海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > BIOのライキアゴラ

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月15日

BIOのライキアゴラ


メール プリント もっと見る

BIOのライキアゴラ

 アテネには街の中心地に巨大な中央市場「アゴラ」があります。野菜、果物、肉、魚と何でも売っていますが、それとは別に市内のあちこちに「ライキアゴラ」と呼ばれる路上の朝市のような小さな市場が開かれます。


R1_015[1].jpg


 通常のライキアゴラは中央市場と同じく、野菜、果物、肉、魚、衣料品にいたるまで種類が豊富で、何でもあり状態。珍しい野菜やチーズを発見したり、焼きたてのトウモロコシやスヴラキ(肉や魚の串焼き)の屋台があったり、いろいろ楽しめます。
 しかし中には中央市場で古くなったものを格安で買ってきて売る店もあるので注意が必要。そういう店は、愛想がよく取り扱う種類も多くて驚くほど安いですが、家に帰って買ってきたものをよく見ると「あら失敗〜!」ということも……。最近は安全性がイマイチの外国産も多いとか…。新鮮な野菜や果物を見抜く力が必要で、これは案外難しいです。
 そこで、失敗が少なくおススメなのがBIO(有機栽培)というマークのついている野菜や果物のライキ市場です。テントや店先の看板にBIOと書いてあります。通常のライキと異なり、国産の野菜と果物中心で何でもあるわけではありませんが、曜日を定めてアテネ市内、郊外の各所で開かれています。


R1_018[1].jpg
R1_010[1].jpg


 有機食品専門店もよく見かけますが、とにかくお値段が高い!世界中、異常なインフレですが、アテネは都心のカフェのコーヒー1杯の平均値段がなんとパリより高い(ふざけてます)!ミルクも周辺諸国より高いとニュースで見るにつけてイライラ…。でもBIOのライキでは少なくともスーパーの半額以下で、有機農法による安全で新鮮な野菜や果物をたっぷりと手に入れることができます。下の写真は私が好きなホルタ(菜っ葉類)の一種、海辺近くでとれるアルミラ。海草のような独特の食感で、茹でてオリーブオイルとレモンをかけて食べます。トマトやキュウリも味が濃くて瑞々しいですよ。
 

R1_009[1].jpg
R1_012[1].jpg


 季節ごとに様々な旬のフルーツが店の軒先を美しく彩ります。オレンジ、グレープフルーツ、レモン、リンゴ、洋ナシ、イチゴ、チェリー、イチジク、桃、スイカ…。どれも豊かな香りと瑞々しさは格別で、ギリシアは果物の美味しい国だな〜と実感することができます。オレンジは安いので、毎朝ジューサーで丸ごと絞ってフレッシュジュースに。爽やかな甘みと香りが格別の美味しさ。日本から来た友人に朝ごはんに出すと大抵ヤミツキに!食べるのに最も適したオレンジ、ジュース用のオレンジとわかれています。


market_005[1].jpg
R1_013[1].jpg


 ギリシアのオリーブオイルは最高品質!おじさん(写真左下)、いかに素晴らしいオイルかを延々と話してくれましたよー。オリンピック発祥の地・ペロポネソス半島はオリンピアのオリーブ農園で生産しているBIOのオイル。オイルにするのに最適なコロネイキという品種の早摘みだそうです。
 試飲もできるので味わってみました。あえてろ過を完全にしていないので少し濁っていますが、その方が栄養価が高いらしく、風味は抜群。以前も書きましたが、ギリシアは世界第1位のオリーブオイル消費国。使わない料理はないのではというくらいよく使います。生産量も世界第3位と、クレタ島やペロポネソス半島を中心に盛んに栽培されています。


market_008[1].jpg
market_003[1].jpg


 いつもニンジン、花梨、キウイ、卵を売っているおじさん(写真右上 )。卵にもBIOのマークがついています。広々とした農園で放飼いにしている鶏には、抗生物質などは一切使用しておらず、有機栽培の小麦を中心とした飼料を食べさせているとのこと。産みたての新鮮卵です。

 ワインを売っているおじさん(写真左下)はいつも笑顔で挨拶してくれます♪どうやらよくBIOライキに来る日本人として私を認識しているようです〜。BIOのワインはまだ畑が若いので、飲むにはすごく美味しいというわけにはいきませんが、通常のワインに比べ、添加物無使用ですから、調理用に最適。料理酒としていつも4ユーロの白ワインを買います。

 オリーブオイル、自家製パン、産みたて卵、オレンジ、グレープフルーツ、洋ナシ、レモン、ニンジン、ネギ、コリアンダーなどなど買ったもののほんの一部(写真右下)。スーパーで同じ品質のものを買ったら約2倍〜3倍はします。


market_013[1].jpg
market_018[1].jpg


★BIOのライキはアテネ市内、郊外の各地で開かれています。下記は一部のご紹介。他の地区でも開催されています。※( )の時間は夏期のものです。季節により時間は変動します。

 
 月曜日:キフィシア(h1630〜1930)、
 
 火曜日:パレオプシヒコ(h1630〜1930)
 
 水曜日:ハランドリ、グリファダ(h1630〜1930)、
 
 木曜日:パレオファリロ(h1630〜1930)
 
 金曜日:コロナキ(h9〜13)、ホラルゴス、ケサリアニ(h1630〜1930)、
 
 土曜日:キプセリ、ヴーラ(h9〜14)


詳しい開催場所などはこちらへ(ギリシア語のみ)

 旅行者の方なら、都心の普通のライキでもスヴラキなどの屋台の食べ歩きは楽しいでしょう。コロナキなどの中心地で開かれていますので、出くわしたらラッキーです。果物は少量でも愛想良く売ってくれますので、ホテルの部屋で食べるのもおススメ。
 甘くて芳醇なギリシアの果物は、旅先での疲れをやさしく癒してくれると思います♪

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2008年8月15日
« 前の記事「ギリシアに来たらフィッシュタヴェルナへ」へ
»次の記事「やっぱりサントリーニが好き PART1 イア」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/16更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集