海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > イロド・アティコス音楽堂で能楽鑑賞

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月20日

イロド・アティコス音楽堂で能楽鑑賞


メール プリント もっと見る

イロド・アティコス音楽堂で能楽鑑賞

 経済危機でもアテネ・エピダヴロスフェスティバル(グリークフェスティバル、音楽や演劇の芸術祭典)はことしの夏も開催されています。遺跡の劇場、イロド・アティコス音楽堂で観世流シテ方能楽師・梅若六郎56世(2世梅若玄祥)率いる能舞台を鑑賞しました。
 毎年、幾つかの演目には足を運んでいますが、ことしはあまりの忙しさにすっかりフェスティバルのことを忘れていました。そんな中、ロンドンの知人がこの舞台のオランダ公演を観て、すごくよかったと薦めてくれたので、急遽、観に行くことにしたのですが、期待以上に素晴らしい舞台でした。
 この当代梅若六郎氏の父上も1965年にイロド・アティコス音楽堂で演じたことがあるそうです。 


ak 012.jpg

 
 アクロポリスの丘にあるイロド・アティコス音楽堂は見事な遺跡でありながら、いまもコンサートが開催される素晴らしい野外劇場です。161年建立、当時の大富豪イロド・アティコスが亡き妻の思い出にと、アテネにまるごと寄贈したという逸話があります。約 5000人以上収容の巨大な施設で、何度か修復はしているとはいえ、立派に機能し、いまを生きる私たちが観劇を楽しめるというのは素晴らしいことだと思います。
 本当に美しい遺跡で、それ自体がまるで舞台装置かのような錯覚を覚えます。同じ観劇でも普通の屋内劇場で見るより、舞台の芸術度が高まる気がします。2年前にオペラを観に行って 以来でしたが、何度訪れても特別な感慨をおぼえる劇場です。
 ロンドンの知人曰く、当初は3公演ほど行われる予定だったけれど、観客が集まらないことを危惧した主催者が1回にとどめたと聞いていたので、空いているのかなと思って出かけたら、1時間前に到着したのに、劇場の外には既に多くの人が詰め掛けていました。
 最近のアテネはとても暑い日が続いていて、夜になってもかなり蒸し暑かったですが、劇場には続々と観客が入ってきて、かなり上の方の席まで埋め尽くされていました。
 

daihannya 013.jpg


 いよいよ開幕。前から5列目というなかなかいい席。能は日本でけっこう鑑賞しましたが、演目によってはとても静的なので、欧米人に理解できるのかな、どんな反応なのかなとちょっと心配(?)でしたが、そこはやはり考えられたプログラムで、狂言は「三番三」。笛・小鼓・大鼓、独特の鈴の音、力強い掛け声に合わせ、勇壮な舞が繰り広げられました。五穀豊穣を祈願する舞なのだそうです。
 能は「大般若」。西遊記でもおなじみの三蔵法師が大般若経を求めて天竺を目指す旅にて、ある老人と出会います。この老人は三蔵法師の前途が困難な道のりであると言い、さらに三蔵法師が前世で7回(9回という説もあり)もこの地で命を落としていたことを告げます。しかしこの老人こそ三蔵の命を奪っていた深沙大王(沙悟浄という説、はたまた仏教守護神?という説もあり)で、今回こそは大般若経を与えると約束するというストーリー。
 当代梅若六郎氏は現代を代表するシテ方の一人として知られ、数多くの賞を受賞し、新作能に意欲的に取り組んでいる方だそう。なので今回の舞台も大スペクタクル(?)と言っていいような動きのあるものでした。
 

daihannya 018.jpg


 本当に暑い夜で、最初の頃はパンフレットなどでパタパタと仰いでいるギリシャ人の観客も多くいたのですが、次第に彼らも能舞台の世界に惹き込まれて、仰ぐのも忘れて集中しているのがわかりました。
 演じた方々のまとった衣装はとても美しくて見事なもの。でもかなり重いと思われる衣を着て激しい動きをしつつ、汗を全くかいている様子がないのはさすがだと思いました。
 最近忙しいし、毎日ストライキだしと、なんだか心が殺伐としていたのですが、この夜、遺跡の劇場で繰り広げられた非日常の世界にどっぷりとつかることができ、なんだか精神的に豊かになることができました。日本の能楽堂で観た時より感慨を覚えたくらい。それは西洋文化のゆりかごと言われる地の遺跡の中で、日本というギリシャから遥かなる地の伝統芸能によって、昔々の物語が蘇るというある種の奇跡を感じることができたからでしょう。1983年に梅若家によって上演されるまで550年間、演じられることがなかった演目だそうです。
 

daihannya 019.jpgdaihannya 023.jpg


 終わった瞬間、惜しみない拍手が送られ、ブラヴォーの声があちこちであがり、スタンディングオベーションをしているギリシャ人も多くいました。言葉がわからなくても、文化が全く違っていても伝わるものがあるのだということがわかりました。多くのギリシャ人が日本の伝統芸能に興味を持ち、劇場に詰めかけ、しっかりと鑑賞していたことにも嬉しくなった一夜でした。


 ★2010年のアテネ・エピダヴロスフェスティバルのサイトへはこちら から


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2010年6月20日
« 前の記事「ギリシャのお葬式で食べるものは?」へ
»次の記事「あの有名高級レストランのコースがひとり25ユーロ!」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    新アクロポリス博物館に行ってきました
    新アクロポリス博物館、ついにオープン!
    空中散歩の村 マクリニッツァ
    ピリオ山〜マクリニッツァへの旅

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/12/15更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集