海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > 小さなミュージックフェスティバル

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年12月18日

小さなミュージックフェスティバル


メール プリント もっと見る

小さなミュージックフェスティバル

 前回のコメント欄でもふれましたが、警察官による少年射殺に対する抗議活動をきっかけにギリシア全土で暴動がおこっていました。10日以上が経過し、暴力行為などはほぼおさまっています。
 しかし抗議行動は続いており、16日には私の住むアギア・パラスケヴィにある国営テレビERTのスタジオを訪れた約40人の学生たちが一時制御室を占拠。数人ずつのグループに分かれ、他の数人は昼のニュース放送中のスタジオに侵入。番組を中断させ、「テレビなど見るな。みんな街に出ろ」と書かれた横断幕を映すようにカメラマンに要求しました。しかし学生たちは暴力的な様子ではなく、放送を通じて少年の射殺事件に抗議させてほしいと伝えたということで、テレビ局もしばらくそれを放映。
 この経済恐慌の中、ギリシアも多種多様な問題を抱えていますが、政治の世界ではここ数ヶ月、庶民の悲鳴もなんのその、汚職やスキャンダルばかりでした…。世界中、どこも同じなんでしょうか。抗議行動でも先週起こったような、覆面をして店舗の破壊や放火をするなどの卑怯な暴力行為は決して許されないことで、裏で過激派に操られているとの情報もありました。しかしこの日の学生たちは初めての場所に行きながら、システマティックに動き、非暴力で言論による純粋な抗議行動を行ったと概ね評価されているようです。
 
 ところで今日は暴動騒ぎがひどくなる前に行ったミュージックフェスティバルの様子を書こうと思います。素晴らしい演奏を聴くことができましたが、その時は街中がこんなひどいことになるとは全く予期していませんでしたが…。


R1 244.jpg

 
 私はけっこうジャズが好きなので、カナダのモントリオールなどのジャズフェスティバルにも足を延ばしたことがあります。ハイレベルな演奏が街の劇場や広場などで無料公演。かなり有名なアーティストでも特別に安く聴くことができるチャンスなので、毎日ワクワクして出かけたものです。アテネでは夏の野外フェスは有名ですが、冬でもこまめに探すと、小規模ながら充実したミュージックフェスがあります。

 今回の「Muse Festival」は3日間にわたってアテネのフレンチ・インスティテュート(フランス語学校)が主催。学校の中に小規模ながら充実したホールがあり、特に音大生のために値段が安く設定され、メガロ・ムシキスだったら80ユーロくらいになるハイレベルなアーティストの演奏が20ユーロで聴けました。日曜の午前中などは子供たちに聴かせるジャズなどのプログラムもありました。
 
 初日はニューヨークから来た「ジェレミー・ぺルト・クインテット」。トランペット奏者でリーダーのジェレミー・ぺルトは98年に大学卒業後、本格的に音楽活動を開始。その卓越した才能は多くの著名な音楽家に注目され、共演を重ねてきました。電子音楽で経験を積んだ後、クラシックジャズに回帰。アルバム「November」はアメリカのみならず世界中で高い評価を得ました。シックスティーズのジャズをメインに酔いしれるような名演奏の数々。とにかくエナジックで5人のハーモニーが素晴らしかったです。


R1 250.jpg


 2日目の目玉はギリシア人ピアニスト、ヴァシリス・チャブロプロス。ヨーロッパでは最高峰、世界でもベストピアニストのひとりです。クラシック、ジャズ、モダン音楽と垣根なく弾きこなし、多くの名オーケストラ、名指揮者と共演。2000年にECMRecords に世界で最も優れたピアニストのひとりとして選ばれ所属。初アルバム「Achirana」は高い評価を受け、ヨーロッパのみならずアメリカはニューヨーク、ワシントン、ボストンでもセンセーショナルな公演を繰り広げました。04〜06年にかけてヨーロッパとロシアで公演。アルバム 「Chants, Hymns and Dances」は'ニューヨークのビルボードでトップ10に長い間、ランクイン。ニューヨーク・タイムズや仏ルモンド紙などでも絶賛され「キース・ジャレットに次ぐ最高のピアニスト」だと書かれたこともあります。


R1 236.jpg


 ヴァシリスさんはホントにカリスマ性のある音楽家で、歩いてくると自然と周囲が静かになるようなオーラが漂っています。この日は小さなフェスなので、アーティストが観客席の通路から直接、ステージに登り演奏を始める場合もあったのですが、前の方に座っていた私は、通路で多くの人が大声でおしゃべりをしていた中でも、彼が通った瞬間、すごいオーラを感じました。
 この日の演奏も超絶テクニックで、ピアノのソロなのにまるでオーケストラを聴いているようなダイナミックな音の洪水…。ファーストアルバムからラストアルバムまで1曲ずつ選び、軌跡を振り返るように演奏。3月にリリースされる新アルバム「プロミス」よりプロミスとインサイダーという新曲を披露してくれました。
 過去のアルバム「The Triangle 」と「Chants, Hymns and Dances」は持っていますが、特に後者は世界中でヒットしたものでおススメ。溢れ出すようなピアノのメロディーに全身が包まれます。

 アテネの冬、名演奏をお値打ちに聴くことができるのはうれしい限り。小さなホールでアーティストから至近距離で聴ける演奏はメガロ・ムシキスで聴くのとはまた違った感動があります。
 
 しかしこの後、コロナキにあるこの学校の付近まで暴徒が来て破壊活動をしたということですから、本当に心配でした。アメリカ系の語学学校は放火されました。なんの関係もないのに放火などの襲撃を受けた約160軒の建物には政府から見舞金が支給されるようですが、経済的には深刻な問題が山積されている状態です。
 ギリシアだけでなく、ヨーロッパはどこで暴動が起こっても不思議ではないと言われるほど根の深い経済危機ですが、都心にも安心して出かけられる治安のよいアテネに早く戻ってほしいものです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 生活・習慣・マナー
2008年12月18日
« 前の記事「新ショッピングモール ゴールデンホール」へ
»次の記事「ギリシアのクリスマス&年末」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集