海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > レロス島の休日 PART1

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月24日

レロス島の休日 PART1


メール プリント もっと見る

レロス島の休日 PART1


 そろそろギリシャの観光がオンシーズンを迎えるので、今回は昨年9月に訪れたレロス島をご紹介しようと思います。ブログをお休みしていた間でしたが、1週間滞在し素敵な休日を過ごしました。何度かに分けて旅行記を綴っていきたいと思います。
 レロス島はドデカニサ諸島の中のひとつ、小さな島で、良質な海綿(天然スポンジ)採りで有名なカリムノス島の隣に位置します。


leros 119.jpg

 


 小さな島ですが空港があります。空港自体は滑走路とちょっとした施設しかなく、とても小さなものでした。アテネから約1時間のフライト。満席でしたが、約70人乗りくらいの小さな飛行機でした。
 ドデカニサ諸島には、対トルコの防衛拠点として大きな軍事基地がありますが、この島にも大規模な軍の施設があります。またレロス島は古代から軍用港の役割を持ち、第2次世界大戦中もイタリア軍が重要な軍事拠点として利用していました。


leros 009.jpgleros 010.jpg

 


  空港のあるパルセニからレンタカーを借り、宿泊ホテルのあるクリソニへ。「Crithonis Paradice」というホテルに宿泊。プールからジャグジー施設、幾つかのレストランやバーなどを兼ね備えた比較的大型のホテルでした。宿泊客はドイツや北欧からの観光客が多かったです。朝食のブッフェなども充実してました。


leros 055.jpg


 古代、レロス島には女神アルテミスの神殿があったそうです。レロス島の周辺には幾つかの小島がありますが、そのひとつファルマコ島には、共和制ローマ期の政治家、軍人のシーザー(カエサル)が海賊にとらえられて、約40日拘束されていたという話もあります。
 東ローマ帝国時代の11世紀に建てられたお城が遺されています。お城の近くまで車で登れますが、中はけっこう広く、風が強い中で昇ったり降りたり、かなりいい運動になります。レロス島を見渡せる絶好のスポットで、素晴らしい景色が眼下に広がります。トップの画像はここからの眺めです。
  


leros 123.jpgleros 131.jpg


 運動した後は待望のランチタイム。レロス島の有名なプサロタヴェルナ(フィッシュタヴェルナ)の「オ ソトス」 へ。ドゥリモナスにあります。店自体はいかにも島の古いタヴェルナという雰囲気で、高級感はありませんが、とても評判の店なので、レロス島を訪れる国内外の有名人も必ず立ち寄るとか。オーナーシェフのソトスさんはいたって素朴なおじさんで、上半身裸で店内をふらふらしています(笑)。「どんな有名人がきたってこの格好で挨拶するよ」とソトスさん(画像右下)。


leros 216.jpgleros 214.jpg


 店の前のに設置してある魚を採るカゴ網を見せてくれました。新鮮なお魚がたくさん入っています。とにかく新鮮な海の幸をシンプルに調理することがモットーだそうです。美味しくて滞在中は何度も通ってしまいました。


leros 213.jpgleros 212.jpg


 その場で割られた新鮮なウニにレモンを少し絞っていただきます。パンにのせて食べたりもします。お寿司で食べる日本のウニも美味しいですが、ギリシャのウニも美味しいです。


leros 107.jpg


 カニの身がぎっしりのサラダ。特製のマヨネーズベースのソースと合っていてすごく美味、行くたびにオーダーしました。トマトや玉ねぎなどの野菜は、地元の契約農家から仕入れられており、味が濃くて美味しかったです。


leros 108.jpg


 小エビのフライもプリプリでいくらでも食べれるかんじでした。貝類はいろいろと種類が豊富に取り揃えられ、毎回違うものを出していただきました。右下の画像はピナという大型の貝。貝殻はゆうに50cmはありました。身は牡蠣のような味でしたが、もっと濃い味わいでした。


leros 109.jpgleros 201.jpg


 次回はレロス島の素晴らしいビーチや、他のレストラン情報などをご紹介しようと思います。
明日25日は独立記念日で祝日ですが、サマータイムに切り替わる日でもあります。明日から10月の最終日曜日まで、日本とギリシャの時差は6時間になります。


 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2012年3月24日
« 前の記事「カラオケあり!ブッフェの美味しい中華料理レストラン」へ
»次の記事「シンタグマのインド料理レストラン」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヘレニック・モーター・ミュージアム
    東北関東大震災 ギリシャより祈りをこめて
    ことしの聖灰月曜日
    カーニバルシーズンいよいよクライマックス!

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/19更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集