海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > セレブに人気の和食レストラン Matsuhisa ...

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年1月 8日

セレブに人気の和食レストラン Matsuhisa Athens


メール プリント もっと見る

セレブに人気の和食レストラン Matsuhisa Athens

 遅ればせながら明けましておめでとうございます。気候のよいアテネ、この冬は例年に比べても特に暖かいクリスマス&お正月でした。年初、前から行きたいと思っていた「Matsuhisa Athens(マツヒサ アテネ)」に行ってきました。アテネといっても都心から約30kmほどのリゾートエリア、ヴーリァグメニにある5つ星ホテル、アスティア・パレス内にあります。
 「Matsuhisa」は世界で最も著名な日本人シェフのひとり、NOBU MATSUHISAこと松久信幸氏がオーナーシェフのレストラン。今や世界中の大都市に展開していますが、87年にビバリーヒルズでオープンし、ハリウッドのセレブの間で人気に。 その後、ロバート・デ・ニーロ氏の誘いで「NOBU New York City」を、またジョルジオ・アルマーニ氏 と「 NOBU Milan」を開店するなど世界中から引く手あまたです。
 和食の食材や調理の技をベースにしつつ、現地の食材、西欧やアジアのテイストを取り入れたクリエイティブな料理が、日本人以外の口にも合い、まず著名人たちの評判を得て人気を獲得。日本食の間口を広げていったと言われています。
 ギリシャには05年にミコノス島、08年にヴーリァグメニの2店舗目がオープン。 「NOBU」はコラボレーションの要素が強く、「Matsuhisa」はより松久氏のアイディアがそのまま活かされている店舗なのだそうです。 


Restaurant 057.jpg

 
 オープンした時点から行きたいとは思っていましたが、何せ最高級ホテル・アスティア・パレスの中にあると聞いただけでと〜っても高いのではと思っていました。高級リゾート地・ヴーリァグメニはギリシャ国内だけでなく、ヨーロッパでも1、2を争うくらい地価の高い場所。そこに佇むアスティア・パレスは、昨年5月に「陰のサミット」と呼ばれる「ビルダーバーグ会議」が開催されたという世界のVIP御用達のホテル。なのでカフェで素晴らしい景色を楽しんだことがあるくらいでした。

 しかしMatsuhisaのディナーコース(7品)90ユーロが20時半までにオーダーするとなんと70ユーロに割引という情報をキャッチ!ギリシャの食事の時間は遅く、特に高級レストランでディナーとなると皆22時ごろからやってきます。なので混雑時をさけて、早めに来てくれるお客さまへの特典というわけですね。
 こっちの食事時間に慣れてはきているものの、20時半までにオーダーなんて日本人の感覚からすれば全然問題ナシ。開店の19時半に予約、6人で出かけました。案の定、そんな早くに来たのは私たちだけで駐車場にいたっては係りの人がいないくらいでしたが^^;おかげで店内をくまなくレポートすることができました。モダンな空間ながら、温かみのある店内。スタイリッシュな空間に寿司カウンターが映えます。
 ギリシャ人と日本人のハーフのトニーさん(左下・中央)、日本人の久郷田さん(右下・右)、中国人のアンディさん(左)など国際色豊かな料理人の皆さん。才能ある若き料理人さんたちの仕事ぶりを拝見しました。   


Restaurant 067.jpgRestaurant 056.jpg


 最初のお皿はキャビアがトッピングされた春巻き、中にはエビのむき身が入っています。サルサソースとの相性もよくてあっという間に食べてしまいました。2皿目は3つに分かれた前菜プレートで(写真下)、どれも食材とソースの絡みが素晴らしい...。ウニが添えられたカルパッチョ風の白身のお刺身、トロのコチュジャンソースにもメロメロになりましたが、ギリシャでよく食されるヤリステリという美味しい貝を、ゆずや醤油、ゴマ油、オリーブオイルなどの絶妙なソースでいただいた右の一品が本当に美味でした...。このソースは「ニュースタイル刺身ソース」という名前で人気なのだそう。


Restaurant 060.jpg


 左下の写真は玉ねぎをベースにしたマツヒサドレッシングのかかった生春巻とサーモンなどのお造り、ホタテとトリュフソースなどの一皿。マツヒサドレッシングは好評を博し、販売している店舗もあるそうです。右下の写真は大半のお客がオーダーするという人気のタラの西京焼。まろやかなお味で白いご飯が食べたくなりました。


Restaurant 061.jpgRestaurant 062.jpg

 
 続いてお肉と季節の野菜の陶板焼きや味噌汁が登場。そしてついに寿司(写真右下)の一皿が...。ボタンエビのお寿司の美味しかったこと!ガリも手作り。ペラペラの機械切りのではなくて味わい深かったです。
 

Restaurant 064.jpg


 左下のデザートは「サントリーウィスキーカプチーノ」。サントリーのウイスキー、山崎を使っているそうです。ウィスキーのフォームの下にミルクアイス、コーヒー味のブリュレやクランブルが層になっています。控えめな甘さ、口の中でふわふわっと溶けていく繊細な味に感激♪その後、緑茶をいただきつつ、小さな抹茶ケーキとアーモンドのフィナンシェを。しっとりとリッチな味わいながら、後味もさっぱり。


Restaurant 065.jpgRestaurant 066.jpg

 
 日本人にはちょっと味が濃く感じるものもありましたが、和食の良さを残しながら、ギリシャならではの新鮮なシーフードと様々な国の調味料を使ったソースのハーモニーに感動。物価の高いアテネ周辺、この内容で7品出て、70ユーロに割引ならお値打ちな気分です。このコースはシェフのお任せメニューで日替わりの内容となっています。
 Matsuhisaのためのオリジナルの日本酒・北雪「大吟醸」を冷やした青竹の筒に入れて、青竹のぐい呑でいただくという趣向も堪能しました(別料金です)。行き届いたサービスも見事で、何かの記念日にこのコースはおススメ。またランチメニューは散らし寿司やカツ丼など30ユーロくらいからの予算で楽しめるとのこと。

 夏季は広々としたバルコニー席が開放されます。21時くらいまでは明るいので、青く澄んだエーゲ海の眺望を堪能しながらのディナーは素敵な思い出になると思います。


★Matsuhisa Athens    (ASTIR PALACE 内)


住所        Απόλλωνος 40 Βουλιαγμένη(アポロノス40ヴーリァグメニ)
TEL          210 8960 510(要予約)
ホームページ   http://www.matsuhisaathens.com (現時点では連絡先のみ記載) 
月曜定休  火〜土 1930〜0100(LO)、日曜1330〜1800(ランチメニューのみ)
※現時点での営業時間。季節により変動、予約の際、要確認


SPECIAL THANKS TO   KATSU HANAMURE EXECUTIVE SUSHI CHEF

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2010年1月 8日
« 前の記事「アテネのクリスマス&この季節の治安情勢について」へ
»次の記事「ギリシャの年始 主顕現祭と冬物セール」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    プシヒコの美味しいレストラン
    聖ネクタリオス修道院へ
    ヨットでエギナ島へ
    新年のヴァシロピタ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/12/12更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集