海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > パトモス島の休日 PART3 美しい離島めぐりへ

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年9月18日

パトモス島の休日 PART3 美しい離島めぐりへ


メール プリント もっと見る

パトモス島の休日 PART3 美しい離島めぐりへ

 パトモス島の港(スカラ)からは周囲にある無人島や、住民が100人以下の小島巡りのツアーがいろいろと出ています。定員が約30人くらいの中型船で島を訪ねていきます。これらの島は完全に手つかずの自然が残っていて、素晴らしいビーチが楽しめます。ギリシャの海はたいてい国旗に使われているようなコバルトブルーですが、この辺りの海水の色は鮮やかなセルリアンブルー!画像は最初に訪れたアスプロニシ(白い島の意)。


Patmos a1.jpg



 ツアーはスケジュールや所要時間などによって値段はまちまちです。あまりたくさんの島を巡るだけのものより、少数の島を訪ねて、眺めるだけではなく、泳ぐ時間をしっかりとってくれるものがよかったので、1日かけて4つの島をめぐるツアーにしました。
 朝の10時出発。最初の目的地、アスプロニシには約1時間で着きました。白い岩でできた無人島で、周囲の水はまさに澄み切ったアクアマリン!接岸できないので、島から少し離れたところに船を停めます。そして船のはしごから海に飛び込み(画像左下)、真っ白なビーチに向かって泳いでいきます。水は海の底まではっきり見えるほど澄みきっていますが、思ったほど冷たくなかったです。ただ船を停める位置にもよりますが、けっこう深さがあり、足はビーチの直前まで着きません。ビーチまでは30mくらいは泳いだので、泳ぎに自信のない人は船に残った方がいいかも。でも浮き輪やシュノーケル着用の人もいたので、それらを準備すれば大丈夫でしょう。


Patmos a2.jpgPatmos a7.jpg   

 
  
 波はとても穏やかなので、子どもからお年寄りまでほぼ全員が島まで泳いでいきました。船ではけっこう暑かったので、クリアな水で泳ぐことができてとても気持ちがよかったです♪
 沖から泳いでいくと、この島のビーチは真っ白に光り輝いています。直径20cmくらいの真っ白な楕円形の石が敷き詰められたようになっていますが、これも自然のなせる業。幾年も波に洗われて丸くなったようで、あまりにきれいなので持ち帰りたくなるのですが、禁止されています。なんとか隠して持って帰ろうとしていた男の子たちがいましたが、親や船長さんに怒られていました^^;
 海水の鮮やかなセルリアンブルーと白い石のコントラストが眩しいほどに美しい島でした。


Patmos a4.jpg
 

 
 次の目的地はテガナキァという島です(画像左下)。ここも接岸せず、船から直接海に飛び込んで海水浴を満喫!船からビーチまでかなり遠かったので、島までは泳がず、船の周りで遊泳しました。鮮やかなブルーの水の色が本当に美しくて、いつまでも泳いでいたくなりました。ここも足は着きませんが、とても穏やかな海で泳ぎやすかったです。
 3番目の島はアルキ(画像右下)。ここは港に船を停められるので、船長さんたちも休憩タイム。ここは無人島ではなくカフェや家も数軒ありました。小一時間、コーヒーブレイクや島を散歩したりして過ごしました。


Patmos a8.jpgPatmos a9.jpg


 最後に立ち寄った島はマラシ。ここにはランチタイム(ギリシャ時間=15時)に到着。船を降りたら2軒、タヴェルナがありますが、ホテルのオーナー・コスタスさんが美味しいとすすめてくれたのは奥側の店。海は見えませんが、大木が店のテラス部分を屋根のように覆い、爽やかな木蔭で新鮮な海の幸をたっぷりいただけます。アルキもそうでしたが、マラシも個人のヨットで来ている外国人観光客が多くいて、特にイタリア人が目立ちました。ロブスターがすごく新鮮!プリプリで甘みがあって美味しかったです。


Patmos a10.jpgPatmos a11.jpg

 

 港で見かけるツアーのほとんどは4つくらいの島を巡るもの。でもアスプロニシで話しをした他の船の乗客によると、時間配分があまり練られてなく泳いだりゆっくりできないものもあるようです。コスタスさんにおすすめのツアーを聞いておいてよかったと思いました。マラシではランチの後、海の見える方のタヴェルナでお茶をし、再び海水浴。砂浜で遠浅なので、リラックスして泳げました。
 

Patmos a12.jpgPatmos 188.jpg


 コスタスさん曰く、ひたすら島を訪ねまくるだけのツアーもあり、それだといくら景色がきれいでも退屈してくるでしょう。参加したツアーはアスプロニシとテガナキァで素晴らしい海水浴ができて、アルキでカフェ、マラシのフィッシュタヴェルナでランチという具合に変化がつけてあるのもよかったです。 それぞれの島での時間配分も慌しくなくほぼスケジュールどおりで、19時半にはパトモス島に帰り着くことができました。ひとり23ユーロ(カフェや食事は各自)。
 船はキャビンもありますが、デッキに出ていると絶叫マシーン並みに水をかぶります。また私はかなり揺れるのが楽しかったですけれど、船酔いをする人はやめた方がいいです。
 1日離島めぐりをするなら港で、「Daily Excursion  ΙΑΚΩΒΟΣ.Μ」と書いてある看板を探してみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2010年9月18日
« 前の記事「パトモス島の休日 PART2 リュクスなホテルとグリコスのビーチ」へ
»次の記事「パトモス島の休日 PART4 各地の素晴らしいビーチ」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ナフプリオの休日 PART2
    ナフプリオの休日 PART1
    ギリシャの新型インフルエンザ続報
    メトロ空港線復活!

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/24更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集