海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > ビーチ情報 PART2 アポロコースト〜スニオン岬

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年7月 8日

ビーチ情報 PART2 アポロコースト〜スニオン岬


メール プリント もっと見る

ビーチ情報 PART2 アポロコースト〜スニオン岬

 ビーチ情報、今回は南西側。アポロコーストからスニオン岬まで、とっておきのフィッシュタヴェルナの様子なども交えてご紹介。アポロコースト沿いは行き方もガイドブックにも載っていますし、情報も集め易い観光地。都心から離れれば離れるほど、写真のような美しいエイジアンブルーのビーチが現れます。
 主なビーチを挙げていくと、アリモス、グリファダ、ヴーラ、ヴーリャグメニ、ヴァルキザ、ラゴニシ、サロニダ、アナビソス、レグレナ、そしてポセイドン神殿のあるスニオン岬へ。


DSCF1115[1].bmp


 
 アリモスは水はすごくきれいというわけにはいきませんが、都心からすぐのビーチとして人気。グリファダはかつてアメリカ軍基地があったところ。ショッピングモールやカフェ、レストランも充実しており、スタイリッシュな雰囲気なので、住んでみたいなあと思う街です。またアテネ周辺で唯一のゴルフコースがある場所なので、ゴルフがしたい方はグリファダへ。
 グリファダやヴーラまでは都心からトラムに乗って気軽に出かけられます。トラムはしばらく街中を通り、途中から海沿いを走ります。可愛いデザインの乗り物だし景色も楽しめるので、観光にはうってつけですが、かなりノロノロ運転。目的地がはっきりしている場合はバスの方がいいでしょう。ヴーリャグメニにも直通バスが出ていますし、その先のヴァルキザなどもグリファダやヴーラでバスを乗り換えて行くことができます。ただし総じて北東側のビーチに比べ、混んでいて少々お値段高めです。
 


ttoa 052.jpg
Gri2.jpg

 

 ヴーラやヴーリャグメニは元々、富裕層の別荘だった地域ですが、今は1年中、居を構えて住む人々がほとんど。高級ホテルも多く、ビーチも高級感が漂います。施設も充実していて素晴らしいですが、去年、入場6ユーロ(約1000円)、デッキチェア6ユーロ、飲み物なども高めでした。ことしはもっと値上がりしているかもしれません。写真はヴーリャグメニの高級リゾートホテル「アスティア・パレス」。夏季にギリシアに来る国賓も泊まったりします。ヴーリャグメニは温泉もあり、ヨーロッパ中でも最も人気のある保養地のひとつで、リッチな外国人の別荘も多く、地価もかなり高騰しています。
 
 先週末に封切られた、ギリシアの島が舞台の映画「マンマ・ミーア!」主演のメリル・ストリープやピアース・ブロスナンなどが先月末の記者会見でアテネに集合した後、滞在した場所がラゴニシ。ここもセレブな雰囲気が漂いまくっているビーチです。先週、ラゴニシのあるビーチに行った友達は入場だけで30ユーロ!(約5000円)だったと言っていました〜。
 アポロコースト沿いには美味しいフィッシュタヴェルナも多く、店内には大抵、おこぼれをもらう猫がいます。日本じゃ「食事をする場所に動物が!」となるでしょうが、ギリシアでは誰も気にしません。猫好きの私としては嬉しい限り、美味しい魚を食べるのと同じくらい猫に会うのが楽しみです。


ttoa 030.jpg
ttoa 045.jpg


 アテネからクルマで約1時間半。ついにスニオンのポセイドン神殿に辿り着きます。岬の先端という立地条件もこの神殿の美しさを際立たせています。特に夏季は青い空に白い大理石の柱が映えて見ごたえがあります。シンタグマ広場の近くからバスでも2時間くらいで行けます。
 スニオン岬近くのホテルのビーチは、なんとこのポセイドン神殿を眺めながら泳げます!写真をクリックすると拡大しますので、パラソルの右下くらいにポセイドン神殿が見えるのがわかると思います。遺跡を眺めながら泳ぐ!これはやはりギリシアならではでしょう。ここまで来れば水の透明度も高く、エイジアンブルーの海を満喫!お気に入りのビーチですが、この最高の条件のビーチなので、2年前に行った際、入場20ユーロ(約3000円)!今頃は倍になっているかも知れません〜。

DSCF1120[2].bmp

 遺跡、ビーチの後はやはりフィッシュタヴェルナ!スニオンはコテコテの観光地なのでやはり景色のいいタヴェルナは観光客目当て。高い割りにあんまり美味しくなかったり。で、私がいつも行くのは、レストランプロデュースをしているギリシア人の友人が10年前に見つけて以来、足繁く通う店。
 
 英国系ギリシア人ニコスさんがオーナーシェフのフィッシュタヴェルナ。海岸近くのみでとれるホルタ(菜っ葉類)のサラダやファバ(豆のペースト)、イカ、タコ、ウニやムール貝も絶品。魚は本当に新鮮で何もつけないで食べるのがおすすめ。まさに海の滋味を味わえます。魚のレバーなども出してくれて、日本のカワハギの肝の美味しさを思い出します。
 かなり辺鄙な場所ですが、いつも予約でいっぱい。とびきり新鮮な魚貝類とキリッと冷やした白ワインはもう感涙モノ。4人で行ってかなり飲んで食べてひとり25ユーロ(約4000円)というお値打ちさ。ここを紹介し始めるとビーチ情報がすっかりフィッシュタヴェルナ情報になってしまうので、そのうち詳しくレポートします。
 
 5月から9、10月まではビーチが楽しめるギリシアの長い夏、しっかり満喫してくださいね! 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2008年7月 8日
« 前の記事「アテネ周辺ビーチ情報 PART1」へ
»次の記事「ギリシアのお土産 PART2 コレス」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集