海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > リヨンで過ごした復活祭の休日 PART2

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年4月30日

リヨンで過ごした復活祭の休日 PART2


メール プリント もっと見る

リヨンで過ごした復活祭の休日 PART2


 リヨンの旅の続編です。画像は市内のほとんどの場所から眺めることができるフルヴィエールの丘。頂上にはノートルダム大聖堂(ノートルダム・ド・フルヴィエール)があり、その近くにはフランスで最大級の古代ローマ劇場の遺跡があります。

lyon 2-1.jpg


フルヴィエールのノートルダム大聖堂はリヨンのシンボル的建築物。聖母マリアを祀っています。 見晴らしのよいケーブルカーなどで丘に登っていくことができます。

lyon 2-2.jpg

 


 ペストがアルプスより北の欧州で大流行した際、この疫病がリヨンには及びませんでした。リヨンの人々はフルヴィエールのマリア像に祈ったおかげだとし、聖母マリアに感謝して教会堂が建てられたということです。 毎年12月8日、リヨンは街中がイルミネーションで彩られる「光の祭典」がありますが、聖母マリアに街の救済を感謝して、街中の家々がキャンドルを灯したことに因むそうです。

lyon 2-3.jpg

 
 大聖堂の裏にある展望スペースからの素晴らしい眺め。リヨン市街を一望できます。お天気もよく、初夏らしい爽やかな気候で、本当に清々しい気持ちになりました。


lyon 2-4.jpg


 リヨンの市庁舎。なんとも壮麗な建物です。内部も見事な装飾が凝らされていて、かなり豪華。市庁舎の前はテロー広場で、自由の女神像の作者として有名なフレデリク・バルトルディ作の噴水があります。すぐ傍にリヨン美術館もあり、辺りは見所がたくさん。


lyon 2-5.jpg


 ベルクール広場(画像左下)は1715年に整備された、ヨーロッパで最も大きな広場のひとつ。かなり広大で、中央の像はルイ14世です。写真を撮り忘れてしまいましたが、広場の南西、道路を挟んで西側に『星の王子さま』の王子と作者のサン・テグジュペリの像があります。リヨンの空港の名前にもなっていますが、サン・テグジュペリはリヨンの生まれ。近くには彼が生まれたアパルトマンもあるそうです。
 右下はサン・ニジエ教会。14世紀から15世紀にかけて建設され、光の祭典の際はとてもきれいにライトアップされるそうです。


lyon 2-6.jpglyon 2-7.jpg


 
 リヨンの街角の至る所に見られる騙し絵。右下は図書館。貴重な蔵書の絵が壁に描かれています。左下の建物は、バルコニーにサン・テグジュペリやジュリエット・レカミエなど、リヨンゆかりの歴史的人物がたたずむ様子なども描かれています。

lyon 2-8.jpglyon2-9.jpg

 


 左下はバスを待っている際に見つけたさりげない騙し絵。壁に絵を描いている男性も描かれたもの。このようなユーモア溢れるものから、様々な歴史的由来のあるものまで、たくさんの騙し絵が市内に点在しています。
 
 他にも、絹と織物の街として栄えたリヨンの歴史を紹介する織物装飾芸術博物館は興味深かったです。2千年に渡る世界の織物の歴史を辿っています。優雅なレースや刺繍、縁飾り、コスチュームなども豊富。ルイ15世の愛妾だったポンパドゥール夫人のドレス、マリー・アントワネットのドレス仕立人が手がけた舞踊会のドレス、皇后ジョゼフィーヌのドレスまで、華やかで見ごたえのある作品が揃っていました。

 


lyon2-10.jpglyon 2-11.jpg

 
 

 他にもたくさん見所があるのですが、紹介しきれなかった情報は、そのうちに旅のクチコミコーナーでも書いていこうと思っています。現在、旅のクチコミコーナーでは、世界の観光地や航空会社の写真付クチコミ1投稿につき100円を、地球の歩き方 旅スケより、東北地方太平洋沖地震の被災地に向けて、日本赤十字社に寄付する募金活動を行っています。詳しくはコチラ

 


 リヨンには合計4泊しましたが、最終日は名残惜しく、いつまでも橋の上から美しい街並みを眺めていたくなりました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2011年4月30日
« 前の記事「リヨンで過ごした復活祭の休日 PART1」へ
»次の記事「ジュネーブで過ごした復活祭の休日」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ギリシャ財政危機雑考
    アイスランド火山噴火の影響 アテネの国際空港はオープン
    ギリシャではどんな女性がモテる?
    マレシナ半島で過ごしたパスハ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/23更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集