海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > アテネの第一墓地はまるで博物館

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月20日

アテネの第一墓地はまるで博物館


メール プリント もっと見る

アテネの第一墓地はまるで博物館

 アテネの第一墓地は都心にありながら、緑に囲まれた広大な墓地です。名画「日曜はダメよ」の主演女優であり、パルテノン神殿から略奪されたエルギン・マーブルの返還運動 に力を注いだ政治家でもあったメリナ・メルクーリをはじめとし、多くの政治家や俳優など著名人の墓があり、お墓参りに来る人が後を絶ちません。見事な大理石の霊廟や、素晴らしい彫刻があることで知られており、まるで博物館のような墓地と言われています。


seme2.jpg

 
 以前から、この近く,に住むギリシャ人の友達に、第一墓地をリポートするべきだと言われていました。メトロのシングルー・フィックス駅から歩いて15分くらいですが、訪ねてみると緑の木陰も多い爽やかな場所で、まさに都会のオアシスです。アテネを何度も訪れているリピーターの旅行者で、主な観光地をほぼ制覇してしまった方などにおススメ。墓地の近くには老舗ジャズクラブ・ハーフノート があります。
 広大な敷地ですが、入るとすぐに目にとまるのは、現首相パパンドレウのお父さんアンドレアス・パパンドレウのお墓(画像右下)。今までギリシャの首相なんて日本で知られていなかったと思うのですが、今回一時帰国して、もう誰もがパパンドレウ首相を知っているのには笑えました。まああれだけギリシャ危機が報道されればそうなるでしょうね^^;彼や彼のお父さんはともかくとして、おじいさんにあたるゲオルギオス・パパンドレウさんは数々の英断を下した大政治家として知られています。
 左下の画像は以前べナキ博物館のカフェ の紹介の際に書いた綿花商人・べナキス一族の墓です。墓というよりはもうほとんど霊廟というか、家屋(?)のような造り。最高級の大理石でつくられており、べナキス家の財力のほどが伺えます。


seme.jpgseme1.jpg


 優れた彫刻として一番有名なのは、トップの画像&下の画像の「眠る少女の像」。この少女は18歳くらいで亡くなったのですが、資産家だった両親はそれを嘆き、彼女がただ眠っているだけだと信じたい一心で、当時、若くして才能ある彫刻家として知られていたヤヌーリス・ハレパス(1851〜1938)に依頼してつくらせたもの。この少女像は彼の作品の中でも最高傑作と言われ、ギリシャ国内はもちろん、芸術愛好家の間では、ヨーロッパ中で有名なのだそうです。
 少女の表情も柔らかで美しく、確かに亡くなったというよりは優雅に眠っているかのような雰囲気を漂わせています。実際に見ると衣服や寝具の質感などが見事にあらわされており、いつまでも見ていたいような気持ちになります。


seme3.jpgseme4.jpg


 ギリシャを代表する彫刻家のハレパスは大理石の採掘夫の息子としてティノス島に生まれました。アテネとドイツのミュンヘンで芸術を学び、若くして頭角を現しました。この少女像は彼が26歳の時の作品です。しかしその翌年、神経を患い、自分の作品を全て壊してしまうほど病状が悪化し、数年後にはコルフ島の精神病院に入院するまでになってしまいました。その後、母にティノス島に連れ戻されましたが、厳しい管理下に置かれてしまい、一切の創作活動を禁止されてしまいます。
 この状態は1916年に母親が亡くなるまで続きました。母亡き後、65歳になっていたハレパスでしたが、かなり長いブランクの後、再び創作活動を開始しました。母校のアテネの芸術学校やそこでの仲間たちが彼を支え、再び見事な作品を創り上げるようになり、数々の名誉ある賞も受賞しました。87歳で亡くなるまで精力的に創作に励み、最後の8年間はアテネで過ごしたといいます。創作期が若い時期と老いてからの2期に分断されていることでも珍しい彫刻家だと言われています。


seme5.jpg


 他にも美しい彫刻やお墓にしてはユーモアたっぷりの彫刻などたくさんあり、墓地を訪ねているというよりは彫刻の展覧会にきたような気分になるくらいです。下の画像は前述のメリナ・メルクーリの墓。入ってすぐの左手にありますが、入口の門の辺りにいるおじさんたちに聞けば、有名人のお墓をいろいろ教えてくれます。
 様々な大理石の彫刻を見ながら、ギリシャの近代史のひとコマを垣間見ることが出来るくらい、多くの著名人の墓があります。真夏は暑いけれど、午前中に訪ねれば緑の木陰や花々が咲き乱れる中で、散歩を楽しめるのではないでしょうか。春や秋はもっとおススメです。


seme6.jpgseme7.jpg


 さてここでトップの画像をもう一度、見てみてください。最高傑作なのですが、出来上がった際、ハレパスの若い弟子が「先生、素晴らしいけれど、少女はベッドで眠っているのでしょう?ひとつ間違いがあります」と言ったそうです。「間違い」というほどのことではないですが、依頼は亡くなったのではなく、眠っているだけ(生きている)の少女の像をつくってほしいという内容でした。そうなると確かに不自然な点があります。これは特につくり直されることはなく、そのままになっているのですが、何かお気づきになったでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年7月20日
« 前の記事「噂のエティハド航空で日本へ一時帰国」へ
»次の記事「パークホテル内の新しいイタリアンレストラン」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アテネの夜景が楽しめるレストラン
    ギリシャの夏はフィッシュタヴェルナ
    ギリシャのお土産 PART6 靴
    リカヴィトスの野外劇場へ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/19更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集