海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > やっぱりサントリーニが好き PART1 イア

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年8月25日

やっぱりサントリーニが好き PART1 イア


メール プリント もっと見る

やっぱりサントリーニが好き PART1 イア

 エーゲ海には約2500もの島があり、素朴で何にもないような島で過ごす休日は格別。でもやっぱりギリシアを紹介する上で、王道のサントリーニ島とミコノス島もはずせません。ビーチに重点をおけばミコノス島の方がいいかも知れませんが、景観から見れば、私はやっぱりサントリーニが好きかなあ。
 サントリーニ島はギリシア語ではティラと呼ばれており、幾度もの火山活動によって三日月形になりました。古代より火山活動が活発で、幻のアトランティス大陸だったのでは…という説も。ホテルやレストラン、カフェ、バーがひしめく繁華街のフィラと夕日で有名な静かな町イアがあります。遊びに出かけるならフィラ、泊まるのは静かなイアというのがおススメ。レンタカーを借りるのが便利ですが、イアとフィラを繋ぐバスは頻繁に運行しています。 


DSCF1014[1].JPG

 
 サントリーニ島に行って思わずため息をついてしまう景色は、崖に沿うように連なる真っ白な家々と教会の丸くて青い屋根。その町並みとエイジアンブルーの海が見事なコントラストを生み出しています。外国人はもちろん、ギリシア人でもその景観にしばし圧倒されると言います。アテネから飛行機(約45分)で行くのもいいですが、船(タイプによって約4〜9時間)で近づいて行けばじっくり見ることができます。


DSCF0926[1].JPG
DSCF0922[1].JPG


 イアのホテルは、ひとつひとつの部屋が日本でいう離れ形式になっていることが多く、真っ白な階段を登り、個々の部屋へ。入口には鮮やかなブルーの木戸があり、テラス部分がとても大きくとってあります。部屋の中も真っ白ですが、洞窟の中にいるような不思議なかんじがします。実際、切り立った崖に穴を掘り、そこを基礎として、掘り出した土で外に張り出している部分を形成するという独特の建築様式です。
 朝、起きると真正面に紺碧の海、左右は白やパステルカラーの美しい家並み…。なんだかジオラマを見ているような美しさで、テラスでいつまでも過ごしていても退屈しません。

 
DSCF0991[1].JPG
DSCF0920[1].JPG
DSCF0933[1].JPG

 
 最北端のイア岬は、世界で最も美しい夕日を眺めることができる場所だと言われます。毎日、夕刻になるとフィラからも多くの観光客が夕日を見るためにやってきます。カメラには収めますが、やはり実物の美しさにはかないませんね…。
 富豪ビルビリスの家を改築し、海洋博物館にした「イア海洋博物館」もあります。
 
 サントリーニのビーチは大きく分けて古代ティラ遺跡をはさむように、カマリとペリッサというビーチがあります。カマリはブラックサンドビーチとも呼ばれ、その名のとおり、黒光する小石のような珍しい砂のビーチです。

DSCF1008[1].JPG
DSCF0949[1].JPG


 サントリーニに行ったら私はあまり出かけず、ホテルのテラスやビーチでのんびり。いつも泊まるホテルのオーナーの奥さん、アンジェラはオランダ人。オランダ人が英語が上手なのは有名ですが、ネイティブスピーカーのようなきれいな英語なので、外国人ゲストが多いです。
 彼女は私と同じ大の猫好き。少なくとも15匹の猫にえさをやっているそうで、ホテル内にはいつも猫がフラフラ…。朝、ドアが開かないと思うと、大抵、犬や猫がドデーンとドアの前に寝ていたりします。日本でホテルの敷地内に動物がいたら、苦情になっちゃいますが、ここでは人間も犬も猫もテラスでリラックス…。思い思いの時間を過ごしています。 


DSCF1033[1].JPG


 次回は華やかなフィラの街をご紹介します!


 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2008年8月25日
« 前の記事「BIOのライキアゴラ」へ
»次の記事「やっぱりサントリーニが好き PART2 フィラ」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/24更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集