海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > 選挙と初代大統領とポテトの話

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年10月 8日

選挙と初代大統領とポテトの話


メール プリント もっと見る

選挙と初代大統領とポテトの話

 ギリシャでは10月4日に総選挙が実施され、日本と同じように政権交代が実現しました。中道左派の野党・全ギリシャ社会主義運動( パソック)が圧勝。予想はされていましたが、国会議席の絶対過半数を上回りました。与党だった新民主主義党(ネア・ディモクラティア)を率いるカラマンリス首相は敗北を認め、党首を辞任。パソックの党首ヨルゴス・パパンドレウ氏が新首相となり、昨夜全ての閣僚が決まりました。経済・財務相など数名の女性閣僚が誕生しています。昨年末の暴動以来、社会不安が募るギリシャですが、新政権は経済再建に全力を尽くす姿勢をアピールしています。 
 
 選挙に因み(?)ちょっと政治家のお話を...。前回、ナフプリオの際に少しご紹介しましたが、ギリシャの初代統治者(大統領)となったイオアニス・カポディストリアス(写真下の肖像)。彼の生涯とポテトにまつわるエピソードです。
 今となってはタヴェルナでもフレンチ・フライ(フライドポテト)は定番メニュー。カラッと揚げたてのポテトは本当に美味しく、ギリシャの人々はずいぶんとジャガイモを消費しておりますが、根付いたのはなんと19世紀に入ってから...。


F 140.jpg

 
 ジャガイモをギリシャに根付かせたイオアニス・カポディストリアス(1776−1831)はケルキラ(コルフ)島の名門の生まれ。イタリアで医学や哲学を学び、故郷に戻ってからは、若い頃よりイオニア諸島の統治において重要な地位に就任し、様々な教育改革などに着手しました。
 その後、ロシア外務省の招聘を受け、アレクサンドル1世のもとで外交官として働き始めます。外交官として優れた手腕を発揮した彼は、ヨーロッパ列強国のどの政府にも一目置かれ、強豪国の勢力の均衡を保つために尽力しました。1815年のウィーン会議でも活躍。スイスが永世中立国として承認されたのも彼の功績が大きかったと言われています。これらの外交手腕を評価され、アレクサンドル1世からロシアの外務大臣に任命されました。

 ロシアの外相として活躍しながらも、ギリシャ人として祖国ギリシャの情勢を見守っていたカポディストリアス。1821年に独立戦争が始まり、内戦状態をも引き起こしていたギリシャですが、27年に国民会議を開き、どの一派にも属さず列強諸国との太いパイプを持つカポディストリアスを大統領に選出しました。
 彼はギリシャ独立のため、近代国家形成のため尽力することを決意。祖国に帰り、ヨーロッパ列強国にも助力を要請しました。そしてナフプリオにて、近代国家の骨組みをつくるために様々な政策を実行していきます。
 新貨幣を導入し、国立銀行を設立。軍隊、学校、病院を整備し、外国からの投資をもとに、貿易を中心とした経済の振興にも力を入れました。普通だったら数十年かかるような国家建設を、暗殺されるまでの4年間、まるで神業のように迅速に成し遂げました。

 
W 608.jpg


 またトルコとの戦争や内戦で貧しかった国民の食生活を改善するため、繁殖力の強いジャガイモの栽培を奨励。まずはどんなに美味しいものか知ってもらおうと外国から大量に輸入し無償で分け与えましたが、国民は見向きもしませんでした...。
 そこで作戦を変更した彼は、ナフプリオの港にジャガイモの入った袋を山積みにし、その周囲を昼も夜も複数の兵士で固めました。人々はそれを見て想像を膨らませます。「ジャガイモとはそんなに大事なものなのか...きっと美味しいに違いない...」。実はカポディストリアスは兵士に「ジャガイモを盗もうとする者がいても気がつかないフリをするように」と言い含めてありました。人々は次々とジャガイモを盗んでいき、最後には1袋もなくなってしまったそうです。その後、全土で栽培されるようになり、庶民の食卓には欠かせない食物として、すっかりギリシャにも浸透したのです。
 反抗心も強いけれど、好奇心も強いギリシャ人の心理を利用したカポディストリアスの作戦勝ちだったと言えましょう。

 
 大統領に就任してから、たった4年の後にナフプリオで暗殺されてしまったカポディストリアス。もし彼が長く生きていたらギリシャはもっと早く近代化しただろうと言われています。現代のギリシャでも大きな尊敬を集めており、旧ドラクマ紙幣には彼の肖像が印刷されていました。今でも20レプタ(ユーロセント)には彼の肖像が刻まれています。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2009年10月 8日
« 前の記事「ナフプリオの休日 PART2」へ
»次の記事「ギリシャの新首相にお会いしました!」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    エーゲ海クルーズの旅 パロス島
    エーゲ海クルーズの旅 ミコノス島
    エーゲ海クルーズの旅 ピレウス港〜エギナ島
    グリファダのポリティキクジーナ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/21更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集