海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > オナシス財団 文学芸術センターでのコンサート

ギリシア/アテネ特派員ブログ 旧特派員 有馬 めぐむ

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月31日

オナシス財団 文学芸術センターでのコンサート


メール プリント もっと見る

オナシス財団 文学芸術センターでのコンサート


 オナシス財団の文学芸術センターの大ホールで行われたコンサートに行ってきました。センターの外観はとてもモダンなデザイン。ガラス張りのビルですが、周りに張り巡らされているのは大理石です。大ホール(880名収容)、小ホール(220名収容)、シアター、アート、舞踊、文学、デザインのための展覧会スペースなどがあり、総面積は18000㎡です。


zzz 087.jpg


 ギリシャ人ピアニスト、ヴァシリス・ツァブロプロス氏とカメラータ管弦楽団のコンサートに行ってきました。20世紀最大の海運王、アリストテレス・オナシスの巨額財産の一部が引き継がれたオナシス財団は、芸術文化への経済的援助、奨学金制度、病院の建設などを行っており、この文学・芸術センターもそのひとつです。
 このコンサートもそうでしたが、オナシス財団が後援をしているため、他のコンサートホールに比べ、ハイクオリティなコンサートもかなりお値打ちに聴くことができます。


onasis center 004.jpg


 ヴァシリス・ツァブロプロスさんはヨーロッパでは最高峰、世界でもベストピアニストのひとりという評価を受けています。ニューヨーク・タイムズや仏ルモンド紙などでも絶賛され「キース・ジャレットに次ぐ最高のピアニスト」だと書かれたこともあります。
 クラシック、ジャズ、モダン音楽と垣根なく弾きこなし、多くの名オーケストラ、名指揮者と共演。2000年にECMRecordsに世界で最も優れたピアニストのひとりとして選ばれ、所属することになりました。
 初アルバム「Achirana」は高い評価を受け、ヨーロッパのみならずアメリカはニューヨーク、ワシントン、ボストンなどでの公演は大盛況だったということです。04〜06年はヨーロッパとロシアで公演。アルバム 「Chants, Hymns and Dances」は'ニューヨークのビルボードでトップ10に長い間、ランクインしました。

onasis center 010.jpg


 彼の演奏はCDもいいのですが、やっぱりライブで聴くのが素晴らしいです。今回のコンサートはカメラータとの共演ですが、全てツァブロプロスさんプレゼンツ。最初の数曲はカメラータの演奏で、彼自身が指揮者を務めました。次はピアノを中央に運び、弾きながら指揮も。オーケストラも彼も自由に演奏を楽しんでいるようでした。
 ピアノソロの演奏は聴くたびに思うのですが、ダイナミックな音の洪水...。オーケストラとの共演の後でも、同じくらいの迫力がありました。特に「マスケス(仮面)」という曲はクラシックやジャズの要素が見事に融合し、素晴らしいパフォーマンスで拍手が鳴り止みませんでした。過去のアルバム「Promise」からも何曲かアレンジしたものを演奏。溢れ出すようなピアノのメロディーに全身が包まれました。ここ数週間、忙しくて精神的にも殺伐としていましたが^^; 本当に心が洗われたように感じました。


onasis center 002.jpg


 独特のユーモアもある人で、「クラシックの音楽家ってあまり笑わないし、話さないけど、今日は話したいから話してもいいかな」とか「クラシックって皆、黒い服着てるから今日は真っ白なスーツにしてみたよ」と曲の合間に語り、皆、トークにも惹きこまれていました^^
 大ホールはほぼ満員でしたが、それはこのコンサートのレベルからは信じられないほどお値打ちな値段設定もあったでしょう。一番高い席で32ユーロ、続いて25ユーロ、私は前から2列目の席だったのですが、なんと10ユーロでした。「深刻な経済危機だけれど、オナシス財団による後援が大きく、このようなコンサートを開催することができて本当に感謝している」とツァブロプロスさんも語っていました。


★オナシス財団 文学芸術センターのホームページへはコチラ から。英語サイトあり。コンサートのプログラムなども見ることができます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2012年5月31日
« 前の記事「レロス島の休日 PART4」へ
»次の記事「1万円前後で泊まれるおすすめホテル」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    バルコニーで過ごす季節
    パークホテルのルーフトップレストランがリニューアルオープン
    アクロポリスを眺めながらホテルのお値打ちランチを
    ジュネーブで過ごした復活祭の休日

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/8/16更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      有馬 めぐむ
      アテネ在住ライター。ギリシャ政治経済、社会事情、観光情報などを日本の新聞、雑誌、ウェブサイトに執筆。たまにラジオ出演も。共著に『お手本の国のウソ』(新潮社)、『世界が感嘆する日本人』、『世界で広がる脱原発』(共に宝島社・原稿提供)。こちらのサイトでは、主にギリシャ国内の旅行や、アテネのイベント、レストラン情報などをお伝えしています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集