海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > いまのアテネの市民生活

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月14日

いまのアテネの市民生活


メール プリント もっと見る

いまのアテネの市民生活

 5月の初め、ポセイドン神殿のあるスニオン岬の近くのフィッシュタヴェルナに行った際に早速、初ビーチ。5月も半ば。ギリシャはすっかり夏の気候です。ことしは暑くなるのがちょっと遅くて4月でも朝夕、肌寒い日もありましたが、今週は街を歩く女性たちの装いもノースリーブのワンピース姿などが増えてきました。


pa 2010 090.jpg

 数年通い続けているフィッシュタヴェルナで海の幸をたっぷり食べて大満足。その後、気候がよかったので、近くのビーチへ。もう早速泳いでいる人もいました。太陽は力強い陽射しを放っていますが、でも水はまだ冷たいので、波打ち際で足をつけたり、ビーチで寝そべったりしただけですが、アテネを離れてキラキラと青く澄んだ海を眺めてリラックス。デモやストが相次ぐアテネの都心とは同じ国とは思えないほどです。


pa2010 093.jpgpa 2010 094.jpg

 
  しかしいま緊縮策で引き上げられたガソリンの高さにはまいります。55リットル入れて85ユーロ!先月は80ユーロ、12月ごろは75ユーロでした。ちょうど1年前の昨年の5月は55ユーロ。なんと1年で30ユーロも急騰してしまったわけです。これに伴い、輸送費などコストがかかるので、肉屋、八百屋、スーパー全ての店で価格高を引き起こし、以前に比べて3割くらい値上がりしています。お気に入りの雑貨屋、セレクトショップ、食材店など、小売店が続々と店じまいしていくのは本当に悲しいことです。
 スニオン岬までのドライブにしても自宅から約70km、往復140km。10kmにつき、約2ユーロだから、約30ユーロもガス代がかかるということ!アテネ市内ではクルマ通勤をやめる人が多く出ています。でも7月からガソリンは更にアップします。なんと税率23%になるのです。
 
 
pa 2010 100.jpgpa 2010 102.jpg

 
 政府の財政赤字は慢性化していたとはいえ、ギリシャのGDP成長率では2000年ごろから今に至るまで、ドイツよりも伸びを見せていたくらい。だから国民にも、突然の政府の財政破綻寸前発言は、寝耳に水だったわけですが、ここにきて緊縮策によるリストラがすごくなってきたようです。市役所からは派遣社員などが一気に解雇され、ビザの申請などもすごく遅くなっていると聞きます。幸い、私の周りにリストラされた人はいませんが、大学や大学院を卒業した優秀な人が職を見つけられないケースはたくさんあります。現在、失業している人は605000人。失業率は前回の調査の9.1%から12.1%に一気に跳ね上がりました。今後はもっと悪化していくかもしれません。 
 青い海とポセイドン神殿の見える美しい光景はアテネの殺伐としたデモの風景とは別世界のよう。しかしデモに参加している人の中には、物価高に文句を言っているだけではすまない人も多くいるでしょう。ギリシャのデモはいつものこととはいえ、今までと勝手が違うのは、世界中から注目を集め、市場が反応すること。でもこの人たちは投資をしてあぶく銭を稼ぐ余裕もありません。収入が激減して家庭崩壊の危機にさらされているからです。
 ビジョンのない政府関係者や国の金を盗んだ政治家たちは「困ったなあ〜」と言いつつ、エーゲ海を臨む豪邸でワインでも飲んでいるのでしょうか。忽然と消えた巨額な政治資金の追求なしに、そのツケを払わされるのはごめんだと国民が叫ぶのは当たり前です。一番あおりを受けるのはいつも社会の底辺の人たち。デモに乗じて破壊活動をする暴力集団とは違い、ただ窮状を訴える人たちの中には明日の200、300ユーロの支払いができない人もいるだろうと思います。

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年5月14日
« 前の記事「メヴレヴィー教団、驚異の旋舞」へ
»次の記事「ギリシャではどんな男性がモテる?」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    My Life in Ruins &ギリシャ関連映画情報
    ポルトラフティのお城カフェバー
    花の日はキフィシアへ
    新型インフルエンザA(H1N1 豚インフルエンザ) ギリシャの情報

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/12/12更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集