海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > ギリシャのストライキ続報

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月 4日

ギリシャのストライキ続報


メール プリント もっと見る

ギリシャのストライキ続報

 ギリシャでは毎年のことなのですが、ことしは経済危機、通貨危機の大報道の流れで、日本でもギリシャのストライキを大きく報道しているみたいですね。前回の記事にいただいたコメントを受けて、私も日本のギリシャに対する報道記事を読んでみたらびっくり。あたかもことしに限ってすごいことになっているような内容だったり、先月末のゼネストからギリシャの社会全体がずっとマヒしているような印象を受ける記事もあり...。どおりで日本の友人知人からやたらと心配してますメールが来るはずだと納得。
 ストの日はいろいろ停滞しますが、翌日は交通機関も公共機関も平常通りです。昨日も市役所に行ったり、メトロやバスに乗ったりしたけれど、全く普段通りでした。ただ春先は予定されているストやデモがけっこうあります。在ギリシャ日本大使館から注意喚起メールもきていましたので、それをもとに調べたことと合わせてわかっていることを書いておこうと思います。

 

●2、3日とタクシーがストライキをしていました。2日間に渡り、タクシーが全く使用できませんでした。今後またあるかどうかは未定です。タクシー車両が都心のシンタグマ広場付近を埋め尽くしていたので、付近では渋滞がすごかったと思います。


●4日(本日)共産党系労働団体によるデモがシンタグマで18時からあります。急進左翼連合もアテネ大学前で、18時からデモを予定。17時くらいから付近には近寄らない方がいいです。道路は封鎖されたりしますので、交通が混乱したり、渋滞が起こります。また北部の都市、テッサロニキで教職員学生組織などがアリストテレス広場にて18時半からデモを予定しています。


追記: 本日、この記事をアップした後、都心に用事があったので、シンタグマ付近に出かけたのですが、思ったよりは平和的にデモが行われていました。しかしその場で知ったのですが、明日5日に大きなストやデモを決行することをデモ隊がシャウトしてました。正午から広範囲で決行予定だそうです。


●8、9日は税関の48時間ストです。税関業務に支障が出るおそれあり。税務署もという情報もニュースのサイトで見ましたが、はっきりしません。どちらにしろ8日は公務員の組合も短時間の(4時間)ストライキを予告していて、多くの公共機関がストに参加する動きもあります。


●16日 24時間スト、大規模なデモが予定されています。先月24日は空港、メトロ、バス、トロリーバス、トラムなどほぼ全ての交通機関がストップ。遺跡や博物館、公立の病院や学校、市役所などの公共機関全般、銀行などがクローズしたので、同じことがおきる可能性が大。24日より大規模になるとの推測もあるのでかなり注意が必要です。


追記: 早速予定が変更されたようです。16日⇒8日〜12日の間に決行予定(3月4日)。⇒11日に決定(3月5日)。


※以上の情報は現時点でのものです。ストはたいてい予告されますが、あくまでも予定なので変更や延長もあります。たまに突発的なものもあるので全ての情報を網羅するのは不可能です。旅行の際は、各自の判断と責任で決定、行動していただくようにお願いします。また今後の情報については、在ギリシャ日本大使館のサイトが治安情報について随時情報を更新 していますので、参考になると思います。


 デモは全国的に、都心の広場や大学付近で行われることが多いので、警官が多くいたり、ものものしい雰囲気になったら早めにその場を立ち去った方がいいです。普通に行進していただけのデモでも、ちょっとした小競り合いから警官隊との衝突になり、催涙弾などが使われることもあります。アテネの都心の野良犬たちは慣れたもので、デモ隊の行進に得意げに参加したり(笑)、一緒に走り回ったりしている映像がよくニュースで流れてヒヤヒヤするのですが、慣れていない人間には危険ですので、絶対に近寄らないのが鉄則です。


 ただストは毎年のことなのに、あたかもここにきて大規模なストライキがギリシャで起こったように報道⇒ギリシャ政府、やはり債務不履行か?⇒またまたユーロが下落という報道はなんだかなあと思ったり。なんでもかんでもギリシャのせいというかんじで見事にはめられているなあという印象を受けます。
 

 確かにことしは財政危機に伴って新課税や税率の引き上げがものすごく、国民の生活不安はかなり高まっています。政府は公務員の給与や賞与の大幅カットなどを決めたので、周りのギリシャ人でも公務員の友人はかなり生活がきつくなると嘆いています。ストに参加したら参加したで、給与から1日あたり60ユーロを引かれるとのことです。いま世界中でギリシャの経済危機が報道されているので、こんなことをしている場合ではないという意見もありますが、労働者にして見れば生活苦もあるでしょうし、前政権や外資ファンド、大手金融機関がやりたい放題だったからで、自分達には非はないという言い分もあるでしょう。どの国でも社会の底辺にしわ寄せが行くのですね。


 しかしながら労組の力が強いとはいえ、政府は歳出削減を是が非でも遂行しないとEUに許されませんので、ストやデモの要求を飲むことはないだろうというのが大方の見方です。消防士の組合の代表の人に話を聞きましたが、組合のトップもそのことはわかってるということ。そして今後...今はこの新課税や緊縮政策をしてしのぐとしても、半年後、1年後などに人々の生活苦が如実に現れ、様々な問題が引き起こるのではないかと案じています。
 
 
 

 


 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年3月 4日
« 前の記事「ギリシャのストライキとバンクーバーオリンピック」へ
»次の記事「彩り鮮やかフルコースがさっぱり食べれるレストラン」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    独立記念日と聖母受胎告知の日
    ギリシアのお土産 PART5 お菓子のカラヴァン
    カサラ・デフテーラには凧揚げとシーフード
    アポクリエス(カーニバル)の季節

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/19更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集