海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > 映画界の巨匠 テオ・アンゲロプロス氏、急逝

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年1月25日

映画界の巨匠 テオ・アンゲロプロス氏、急逝


メール プリント もっと見る

映画界の巨匠 テオ・アンゲロプロス氏、急逝


 1月24日、世界的巨匠として知られる映画監督テオ・アンゲロプロス氏が交通事故に遭い、76歳で亡くなりました。「永遠と一日」でカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞など、数々の世界的な映画賞に輝いたアンゲロプロス監督、高齢ではありましたが、ギリシャと欧州の債務危機をテーマにした新作「Η άλλη θάλασσα」(The Other Sea)を撮影している最中でした。
 昨日19時ごろ、アテネより約12Kmほどのピレウス郊外、短いトンネルがある路上でバイクにはねられ、頭部や内臓を強打。救急車で公立病院に搬送され、その後私立病院に移送、懸命の救命治療が行われましたが、脳や脾臓に大きなダメージがあり、帰らぬ人となってしまいました。今朝の現地新聞の大半がこのニュースをトップ記事として報道しました。


Teo 134.jpg


 監督はアテネ生まれ、アテネ大学卒業後、フランスの国立高等映画学院などで学んだので、昨夜、事故死が報道されると、彼が学んだフランスをはじめイタリアなど他の欧州国でも、瞬く間に多くの関連記事がアップされました。ギリシャ政府も公式に彼の死を悼む声明を発表しました。

 いわゆる長回しやどんよりと曇った天気の中での撮影が特徴的で、難解さを指摘されることもありますが、「旅芸人の記録」、「アレクサンダー大王」、「ユリシーズの瞳」等、どれも世界的な映画賞を受賞しています。生涯において15の長編作品を撮り、撮影中の映画は16本目となる予定でした。
 近年、製作された3部作の第1部「エレニの旅」のプロモーションで来日したこともあり、09年にベルリン映画祭で公開された第2部「第三の翼」は、日本公開が決まっているそうです。この3部にあたる映画が未完となったわけです。
 昨夜、ツイッターでこの悲しい知らせを書いたところ、数え切れないほどのレスがきて、日本にも多くのファンの方々がいらっしゃるのだなと改めて残念に思いました。彼の突然の死を驚き悼むとともに、「撮影中の映画は誰かが引き継ぐのでしょうか」という質問が多かったのですが、まだ詳しいことはわかっていません。続報があればお知らせしていきます。
 
 新作のストーリーは、欧州危機がテーマと前述しましたが、時代背景は現代ではないものの、ある父と娘の姿を通して、ギリシャの倫理的な危機を描こうとしていたそうです。父は旧態依然としたシステムの中で、経済危機の原因をつくった側、娘はそれによって苦境に陥っている若い世代の側のシンボルとして...。いまも世界の注目を浴び続けているギリシャ危機を、ギリシャ人の世界的な映画監督がギリシャの内から発信することを待ち望んでいました。交通事故死というのが、本当に残念でなりません。


ttoa 371.jpg


 

 上の画像は義理の両親が夏を過ごすサマーハウスの前の海とビーチに続く小道です。アンゲロプロス監督のサマーハウスは近所で、義母はよくビーチで監督と世間話をしたりしていました。巨匠なのに気さくな方で、私も挨拶や短い会話を交わしたことがあります。黒澤明監督とも親交があったようです。
 監督の家から、うちのサマーハウスの庭を通ってビーチに行くと近道だったようで、勝手に敷地に入って庭を歩いていくので、下の階のおばあちゃんが文句を言うため彼の名前を叫ぶと、お茶目な笑顔を浮かべながら、急ぎ足で海に抜けていったものです(笑)。しかしもうその後姿を見ることはないのだなと思うと、悲しさがこみあげてきます。心からご冥福をお祈りいたします。
 
【追記①】テッサロニキ国際映画祭は次回より、テオ・アンゲロプロスの名を冠した賞を設けることを決定しました。


【追記②】2月2日のザ・プライムショー のニュースコーナーで、アンゲロプロス監督のことをとりあげるそうで、亡くなった後のギリシャ国内の反応や、遺作の行方などについてリサーチを担当、数年前、短い会話を交わした時の様子などについて少しだけお話もする予定です。
 


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2012年1月25日
« 前の記事「エレクトラ パレス ホテルのルーフトップレストラン」へ
»次の記事「日本料理店 大和(YAMATO FURIN KAZAN)オープン!」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    公共交通機関の値上げ
    アセンズ メトロ モール (Athens Metro Mall)へ
    風邪に効く飲み物、食べ物
    トルコ航空で一時帰国

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/19更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集