海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > アスタナ特派員ブログ > ​街のみんなに大人気 期間限定アイス屋さん

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

カザフスタン/アスタナ特派員ブログ 秋桜 百合枝

カザフスタン・アスタナ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月26日

​街のみんなに大人気 期間限定アイス屋さん


メール プリント もっと見る

​街のみんなに大人気 期間限定アイス屋さん

長く厳しい冬をやり過ごし、気付くと街は夏の装い。
夏至ともなれば、21時を回ってもまだまだ明るく、人々はこのひとときを楽しもうと、夜遅くまで出歩きます。明るさのお陰で夜遅いって感じはないけれど。
人通りの多い場所にはどこからともなくワゴンがやってきて、自然に出来る人だかり。
06-1.jpg



カラフルな日傘の下に、アイスクリームが販売されます。
老若男女、その場で買ってその場で食べます。アイスを頬張る姿は、殆ど夏休みの子供たち。
06-2.jpg



冷凍ケースに描かれた山のマークの工場はアスタナの北約300km、コクシェタウという街にあり、この街はアイスクリームで有名なのだそうです。
今回は地球の歩き方用の記事の為に、写真撮影をお願いしたところ、快諾してくれました。
この街の、特にお店の人は基本的に写真を撮られる事を警戒し拒否しますが、撮影の用途、それに一発の褒め(例えば、貴女と貴女の店はカラフルで美しい、など)を入れると案外大丈夫な事も分かりました。店員さんちょっと照れ。
06-3.jpg



メニュー表にあるそれぞれのアイスクリーム。どんなアイスクリームを食べたいのか見極めて注文しましょう。
Мороженое Стаканчик(マロージェノエ スタカーンチク=ソフトクリームのシュガーコーン)150テンゲ(約50円)
Мороженое Рожок(マロージェノエ ラジョーク=アイスクリームのワッフルコーン)200テンゲ(約70円)
ソフトクリームは更にミルク、チョコレート、ミックスの3種類があります。
アイスクリーム、表記としてはПломбир(プロムビルと呼ばれてソフトクリームとは区別される)はミルク、チョコレート、イチゴ、ピスタチオ、バニラ、すぐり、と多くの中から選べます。
06-4.jpg



無邪気で人懐っこいカザフっ子。
アイスの立ち食いもそこそこに、憚る事なく話しかけてきます。「俺らの写真も撮ってくれ」
次は決まって質問が来ます。「お前はどこから来た? そして何でこのアイス屋を撮るんだ?」
更に私が日本人と知るや否や、一緒に話をしている人はおろか、店員さんにまで写真撮影を申し込まれます。
彼らもそれぞれスマホを持っていて、現代っ子よろしくインカメラの2ショットです。『#日本人と写真撮った』などとインスタにアップか?
とはいえ、こちらも写真撮影をお願いしている以上、断るのはフェアではありません。
最後はそれぞれの文化の紹介と、握手と別れの挨拶を交わし、アイス屋さんをめぐるフォトセッションを終えるのでした。

06-5.jpg


この時期、みなさんもアイス屋さんで、ややもすれば不用意に、レンズを向けるのも旅の楽しみかも知れません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2017年6月26日
« 前の記事「気分は殆ど大冒険 覗いてみましたバザールを」へ
»次の記事「年に一度のお楽しみ アスタナオペラの屋外バレエ」 へ
おすすめ記事
    アスタナ特派員 新着記事
    たまたま見つけた会場で 開催していたウズベクフェア
    ワインセラーで品定め オシャな料理で乾杯を
    年に一度のお楽しみ アスタナオペラの屋外バレエ
    ​街のみんなに大人気 期間限定アイス屋さん
    気分は殆ど大冒険 覗いてみましたバザールを
    カザフの首都にもあるドネル みんな大好きファストフード
    市バスに揺られてぐーるぐる アスタナ自慢の交通手段
    ついにアスタナにスターバックス上陸!限定タンブラーを手に入れよう☆

    アジア 航空券情報


    カザフスタン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■カザフスタンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ