海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > No 2. You must visit Athe...

ギリシア/アテネ特派員ブログ Yuri Inoue (井上 友里)

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月19日

No 2. You must visit Athens! - ギリシャ的『ゆるキャラ』、『カラギョジス 』"Karagiotzis''


メール プリント もっと見る

No 2. You must visit Athens! - ギリシャ的『ゆるキャラ』、『カラギョジス ...

ヤーサス!皆さん、今日は。
近年、キャラクター王国日本では『フナッシー』等 の可愛らしい『ゆるキャラ』が人気を博していますが、こちらにもそんなギリシャ風『ゆるキャラ』が存在します。それがこの『カラギョジス』 "Karagiotzis"です!



えっ?あまり可愛くないって? (TT)
でもこのキッチュさが以外と可愛くて、ハマる人はハマってしまうのです。

私とカラギョジスとの最初の出会いはプラカのお土産やさんでした。





写真のプラスチック製の人形はその時一目惚れしてゲットしたものです。もう随分前の話になりますが。


他にもこんなグッズを購入しました。



スーパーで購入したマッチのコレクョン。



モナスティラキのお土産屋さんで見つけたマグネット。



ギリシャでは雑誌や新聞に『おまけ』がついていることが多いのですが、写真のカラギョジスのCD とDVDのセットはあるTV雑誌が企画した『おまけ』の一つで、当時毎週近所のキオスクに走り、数ヶ月かけて全シリーズ集めました。もちろん非売品です。




本屋のレジ横で偶然発見して買ってしまった可愛らしいブックレット。

 
さてさて、このカラギョジス "Karagiotzis"とは古くからギリシャの大衆芸能として親しまれてきた影絵芝居に登場するメインキャラクターです。カラギョジスの起源に関しては様々な説がありますが、18世紀にイドラ島出身のギリシャ人、ヤニス・マヴロマティス(Giannis Mavromatis)が当時中国で生活の為に独自の影絵芝居を創作し、その後永住目的でトルコに渡った彼が影絵の主人公に自らの姓を与え、トルコ語に翻訳したものが"Karagiotzis"。その意味は「黒い瞳を持つ人」です。その後ヤニス・マヴロマティス(Giannis Mavromatis)はトルコで永眠したのですが、その弟子のヤニス・バラハリス(Giannis Barachalis)が18世紀半ば頃故郷ギリシャに戻り、カラギョジス"Karagiotzis"を本国に伝えたそうです。

 カラギョジスは現代に至る迄様々なカラギョジョペクテス(Karagiotzopektes)(カラギョジスアーティスト)が独自に作った手足の動く木製の人形と多種多様なシナリオで上演されて来ましたが、大衆の視点で描かれたコミカルで風刺の効いたストーリーとキャラクター達の独特な動きは子供達はもちろん、大人も魅了して止みません。今でも劇場や映画館、地元の小学校や公園でも定期的に上演されています。

こちらは近所の小学校付近の電柱に貼られたカラギョジスの上演告知ポスターです。ちなみに上演後もポスターはそのまま貼りっぱなしという光景はギリシャでは珍しくないです。



 ギリシャの影絵芝居の主人公カラギョジス "Karagiotzis"は浮浪者のような身なりをしたチビでブサイク、食べる事もままならない超貧乏人。その日その日をどうやって生き延びるかが彼の日課。そんな苦しい生活をしているものの、常に能天気で好奇心旺盛、またあらゆる社会的権力への従属や義務の遂行を拒み、自由で楽観的で柔軟な思想を持っています。そして貧困の中で培った生きる術「ずる賢さ」を持つ反面、心はまるで幼い子供のように純真無垢というようなとてもとても愛くるしい人物像なのです。彼は影絵芝居においては典型的な労働階級のギリシャ人の象徴とされていますが、苦境に置かれてもプライドを持って生きていこうとする姿は現代のギリシャ人に投影されているように思えてなりません。

 アテネ市内にはカラギョジス "Karagiotzis"の資料を扱っている博物館があります。
ひとつはプラカにあるMuseum of Greek Folk Art http://www.melt.gr/en/




もうひとつはアテネ市中心部から少し離れているのですがMaroussi市にあるSpathario Museum of Shadow Theater Municipality of Maroussi http://www.karagiozismuseum.gr/en/index.htm です。こちらはギリシャで最も有名なカラギョジョペクテス(Karagiotzopektes)の一人とされている故エフゲニオス・スパサリオス(Eugenios Spatharios)の記念館になります。

彼の作品はYoutubeでも見られますのでギリシャ・シャドー・シアターの雰囲気を味わいたい方はぜひこちらからご覧下さい。



タイトルはカラギョジス・グラマティコス"Karagiotzis Grammatikos"(カラギョジス / 代筆家の巻き)。
カラギョジス・シリーズの中でも傑作中の傑作です。

< あらすじ >

カラギョジスの悪友ハジアヴァティスはオスマントルコ軍事司令官パシャにある仕事を依頼されます。
その仕事とは文字の書けない市民達の手紙の代筆でした。月給は金貨4枚という高収入。お金欲しさに仕事を引き受けたハジアヴァティスでしたが、実のところ文字の読み書きができません。どうしたら良いものか試行錯誤しているといつものように好奇心の塊、カラギョジスが登場します。ハジアヴァティスから一連の事情を聞いたカラギョジスは、文字の読み書きが出来るから代筆の仕事を手伝うと申し出ました。ハジアヴァティスは大喜びで言いました。「さっそく、明日から教会の前で市民の手紙の代筆をしてくれ。俺は客引きに出るから。」と。翌日、教会の前の広場に仕事場を構えたカラギョジスのもとへ一人、二人と客がやってきました。手紙はもちろん、文字など習ったことのないカラギョジスでしたが、もっともらしい代筆家を演じ、なんとかその場をしのぎます。しかしながら、カラギョジスの叔父、バルバ・ヨルゴスの目を欺くことはできませんでした。詐欺を働いたことがバレてしまい、カラギョジョジスとハジアヴァティスはいつものようにバルバ・ヨルゴスに滅多滅多に殴られます。ハジアヴァティスはカラギョジスに問いかけます。「で、これからどうしよう?」するとカラギョジスは「また明日からやり直せばいいよ!」と能天気に答えるのでした。

おしまい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2015年3月19日
« 前の記事「ご挨拶 / You must visit ATHENS! - アテネ南地区グリファダ (GLYFADA)...」へ
»次の記事「No 4. You must visit Athens! - アテネっ子御用達。セントラル・マーケットの...」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/10/24更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • アテネ特派員

      アテネ特派員
      Yuri Inoue (井上 友里)
      東京都葛飾区出身
      多摩美術大学美術学部芸術学科卒業
      ギリシャ人との結婚を機に2005年よりギリシャ・アテネ在住。
      現在は日本語教師としてアテネ市内の語学学校に在籍する傍ら、フリーランスでギリシャ語・日本語の翻訳、通訳業に携わる。
      個人及び少人数グループへのアテネ市内観光案内、旅行中のサポート等も承りますのでご興味のある方はお気軽にご相談ください。
      ご連絡はこちらから。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集