海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > アスタナ特派員ブログ > 未来都市アスタナの斬新な建物たちを一挙公開☆

カザフスタン/アスタナ特派員ブログ 旧特派員 新宮 亜佑

カザフスタン・アスタナ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年8月21日

未来都市アスタナの斬新な建物たちを一挙公開☆


メール プリント もっと見る

未来都市アスタナの斬新な建物たちを一挙公開☆

未来都市と言われる新首都アスタナには次々と斬新な建物が現れます。アスタナ特派員
が今最も注目しているのはこちらアブダビタワー。最新情報では高さ320m、地上75階。
 
中央アジア最大となるこのタワーは2016年末に完成予定なので、今はまだこんな感じ。

20140818A.jpg

 
新市街の夜景に関しては、日本では見ることのできない光のキャンパスを描き出す建物
達。アスタナ市民の皆さんはこれら建物に面白いニックネームをつけて楽しんでいます。
 

20140818B.jpg

 
まずは手始めにこちら『冷蔵庫ビル』。イシム川沿いにある3棟の高層マンションです
が、確かにキレイな直方体というだけでなく、ツルンとした質感が冷蔵庫に似てますね。
 

20140818C.jpg

 
お次は『ライター』の異名を持つトランスタワ−。実は過去に二度も火事が起きていて、
まるでライターのように先に火が灯ったのだとか。今はエネルギー省が入居しています。
 

20140818D.jpg

 
こちらはドバイのアトランティスホテルとそっくり。その名も『ネオ・アトランティス』
くどいようですが、NHKのアニメ「ふしぎの海のナディア」の悪の組織と同じ名です笑
 

20140818E.jpg

 
中央のアーチからはお馴染み『王様のテント』(ハーン・シャティール)が見られます。
 

20140818F.jpg

 
今度紹介しますがハーン・シャティールの最上階はビーチになってます。零下の真冬で
もこちらは常夏。そんなビーチのあだ名は『クジラのおなか』。もう気分はピノキオです。
 

20140818G.jpg

 
で、これは『シロナガスクジラ』と言われるビジネスホテル。
 

20140818Ga.jpg

 
ビーチからも一目で分かるアスタナのランドマーク。こちらは超巨大な『シンデレラ城』
 

20140818H.jpg

 
メルヘンなおとぎばなしの次はSF映画。動物たちの曲芸をみられる『UFO』が飛来。
 

20140818I.jpg

 
これらは『本ビル』。確かに右側は雑誌がぺらっと捲れてるような雰囲気がありますね。
 

20140818N.jpg

 
新市街外れにある『コンタクトレンズ』は、大統領記念図書館。夜は七色に光るのです。
 

20140818Q.jpg

 
『きゃべつ』と言われるカザフスタン・コンサート・ホール。国際会議等も開かれます。
 

20140818R.jpg

 
『7本の樽ビル』。こちらには富士ゼロックスが入居してますよ。
 

20140818V(1).jpg

 
『4人の中国人ビル』はイシム川のすぐ畔。屋上の形が中国人の帽子に似てるのが由来。
 

20140818V(2).jpg

 
さあ少しずつ日も傾いてきました。アスタナはやはり夜景もウリの一つです。ハーン・シ
ャティールのふわりとした明かりとゆるやかなラインが空との境界線を幻想的なものに。
 

20140818V(23).jpg

 
『ピラミッド』手前にはライトアップされた噴水。穏やかな夕日に霞む黄金比との共演。
 

20140818W (2).jpg

 
3本のロケット通称『バイコヌール』。非常事態時には轟音と共に宇宙へ飛び立ちます。
 

20140818W (3).jpg

 
宇宙と言えばこちら『宇宙人ダーレク』または『金のバケツビル』。石油大国カザフの
象徴であり、国家福祉基金「サムルーク・カズィナ」が入居する「カズィナビル」です。
 

20140818W (4).jpg

 
その向こうにそびえるは大統領宮殿。『ホワイトハウス』にイスラム色が入ってますね。
 

20140818W (5).jpg

 
忘れてはならないバイテレクも、アスタナ市民に言わせれば『チュッパチャップス』に。
 

20140818W (6).jpg

 
さあさ宴たけなわな新市街!くねっとしたビルは『よっぱらい』笑。一人で歩けますか?
 

20140818W (41).jpg

 
二次会へ向かう『よっぱらい』は2人、そして3人に。こうして夜は更けてゆきました。
 

20140818W (51).jpg

 
いかがでしたか?ご紹介出来なかった建物はまだまだ沢山ありますが、本日はここまで。
 
クレーン稼働数がドバイに次ぎ世界第2位というアスタナは、ますます未来都市へと向か
ってます。もし面白いニックネームが浮かんだらアスタナ特派員までお知らせ下さいね☆

20140818W (52).jpg
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2014年8月21日
« 前の記事「超豪華!大統領からの誕生日プレゼント 世界最大級の国立博物館がアスタナにオープン☆(後編)」へ
»次の記事「激戦区のサッカー欧州リーグで果敢に戦うカザフスタン アスタナ・アリーナでビジャレアル戦☆」 へ
おすすめ記事
    アスタナ特派員 新着記事
    こんなにあるかという位 そこかしこにATM
    カザフ一周大旅行 ここで出来ますアタメケン
    アスタナ発じゃないけれど いつも飲みたいコスタの珈琲
    ジャパンデーということで 行ってきましたEXPO2017
    たまたま見つけた会場で 開催していたウズベクフェア
    ワインセラーで品定め オシャな料理で乾杯を
    年に一度のお楽しみ アスタナオペラの屋外バレエ
    ​街のみんなに大人気 期間限定アイス屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    海のないカザフスタンで楽しめる 水上の旅はいかがですか?
    新首都のランドマーク「バイテレク」は 幸福を運ぶフェニックスの心臓!?
    カザフ人との距離をグッと縮める 4つの言葉
    アスタナの朝カフェは七人の侍とともにカプチーノタルト

    アジア 航空券情報


    カザフスタン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カザフスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アスタナ特派員

      アスタナ特派員
      新宮 亜佑
      旦那の異動にともないカザフスタンの首都アスタナでの生活がスタート。故黒川紀章のマスタープランの下、豊富な天然資源により目覚ましいスピードで近代化が進む都市で生活できる3年間、多くの日本人にとってまだまだ未知なる部分が多いと思われるシルクロードカントリーの魅力をお届けできたらと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集