年6月19日
2017年6月11日
2017年5月30日
⇒すべての記事を見る

カザフスタン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カザフスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ