海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > 独立記念日とプラカの老舗タヴェルナ

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月31日

独立記念日とプラカの老舗タヴェルナ


メール プリント もっと見る

独立記念日とプラカの老舗タヴェルナ

 先週の木曜日、3月25日はギリシャの独立記念日で国民の祝日でした。ギリシャはトルコに約400年間、占領されており、その過酷な支配からの独立を記念する大切な日です。毎年アテネの都心、シンタグマ広場からパネピスティミウ通りを通ってオモニア広場付近まで大規模な軍隊パレードがあります。またうちの近所の住宅街などでも子供たちによるパレードが行われたりします。
 またこの日は「受胎告知」の日。ギリシャ正教においても重要な意味を持つ日です。処女マリアのもとに天使ガブリエルが降りてきて、マリアが聖霊によってイエスを身ごもることを告げ、マリアも承諾の意を告げたというこの出来事。レオナルド・ダ・ヴィンチやフラ・アンジェリコをはじめ、キリスト教圏で多くの芸術家が描いてきた光景です。画像はこの日に食す習慣のある干しタラのフライ。ガーリックを効かせたマッシュポテトを添えていただきます。


R1 328.jpgR1 324.jpg

 
 独立記念日のパレード はなかなか迫力があり、わざわざ出かけて直接見る価値あるものなのですが、ことしは日本からの電話取材などもあってあたふたしていました。
 そしてその直後、友人が押し入り強盗に遭い、ひどく殴られてしまい、病院に運ばれたとの電話が。パレードはテレビで少し見ましたが(画像下)、それどころではなくなり、お見舞いに行きました。いつも明るくパワフルなギリシャ人女性なのですが、右目周辺を何度も殴られ青あざだらけ、目の中が真っ赤に充血していてかなりショックを受けていました。事件が起こったのは在ギリシャ日本大使館も位置するハランドリという地区の閑静な住宅街。犯人は訛りのあるギリシャ語を話したということで、周辺の貧しいヨーロッパの国からの移民だったようですが、まだ捕まっていません。間一髪、近所の人々が異変に気づき、警察が急行したので、何も奪われず、彼女も助かったのですが、視界が二重に見えるらしく目の手術を受けなければならないそう。2人組の犯人はなんと5階からするするとバルコニーを伝って逃げたそうです。
 ギリシャの集合住宅は入口がオートロックですが、誰かの後について入り、予め建物の内部に潜み、住民がドアを開ける際に押し入るというもの。ここ数日、パティシアやキプセリ辺りでも押し入り強盗殺人のニュースが続けてありました。最近、主に周辺の貧しい国からの移民(多くは不法滞在者)による犯罪が増加しているので本当に注意が必要です。
 サマータイム(日本との時差は6時間)に切り替わり、メガリ・エブドマーダと呼ばれるパスハ(復活祭、イースター)直前の聖なる1週間にも突入したので、なんとなくウキウキした雰囲気になるはずが、なんだか重いニュースが多い今日この頃です。
 個人旅行者が夜のフライトでアテネ入りしメトロで移動、ホテルを探している際に路上で被害にあったケースもあるので、夜の到着は必ずタクシーでホテルの真ん前につけてもらうことをおすすめします。


WORK 810.jpgWORK 813.jpg

 
 話を戻し、独立記念日。パレードを見終わると人々は受胎告知の日(エヴァンゲリスモス ティス セオトク)に食す習慣の干しタラのフライを食べにタヴェルナやレストランに押しかけます。この料理は好きというわけでなないのですが、習慣というのは怖いものでなんとなく食べておかないとねって気になります。
 プラカにあるタヴェルナ「タ バカリアラキァ トゥ ダミグウ」は1865年創業の老舗。店の名をそのまま訳すと、「ダミゴスの小さなタラ」という意味で、タラのフライが名物。メソギア(古代からのワインの名産地)からの薫り高いワインも取り揃えています。
 開店当時からずっとノルウェイから輸入したタラを使い、パリッと揚がっていて美味しく、さすがは有名どころの味という気はしますが、いかにもカロリー高めなので年に1回くらいがちょうどいいですね^^;昔ながらのレシピを守っているので、オリーブオイルが多めですが、他のバラエティに溢れるギリシャ伝統料理も美味しく、私はここのファヴァ(豆のペースト・画像左下)やケフテデス(ハーブ、野菜のたっぷり入ったミートボール・右下)が大好き。タコやイカのグリルも美味です。予算はひとり約20ユーロ。


R1 325.jpgR1 327.jpg


 プラカという場所柄、観光客もちらほらきますが、地元の人々にも愛されている店。内装は創業当時の雰囲気を保ち、素晴らしい古代建築様式の柱が存在感を示しています。壁にはこの店の料理とワインに対する数々の賞や、文人墨客の残した言葉、古いギリシャ映画のポスターなどが飾られてノスタルジックな雰囲気。地下にあるのですが、プラカでも特に観光客に人気のあるキダネシオン通りにあるので、見つけ易いと思います(画像左下)。店の奥にも席があるのでけっこう広く、古いワインの樽(画像右下)などが幾つも展示されています。古き良きギリシャの雰囲気を味わうのにぴったりの店です。

 
R1 332.jpgR1 331.jpg

★Τα Μπακαλιαράκια του Δαμίγου
(タ バカリアラキァ トゥ ダミグウ)

住所       Κυδαθηναίων 41 Πλάκα(キダシネオン 41 プラカ)
TEL        210 3225 084 
営業時間    15〜23 無休


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2010年3月31日
« 前の記事「ギリシャの春、体調管理にご用心」へ
»次の記事「マレシナ半島で過ごしたパスハ」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    独立記念日と聖母受胎告知の日
    ギリシアのお土産 PART5 お菓子のカラヴァン
    カサラ・デフテーラには凧揚げとシーフード
    アポクリエス(カーニバル)の季節

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/21更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集