海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > ヘレニック・モーター・ミュージアム

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月31日

ヘレニック・モーター・ミュージアム


メール プリント もっと見る

ヘレニック・モーター・ミュージアム

 3月2日、テオドロス・ハラギオニス氏の貴重なカーコレクションを一堂に展示した「ヘレニック・モーター・ミュージアム」が開館しました。国立考古学博物館の近くです。19世紀末、20世紀初頭の古く希少な車両が豊富に展示されています。
 マセラッティ、ロールスロイス、メルセデス、フェラーリなど、主にヨーロッパの歴史あるメーカーの素晴らしいコレクションが、一堂に集められた見ごたえのある博物館です。
 俳優ポール・ニューマンが所有していたメルセデスSLや、レッド・ツェッペリンのヴォーカリスト、ロバート・プラントが所有していたクライスラー・インペリアルなども展示されています。


zzz 190.jpg


 博物館の展示面積は30,000㎡。アシニアン・キャピタル・ショッピングモールの3Fから5Fが博物館スペース。地下にパーキングや、カフェ、ミュージアム・ショップ(3F)もあります。パーキングのエリアまで、スパ、モナコ、シルバーストーンなどと名づけられており、オーナーのクルマ好きがよくわかります。彼自身、カーレースに参加していたそうです。
 4Fが博物館の入口。入館料は大人8ユーロで、子供、学生、シニア割引などがあります。4Fのコレクションの半分のスペースを見たら、エレベーターで5Fへ。このフロアの展示車を全て見て、再び4Fに降り、残り半分のスペースを見学。そして3Fに降り、フロア全てを見ると、ミュージアムショップやカフェ、出口に抜けるという巡回路になっています。階段、エスカレーターもあり、トイレは3Fと4Fにあります。3FにはF1シュミレーター(火~金12~20、土日10~20時)もあります。  


zzz 293.jpgzzz 180.jpg


 

 全部で約300台のコレクションですが、シーズン毎に展示する車両を入れ替えていくそうです。往年の銀幕スターが乗車したクルマなども。下の画像はAmerican La France 1918年製。メルセデスのつくった初期モデルを、当時のアメリカの税制の爆発的な引き上げを考慮して、アメリカの会社で製作したものだそう。俳優ジャック・レモンが映画の中で乗車したクルマ。とても優雅なデザインです。


zzz 196.jpg


 

 続いて、アメリカのNash Open Tourer(1926年)。オレンジと白のカラーコンビネーションも見事。タイヤまでオレンジが効いていてお洒落。4Fは、19世紀末や20世紀前半に生産されたクルマのコレクションがメインです。


   
zzz 201.jpg


 下の画像は、イギリスのBristol 405 Saloon。1955年製。ブリストルは元々、飛行機のメーカーでしたが、次第にクルマをつくるようになり、このモデルは53~58年にかけてつくられたもの。クルマの内部のシートや計器もすごく精密にできていて、しかもスタイリッシュです。


zzz 261.jpg


 

 ドイツのMercedes Benz 300 SL Gullwing。1955年製。美しい曲線のデザインに見とれ、ずっと眺めていたくなります。これが俳優ポール・ニューマンの所有していたもの。


zzz 236.jpg


 

 イギリスのJaguar E-type Fixed Head Coupe 1964年製。全てのジャガーの中で最も美しく、有名なモデルのひとつ。


zzz 269.jpg


イタリアのDino 246 GTS。1974年製。エンツォ・フェラーリの若くして逝った息子ディノの名をとってつくられ、これは全てのディノの中で、とても人気のあるモデル。

zzz 285.jpg


 他にも素晴らしいコレクションがいっぱい。このような博物館はどこでも郊外にあることが多いですが、都心にあるというのも訪ねやすいです。オーナーのテオドロスさんも、アテネの中心地に展示して多くの人にみてもらいたいという気持ちがあったと述べています。オープンして数日後に行きましたが、外国から来ていた人もいました。また小さな男の子も多かったです。皆、とても興奮していました^^ カーマニアには必見のスポットです。


★ ヘレニック・モーター・ミュージアム


住所 : Ιουλιανού 33 - 35 & Γ' Σεπτεμβριου 78 
     (イウリアヌー33−35 & トゥリティス セプテンヴリウ78)
      最寄り駅 イサプ「ヴィクトリア」駅、メトロ「オモニア」駅


TEL : 210 7279 918


開館時間 : 火~金12~20時、土10~20時、日10~18時 月曜休館

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年3月31日
« 前の記事「東北関東大震災 ギリシャより祈りをこめて」へ
»次の記事「ギリシャの花粉事情 ~春はアレルギーの季節~」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    独立記念日とプラカの老舗タヴェルナ
    ギリシャの春、体調管理にご用心
    彩り鮮やかフルコースがさっぱり食べれるレストラン
    ギリシャのストライキ続報

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/21更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集