海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > 遺跡の劇場でオペラ鑑賞

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年6月13日

遺跡の劇場でオペラ鑑賞


メール プリント もっと見る

遺跡の劇場でオペラ鑑賞

 アクロポリスの丘にあるイロド・アティコス音楽堂(通称イロディオン)は、見事な遺跡でありながら、いまもコンサートが開催される素晴らしい野外劇場です。
 161年建立、当時の大富豪イロド・アティコスがアテネにまるごと寄贈したというからあっぱれ!さすがお金持ちにはこうあってほしいですね〜。約5000人以上収容の巨大な施設で、何度か修復はしているとはいえ、立派に機能し、いまを生きる私達が観劇を楽しめるというのは素晴らしいことだと思います。
 本当に美しい遺跡で、それ自体がまるで舞台装置かのような錯覚を覚えます。同じ観劇でも普通の屋内劇場で見るより、舞台の芸術度が高まる気がします。

Herodes.jpg

 

 先週、ギリシア国立劇場(歌劇団)のオペラ「トゥーランドット」を鑑賞。トリノ五輪金メダルのフィギュアスケート選手、荒川静香さんの演技の楽曲として使われ、日本でもすっかりメジャーになったプッチーニ作曲のオペラです。
 オペラの華やかな舞台や演出は遺跡に映え、幻想的な雰囲気さえ生まれます。音響なども現代の建築並みに優れているので、歌手の歌声が朗々と響き渡ります。またギリシアの夏は曇り空がめったにないので、月の美しさをも鑑賞できるのがロマンティックです。

ttoa 339.jpg

 世界的なアーティストにとっても特別な劇場で、「以前からここで自分の声の響きを聴いてみたかった!」という願望を持つ人も多いとか。下の写真は2年前のフェスティバルで、カナダ出身のジャズピアニスト&シンガー、ダイアナ・クラ−ルが公演した時のもの。遺跡での演奏はめったにない素晴らしい機会だと興奮気味に語っていました。

 96年には坂本龍一のコンサートも催されました。「イロディオンでの彼の演奏は素晴らしかった。観客の感動がサカモトに伝わり、彼も心から演奏を楽しんでいた」、「メリークリスマス ミスター・ローレンスの演奏が未だに心に残っている」などと複数のギリシア人から言われたことがあります。もう12年も前のことなのに、さすが「世界のサカモト」!私もイロディオンで「メリークリスマス ミスター・ローレンス」を聴いてみたかったなあ…。
  
 今回のオペラはムリでしたが、ダイアナの際は周囲がかなり明るかったので、演奏中にフラッシュなしで撮影ができました。上演中、フラッシュなしなら写真はたいていOKですが、フラッシュをたいて写真を撮る人もけっこういます。しかし特にクラシック系やオペラの場合は、コアなファンが多いのでフラッシュに対してかなりきつく注意したりします。ギリシア人は声も身振りも大きいので、観光客の方にしてみると、びっくりするでしょう。やはりマナーの点からも原則的に避けたほうがいいです。 


DSCF1065[1].bmp

 

 ギリシアの夏は芸術の季節。特に6,7,8月は音楽、演劇、現代舞踊、絵画展覧会など様々な催しが目白押しの「グリーク・フェスティバル」(アテネ・エピダヴロスフェスティバル)が開催。開催場所は主に、イロディオン、メガロ・ムシキス(アテネコンサートホール)、エピダヴロス古代劇場、リカヴィトス劇場など。
 
 下記のHP(英語あり)に演目の紹介やクレジットカードによるオンラインブッキングがあり、席番号まで指定できます。但しチケットを郵送希望(ギリシア国内)の場合は別途4ユーロ(約640円)かかり、電話のみの受付です。
 ネット予約は予約確認メールを印刷して持参し、当日、劇場の窓口でチケットに引換えます。直前に行くと混みますので、余裕を持って開演の30〜40分前に会場に着き、チケット引換えを済ませたほうがベター。あとは空いているうちにトイレにいっておいたり、開演を待ちながらカフェでゆっくりお茶でもという方がスマートです。イロディオンなら明るいうちに遺跡をじっくり眺めるもよし。開演は21時頃で、夏はその直前まで明るいです。
 


ttoa 345.jpg

 またギリシア人にとって遅刻は日常茶飯事なので、遅れてくる人が多いです。なのでめったに定刻には始まりません(^^;大抵15分〜30分開演遅延⇒従って終演も遅れるのは覚悟しておきましょう。

 ギリシア人に言わせるとイロディオンはまだ「新しい方」だそうで…。エピダヴロスの古代劇場は紀元前4世紀頃の建築でいまも現役!約1万4千人を収容でき、現存の古代遺跡劇場としては最高の状態のものと言われています。アテネから約150kmなので、そこで観劇をしたことはまだないのですが、圧倒的な迫力があるらしいので、ぜひそのうち足を運んでみようと思っています。
 

★グリーク・フェスティバル(アテネ・エピダヴロスフェスティバル)   
http://www.greekfestival.gr

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2008年6月13日
« 前の記事「アテネのミシュラン☆レストラン」へ
»次の記事「ギリシアのお土産 PART1」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/16更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集