海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > ギリシアのお土産 PART2 コレス

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年7月12日

ギリシアのお土産 PART2 コレス


メール プリント もっと見る

ギリシアのお土産 PART2 コレス

 今日はアテネのショッピングセール情報とギリシア生まれのナチュラルコスメ「コレス」の紹介です。さんさんと降り注ぐギリシアの太陽の下に育まれたフルーツや天然ハーブをふんだんに使って作られた自然派化粧品のコレス。日本ではまだ知名度が低いですが、ギリシアでは誰もが知っている国民的ブランド。
 私はけっこう敏感肌なので、日本でも自然派化粧品を使っていましたが、パッケージがお洒落でなかったり、完全に無香料だったりしてちょっと味気なく思うことも。その点、コレスは無鉱物油、プロピレングリコールフリー、シリコンフリーと徹底したナチュラル化粧品ですが、垢抜けたパッケージデザインや心地よい天然の香りにこだわって作られているので、すっかりお気に入りに。
 ローション、クリーム、シャンプー、シャワージェルと多岐に渡る商品がありますが、特にシャワージェルはお値段もお手ごろで人気があります。肌荒れをおこしやすい私の肌ですが、もう数年使っていても調子がよく、毎日のバスタイムが楽しみになる香りに癒されています。 

ttoa 003.jpg

 
 創業者のヨルゴス(英語名ジョージ)・コレスさんは元々、ギリシア最古のホメオパシー薬局に勤務の薬剤師でした。様々なハーブや植物の扱いを知り尽くした彼の調合する療剤が高い評判を呼び、1996年「コレス ナチュラル プロダクト」を設立。いまでは国内で約5500店舗が取り扱うブランドに成長。ヨーロッパの他の国々でも人気が高まりつつあり、海外セレブにも愛用者が多いとか。
 ワイルドローズのクリーム(写真中央 13.80ユーロ 約2300円)はその名のとおり、24時間モイスチャライジングクリーム。乾燥肌をしっとりと保湿し、コレスのラインナップの中、最初に売り出された商品で世界的なベストセラー。
 秋冬シーズンに活躍するのがボディバター(写真右 9.20ユーロ 約1500円)。シアバター配合、ひじやかかとの乾燥に効果てきめんで心地よい香りが揃っています。お手入れの時間が待ち遠しくなりますよ♪
 シャワージェル(写真左から2〜4番目 250ml 6.15ユーロ 約1050円)は、様々な香りがあるのですが、どれも瑞々しい香りで、私はいつも3,4種類、購入して使いまわしています。まめにチェックすると季節限定商品もよくあります。※価格は全てギリシア国内の薬局での値段
 
 ここで周りの日本人5人とギリシア人5人の計10人によるシャワージェルのランキングを発表!

     
 ★1位   ヴァニラ シナモン  
 うっとりするようなヴァニラとシナモンの甘い香り。ロングセラーです。


 ★2位   グアバ        
 日本ではあまり見つけられないトロピカルな香り。でも人工的ではなくナチュラルな香りが魅力!  
 
   
 ★3位   ジャスミン      
 清々しいジャスミン、日本の芳香剤のような香りとは程遠く、質のいいジャスミンティーのような香り。


 他にもフィグ(いちじく)や赤ワイン、クインス(花梨)など個性的な香りがたくさん出ています。


 コレスHP
 http://www.korres.com/

 コレスHP日本語版 
 http://www.korresnaturalproducts.jp/        


Ag1.jpg

 日本でもデパートなどで少しづつ扱うようになってきており、また通販でも買えるようです。でもせっかくギリシアにいらしたら、お値段はうんとお求め易くなりますので興味があれば、ぜひおススメ。都心のアティカセンターや空港にもショップがありますが、街中の薬局に売っています。薬局はギリシア語で「ファルマキーオ」といい、写真のようにグリーンクロスのマークが目印。ギリシアは通りを見渡すと薬局が5軒!という場合もあるほど、「薬局密度」(?)が高い国なので、すぐに見つけられると思います。
 空港での液体持込規制に合わせて50mlのシャワージェルやシャンプーのスリムボトル(写真右から2番目)も出ています。このサイズはお土産にも最適。何本か買っていろいろな香りを試してみてください♪

 もう始まっている店もありますが、7月15日からアテネ市内では服やバッグ、靴などの夏物ファッションセールが始まります。都心のシンタグマ広場のエルムー通り、クラス感のあるデザイナーズブランドが立ち並ぶコロナキ地区でもけっこうバーゲンします。デパートに慣れている日本人にとってはマルーシにある「ザ・モール」(イサプ グリーンライン ネラズィオティサ下車 都心から来るとマルーシのひとつ手前の駅)での買い物も便利でしょう。  
 
 次回のお土産シリーズはコレスと並ぶギリシアの代表的なコスメブランド「アピヴィータ」をご紹介!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 美容・健康・病院
2008年7月12日
« 前の記事「ビーチ情報 PART2 アポロコースト〜スニオン岬」へ
»次の記事「ギリシアのお土産 PART3 アピヴィータ」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/6/23更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ