海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > アスタナ特派員ブログ > チェ・ゲバラへのリスペクトを惜しまない「チェチル・...

カザフスタン/アスタナ特派員ブログ 旧特派員 新宮 亜佑

カザフスタン・アスタナ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年2月 6日

チェ・ゲバラへのリスペクトを惜しまない「チェチル・パブ」で革命的な一杯を☆


メール プリント もっと見る

チェ・ゲバラへのリスペクトを惜しまない「チェチル・パブ」で革命的な一杯を☆

独立前はソビエト連邦のひとつを構成していたカザフスタン。社会主義共和国時代から
長きにわたり友好国であるキューバの英雄「チェ・ゲバラ」は依然高い人気を誇ります。
 
中でもセンス光るのが「チェチル・パブ」。どんな革命的な夜に出会えるのでしょうか。

20160205A.JPG

 
場所は日本大使館から徒歩で5、6分くらい。目の前の幹線道路カバンバイ・バティー
ル通りをイシム川の方に向かって進んだところにあります。旧市街と新市街の狭間です。
 

20160205B.JPG

 
こちらが「チェチル・パブ」の外観。キューバでの観光には欠かせない、オートバイ型
「ココタクシー」と同じ黄色いネオンが煌々と輝いているのですぐに分かると思います。
 

20160205D.JPG

 
金・土は予約してないと入れない場合がおおいので要注意。冬は1階のガルデローブで
コートを預け、予約をしていたらスタッフに名前を、してなければ人数を伝えましょう。
 
受付にいるお姉さんは英語が通じるのでロシア語を話せない観光客にとっても安心です。
 

20160205Da.JPG

 
目指すは3Fフロア。2Fはクールダウンのための落ち着いたカフェがありますが、途
中の喫煙ルームではいよいよゲバラ風デザインを目にしテンションも上がっていきます。
 

20160206E.JPG

 
ビバ・レボルーションを「ビア」・レボルーションとするところに遊び心を感じますね。
 

20160206F.jpg

 
フロアは広いけれど、金・土の夜9時をまわると人を掻き分けなければならない場合も。
 

20160206G.JPG

 
カウンターは入って右奧のこちら。ゲバラが反乱軍の指揮官であったときの階級章「一
つ星」は彼の後年のシンボルマーク。これをカザフ・カラーの淡いブルーが照らします。
 

20160206H.jpg

 
メニューはもはやこの国では定番となっているピザもある他、トルコ語で「串に刺して
焼いた肉」という、野戦料理を彷彿とさせるシャシリクをはじめとするお肉料理も多数。
 
当然、「誰がために鐘は鳴る」の文豪ヘミングウェイが愛したモヒートも欠かせません。
 

20160206I.JPG

 
キューバ独立へのアメリカの貢献を称えるラムとコーラを混ぜたキューバリブレもあり
ますが、月曜は強いアルコール、水曜はカクテル、土曜はワインがお得のサービスデー。
 
火曜だとビールを1杯頼むともう1杯もらえます。また通常も多く頼むとお得なのです。
 

20160206J.JPG

 
さてここで是非試してほしいのがアブサン。スペイン等で採られる薬草系リキュールの
一つで、アルコール度数はナント70~80℃。「緑の妖精」の異名まで付いています。
 

20160206K.JPG

 
錬金術最大の遺産とされるアブサンは19世紀フランスによるアルジェリア侵略以降パ
リ等を中心に欧州に広まりましたが、一時マリファナに似た中毒作用が懸念され禁酒に。
 
注文するとスタッフが火を付けてくれます。この様な妖しくも美しい炎が見られますよ。
 

20160206L.JPG

 
極めて存在感が高く香りも強いアブサンの語源、実は「absence」(不在)を意味しま
す。ロシア系のきれいなお姉さんに作ってもらえたらさらにその神秘性も高まりますね。
 

20160206M.JPG

 
カザフスタンはムスリムの多い国ですが一人当たりアルコール消費量は190か国中30位
(WHO,2010年)。無理強いはいけませんが、お酒は地元の方との会話も弾ませます。
 

20160206Ma.JPG

 
お手洗いに行くと突如巨大な顔。アブサンによる幻想によって誘発された世界かも!?
 

20160206N.JPG

 
席にもどると沢山の人、人、人。奧の方では生バンドが演奏をはじめ皆踊りだしました。
 

20160206O.JPG

 
東京からの友だちもカザフの女性に連れられて、ホール中央で絶妙なダンスを披露(笑
 

20160206P.JPG

 
零時を過ぎると抑圧する傀儡政権から革命を勝ち取ったかの様な盛り上がりに(カザフ
のことではありません!)。革命歌が聞こえてきそうな夜が延々つづくのでありました。
 

20160206Q.JPG

 
そんな盛り上がるホールとは反対側。いつも斜めに被るベレー帽に光る、栄誉ある少佐
の一等星。ゲバラの生き方はいまでも世界中で愛され、ここカザフでも息づいています。
 
そんなゲバラに想い馳せながら、長年の友好国の一画で彼の生き方に乾杯しませんか?

20160206R.JPG

 
【CHE CHIL PUB】
Address:Qabanbay Batyr Ave 2/1
Phone:+7(7172)24-40-70, +7(747)740-10-10
Hours:
PM2:00-AM2:00 (mon-Thu)
PM2:00-AM3:00 (Fri~Sat)
PM2:00-AM1:00 (Sun)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒
2016年2月 6日
« 前の記事「カザフスタンで唯一!日本人オーナーのカフェ「モモ」がアスタナで話題に☆」へ
»次の記事「マクドナルドがカザフスタンに初上陸!カザフ限定メニューはベシュパルマック!?」 へ
おすすめ記事
    アスタナ特派員 新着記事
    一回計って一回幾ら 秤で始めるサービス業
    ​ちょっとした遊園地 ガソリンカートに観覧車
    インスタ上でも大注目 フォトジェニックなお洒落カフェ
    街の綺麗を守ります どこにでもあるゴミ箱と
    ツェントルの名に相応しい 何でも揃うリーナックシャンハイ
    なんだかんだで一番使う 近所のおすすめシュワデッチ
    こんなにあるかという位 そこかしこにATM
    カザフ一周大旅行 ここで出来ますアタメケン
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お洒落カフェ「MOJO」 アスタナの夜は世界のウイスキーと☆
    世界で二番目に寒い首都アスタナ 氷上の遊び場イシム川へ出掛けよう☆
    アスタナ・マリオットホテル 最上階のBARからきらめく夜景をどうぞ☆

    アジア 航空券情報


    カザフスタン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カザフスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アスタナ特派員

      アスタナ特派員
      新宮 亜佑
      旦那の異動にともないカザフスタンの首都アスタナでの生活がスタート。故黒川紀章のマスタープランの下、豊富な天然資源により目覚ましいスピードで近代化が進む都市で生活できる3年間、多くの日本人にとってまだまだ未知なる部分が多いと思われるシルクロードカントリーの魅力をお届けできたらと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集