海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > カザフスタン/アスタナ特派員ブログ

カザフスタン/アスタナ特派員ブログ 秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

夏だ自然だという事で、今回は南の首都アルマティでの話です。

アルマティを旅行しようという事で、改めてアルマティの事をネット検索してみます。
原っぱの真ん中にぽつんと存在するアスタナと違い、温かな気候に山や川、アルマティには自然が一杯です。
その中でも特に我々の興味をひいたのが、チャリンキャニオンという渓谷でした。
アルマティから200km。車をチャーターしなければたどり着けないというところも面白そうです。


幾つかのサイトから、一番良さそうなツアー会社で予約します。
四駆自動車での往復とドライバー、さらに昼食がついて一人当たり15,000テンゲ(約5,000円)。
ガイド(ロシア語/英語)も付ける事が出来ますが、これはいらなさそうです。


時間通り、朝の8時。屈強な運転手が日産のでっかい四駆でお迎えにやってきます。
ここから一路、東を目指します。
高速道路で街を離れ、草を食む馬たちの横を抜け、今まさに建造中の未舗装路を走ります。
運転手の話だと、多くの主要道路はソ連時代に作られたものを使用しているのだとか。
そうこうしているうちに目的地に到着です。
54-01.jpg


駐車場で車を停め、運転手はここで待機します。
渓谷沿いに道を進んで突き当たりに川があり、そこで折り返す小一時間の散歩コースの様です。
54-07.jpg



54-02.jpg


駐車場からだいたい1.5Km、川と隣接する「Eco Park」の看板が見えてきます。
ちょっとしたカフェなどもあります。
歩いたのでビールを注文しましょう。アルマティにしかない瓶ビールが出てきます。
ここユルタもなんかもあり、宿泊も出来るのでしょう。
54-03.jpg
54-04.jpg
54-05.jpg


駐車場に戻る途中、正確には正午に差し掛かるかどうかの時間、多くの観光客が今まさに歩いてきます。
各々、SNS用なのか、そこここの岩の上で写真を撮りまくっています。
我々は偶然朝一番で来ましたが、ここに来るには朝一が良さそうです。


車に戻ると運転手が寝ています。
窓をノックして彼を起こすと、次は絶景スポットに連れて行ってくれます。
「グランドキャニオンとどっちが凄い?」と運転手。「グランドキャニオンに行った事はないから知らない。」
54-06.jpg


帰る途中、現地の人しか絶対行かないであろうカフェに寄っての昼食です。
ラグマンにサラダにパン、それにお茶です。
そのラグマンの美味しかった事。
「自分より早く食べる人間は初めて見た」と運転手。
早食いの称号も勝ち取っておきます。麺は飲み物。
カザフでは一般に「お茶」といえば紅茶を指し、ウズベクでは緑茶を指すのだ、と運転手が教えてくれます。
日本ではお茶といえば緑茶。主要な産地は静岡。そして一番大事な事は、飲む時は砂糖を入れない。これらの事を教えてあげます。


仲良くなった運転手ともお別れです。
16時30分、アルマティの指定の場所に到着します。
降り際に現金で支払いを済ませます。
こうして、楽しいチャリンキャニオンの旅が終わるのでした。


非常に良いツアー会社だったのでURLも貼っておきます。
TOUR4X4.KZ
http://tour4x4.kz/


【Charyn Canyon National Park】
https://goo.gl/maps/2DtkseUXSks


2018年6月22日

先日、海外旅行に行く時の事。
時計が止まっていたので、ショッピングモールに寄って電池交換をし、その足で空港に行く事にしました。
空港に行く道すがら、市内で一番大きいショッピングモールにやってきました。
インフォメーションで聞くと、どうやらここには時計修理はないとの回答。
時計屋で聞くも「うちでは販売のみだ」と断られ、結局止まった時計と共に飛行機に乗る事になりました。
普通に考えて、時計の電池交換などどこでも出来そうなものですが、アスタナには(そもそも電池の販売はない上に)そういったお店は、そう多くないのが実情の様です。


日を改めて探してみると、目当ての時計修理はショッピングモール『Keruen』にある事が判りました。
1階のスタバを折れて、トイレに行く細い道の途中、隠しドアかという感じでお店が出現します。
53-01.jpg


電池交換は3,000テンゲ(約1,000円)です。当たり前なのかも知れませんが、ボタン電池各種も置いてあります。
53-02.jpg


マステルが電池交換をしてくれます。
53-03.jpg


電池交換を待っている間、張り紙に目がいきます。
「時計買い取り。最高級品から安いものまで、あらゆるブランド査定します。故障したものも部品取り致します。ソ連時代のアンティーク品募集。」
53-04.jpg


棚の商品をよく見ると、それぞれソ連時代に製造された時計たちです。
国内向けのものは「Сделоно в СССР」(ソ連製)、海外向けのものは「Made in USSR」と刻印があります。
有名な『Ракета』や『Луч』の時計も販売されています。貴重な上に廉価。物欲の沸く音が聞こえてきます。
53-05.jpg
53-06.jpg
53-07.jpg


時計修理も勿論の事、ソ連時代の時計も販売されているので、好きな方にはオススメです。


【Ремонтуар】(レモントゥアール)
住所:Dostyq Street 9, ショッピングモール『Keruen』1階
営業時間:10:00 − 22:00
https://goo.gl/maps/LFc32F631322


2018年6月15日

アスタナにある幾つものモスク。
このブログでしばしば紹介していますが、今は丁度ラマダン時期という事もあり、またぞやモスクに行ってみる事にます。
街の中心、バイテレクの近く、ヌル・アスタナ・モスクです。
52-01.jpg


ラマダン時期に当たる現在、モスクにも横断幕が掲げられています。
「ラマダン」というと馴染みのない人にとっては、単に断食するだけのイメージですが、ムスリムの人々にとってそれは、身を清めアッラーに近づく為の試練といった意味合いを帯びます。
そういう時期という事もあり、バスの中に喜捨(ザカットといって、富めるものは貧しいものに分け与える行い)、つまり小銭を求める物乞い風の人や、子どもたちが乗り込んできたりします。これはアスタナでは珍しい光景です。
52-02.jpg


このヌル・アスタナ・モスクは、ハズレット・スルタン・モスク(ハイビル近く)の出現までカザフスタン国内のみならず、中央アジア最大のモスクでした。
その為か、多くのファンが居る様に見受けます。
当然と言えば当然ですが、内装はモスクごとに違いそれぞれ非常に美しく(御朱印帳などはありませんが)各所観て回るのも楽しいです。
52-03.jpg
52-04.jpg


最近気付いたのですが、モスク内で何時間でもいる事が出来ます。そして実際、私を含め何時間もいる人がいます。
モスクはどこも土足禁止なので、素足で絨毯に上がります。
正座なりあぐらなりで、生きるという事に想いを馳せるのも非常に良い時間です。
52-05.jpg


これも信仰のひとつのカタチなのか、寝ているおじさん。
52-06.jpg


モスク特有のここにしかない雰囲気を感じるのも、旅のプランとしておすすめです。


【Нұр Астана Мешіті】(ヌル・アスタナ・モスク)
住所:Qabanbay Batyr Ave 36
https://goo.gl/maps/YHmF8zDj2BS2


2018年6月 8日
2018年6月 1日
2018年5月16日
2018年5月 9日
2018年5月 8日
⇒すべての記事を見る

カザフスタン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カザフスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アスタナ特派員

    アスタナ特派員
    秋桜 百合枝
    アスタナに住んで半年。写真や映像制作のかたわら、街の中を行ったり来たり。 行く先々の情報を、特派員ブログで紹介します。 1997年に遷都した、まだまだ新しいこの街の魅力を、一緒に探しに行きましょう。 DISQUS ID @disqus_gJj7dbPUsA

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集