海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > アスタナ特派員ブログ > 未来都市アスタナをつくったのは六本木の美術館を設計...

カザフスタン/アスタナ特派員ブログ 旧特派員 新宮 亜佑

カザフスタン・アスタナ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月16日

未来都市アスタナをつくったのは六本木の美術館を設計したあの日本人?


メール プリント もっと見る

未来都市アスタナをつくったのは六本木の美術館を設計したあの日本人?

今日からアスタナ特派員になりました新宮亜佑です。アスタナには今年の春から住み始
めたばかりなので、皆さんと同じ新鮮な気持ちで色々とご紹介していけたらと思います。
 
さて、日本との時差はたった3時間。けれどとっても遠い国に思えてしまうカザフスタ
ン。そんなカザフスタンの首都アスタナと日本は、実は意外なとこで繋がっていました。

20130713A.jpg

 
アスタナは今年ようやく16歳、1997年に南のアルマティから遷都した新しい首都です。
 
最初は民家がぽつんぽつんと何軒か建つだけの何もなかった草原だったそうですが、大
統領の強力なリーダーシップと豊富な天然資源により、ステップの地に急に現れました。
 

20130713B.jpg

 
アスタナの中心部には斬新な建物がいーっぱい。まるでスターウォーズなどSF映画の
世界に迷い込んだようで、目覚ましく発展した新市街の街並みは旅の見所のひとつです。
 
例えば空に向かって末広がりになったり、ウェーブしたりしてる3棟の高層マンション、
そして宇宙船の形した政府庁舎など、建物好きにはたまらない景観がたくさんあります。
 
ライトアップされた夜景は息を飲む美しさで、車から望む光の流れは一見の価値あり!
 

20130713C.jpg

 
そんな未来都市アスタナ。実は都市計画を担当したのは日本人なのです。2007年都知事
選や国立新美術館で有名な建築家の黒川紀章さん。同じ日本人として誇りに思いますね。
 
2030年に全体像が完成するというこの未来都市は、まだまだ急ピッチで開発中。次回ア
スタナを訪れる時はどのような景色と出会えるのか、楽しみのひとつになりそうです☆

20131123A.jpg
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2013年7月16日
»次の記事「王様のテントと名がつく場所はなんでもそろうショッピングモール」 へ
おすすめ記事
    アスタナ特派員 新着記事
    こんなにあるかという位 そこかしこにATM
    カザフ一周大旅行 ここで出来ますアタメケン
    アスタナ発じゃないけれど いつも飲みたいコスタの珈琲
    ジャパンデーということで 行ってきましたEXPO2017
    たまたま見つけた会場で 開催していたウズベクフェア
    ワインセラーで品定め オシャな料理で乾杯を
    年に一度のお楽しみ アスタナオペラの屋外バレエ
    ​街のみんなに大人気 期間限定アイス屋さん

    アジア 航空券情報


    カザフスタン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カザフスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アスタナ特派員

      アスタナ特派員
      新宮 亜佑
      旦那の異動にともないカザフスタンの首都アスタナでの生活がスタート。故黒川紀章のマスタープランの下、豊富な天然資源により目覚ましいスピードで近代化が進む都市で生活できる3年間、多くの日本人にとってまだまだ未知なる部分が多いと思われるシルクロードカントリーの魅力をお届けできたらと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集