海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > 2012年ギリシャの復活祭

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年4月16日

2012年ギリシャの復活祭


メール プリント もっと見る

2012年ギリシャの復活祭


 毎年日付が変動しますが、ことし2012年は西方教会より1週間遅い4月15日がギリシャ正教の復活祭(パスハ)でした。ギリシャにおける最大の宗教行事です。今までも何度かその様子はご紹介しましたが、ここ数年、復活祭にはギリシャにいなかったので、ことしは久々にギリシャの復活祭らしい週末を過ごしました。復活祭直前の聖なる1週間は普段、教会へ行かない人も毎日のように教会へ出かけます。テレビをつけても宗教色の強い番組の放映が多くなり、厳かな雰囲気になってしまうほどです。政教分離の日本の感覚からすると驚くほど、国全体の行事がギリシャ正教と密接に関わっていることを実感します。


2012 paska 006.jpg


 
 4月13日は聖大金曜日(メガリ・パラスケヴィ)。十字架にかけられ亡くなったキリストが棺に納められ埋葬された日でキリストの葬儀なので、悲しむべき日です。キリストの棺を模した四角いテーブルのような形の枠に花をびっしりと飾って祈りを捧げます。これを「エピタフィオス」と呼び、夜になると更に多くの人が集まり、エピタフィオスを担いで辺りを練り歩きます(下の画像)。近所のアギア・パラスケヴィ教会へ行きました。アテネ周辺でも指折りの美しい教会と言われています。海軍の吹奏楽団がきていました。


 

2012 pasha 028.jpg 


 キリストの復活は日曜日なので、土曜日の夜から日付の変わる瞬間を目指し、キリストの復活を祝うため老若男女、教会へと向かいます。人々が教会の前に集まる中、23時45分、司祭が聖火を灯して教会内から出てきます。皆キャンドルを持っていくので、次々にとなりの人から人へ火を移していきます。あっという間に全員の手に聖火のキャンドルが灯された状態に。
 そして日付が変わった瞬間、、「フロニャ ポラ!(おめでとう)」、「フリストス アネスティ!(キリスト復活)」と言いながら祝福し合います。花火も盛大に打ち上げられ、すっかりお祝いムードとなります。ヒオス島の打ち上げ花火戦争は有名です。
 キャンドルに灯した聖火は家に消えないように大切に持ち帰り、玄関の前でドアの上の部分に十字をを3度描きます。ことしは風が強かったので火が消えてしまい、何度も道行く人同士が再び灯しあうという光景が見られました。


pas 013.jpg


 この日は節食期間が終わる日となります。教会から帰ると、羊のレバーや腸、ハーブ、お米などをコトコトと長い間煮込んだマギリッツアというスープを食べるのが習慣。とても胃にやさしく滋味に溢れた味がします。好き嫌いが分かれる味ですが、私はけっこう好きです。

FOOD 048.jpg


 赤く染めたゆで卵をお互いに手に持って軽くぶつけて割ってから食べます。イースターエッグはいろいろな色に染めたり絵を描いたりしますが、ギリシャでは赤がメイン。お父上が司祭の友人に聞いたことがありますが、ギリシャ正教においてはキリストの血を意味するとか、キリスト復活後、彼を迫害した人々に対して使徒が放った言葉に由来しているとか、諸説あるようです。


2012 pasha 018.jpg

 

 復活祭当日はサマーハウスのあるマティ(アテネから約25km)へ行くことになりました。ラムの丸焼きを食べるのが代表的な食習慣ですが、ラム肉を解体したものをオーブンで焼いたりして食べることも多いです。ココレッツィと呼ばれる羊の臓物を串に巻き付けて焼く料理も有名です(下の画像)。香ばしくちょっとほろ苦い味がして美味しいです。ココレッツィだけは近くのプシスタリア(肉料理専門タヴェルナ)の「ヴァシリス」で調達。受け取りにいった午前中から、店内や外のテラス席もラムを焼く煙でもうもうしていました。ご主人のヴァシリスさんは90歳近いと思いますが、当日は気合が入っており、ココレッツィの焼き加減を見張っていました。


2012 pasha 084.jpg2012 pasha 059.jpg


 復活祭の日はいいお天気で、青い空、青い海がきれいでした。海辺で遊んでいる子供たちがたくさんいましたが、早々に泳いでいる人もいました。陽射しは強いのですが、まだ水温はかなり低いと思うのだけれど...^^; 澄み切った水面を眺めながらのカフェタイムは清々しかったです。

Mati  Sunion 021.jpg2012 pasha 076.jpg


 例年、旅行や帰省など、多くのギリシャ人がアテネから脱出する復活祭の休日ですが、ことしは移動する人々が前年比40%も減ったそうです。経済危機に伴う収入の激減も原因ですが、ガソリンの価格の急騰も大きいと思われます。先日ガソリンスタンドに行った際は、1リットルあたり1.85ユーロ。2ユーロ近いスタンドも増えています。
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年4月16日
« 前の記事「メトロポリタンホテル内の新しいレストラン」へ
»次の記事「レロス島の休日 PART2」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    リヨンで過ごした復活祭の休日 PART2
    リヨンで過ごした復活祭の休日 PART1
    オナシス財団 文学芸術センター
    ギリシャの花粉事情 ~春はアレルギーの季節~

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/19更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集