海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アテネ特派員ブログ > No 16. You must visit Ath...

ギリシア/アテネ特派員ブログ Yuri Inoue (井上 友里)

ギリシア・アテネ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月 1日

No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"


メール プリント もっと見る

No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんの...

ヤーサス! 皆さん今日は!

前回に引き続きカリムノス島でのお話です。

カリムノス島の人口はドデカニサ諸島の中ではロドス、コス島に次ぐ約16,000人。

しかしながら、近年のギリシャ経済危機の影響で島の経済も悪化し、多くの事業や商店もクローズ・ダウン。

海外へ職を求めて島を発って行く若者も少なくありません。

そんな中でも生まれ育った島で地道に努力している人々もたくさんいます。

今日はその中の一人でもあるピッツェリア"Buon Appetito" のオーナー、パンデリス・アレクシウさんと本格派イタリアン・ピッツァを紹介したいと思います。


pandelis_!.JPG


写真のお方がパンデリスさん。

「生気が吸い取られるから」とカメラを避けていましたが、なんとか一枚写真をゲット。

こちらのパンデリスさん。実はかなりの遍歴の持ち主なのです。

学生時代は歯科矯正医になるための勉強をしていたという優等生でしたが、

若い頃からの音楽好きが困じて島でディスコやクラブを開業。

その後はフランス、イタリア、スペイン等の国々を点々としながら料理人としての経験を積み、

帰国後は島でカフェやピッツエリアをオープン。

ただ飽きっぽいのがたまに傷でその後はジムのトレーナーをしたり、

もともと興味のあったクリスタル・テラピーのセラピストにもなりました。

現在の"Buon Appetito"は2年前にカフェだった店を手作りで改装し、

アシスタントのヨルダノス君と共にピッツァの釜も一から自分たちの力で作り上げました。


pandelis_2.JPG


pandelis_3.JPG


pandelis_4.JPG


最低限のコストで立ち上げた手作りのピッツェリア"Buon Appetito"

開業して二年目。

パンデリスさんが自ら仕込む本格派イタリアン・ピッツァは島の人々にも評判になり、売り上げも徐々に上がっているようです。

デリバリーがメインですが、今年に入ってからお店のバックヤードに素敵なテーブル席も設けられました。


pandelis_6.JPG


pandelis_5.JPG


pandelis_7.JPG


素材にとことんこだわりを見せるパンデリスさん。

多少コストが高くても品質の良い素材を仕入れます。

お客さんに少しでも安全な食べ物を食べてもらえるようにと優しい気配りを見せます。


ピッツアの仕込みは午前中に済ませ、お店のオープンは夕方18:30から。

仕込みの後は必ず海でひと泳ぎという健康志向とスローな仕事ぶりにとても魅力を感じます。


IMG_0491.JPG


pandelis_9.JPG


午後17:30頃になるとヨルダノス君がやってきて釜に火を入れたり、店の清掃をしたりと
開店の準備を整えます。


pandelis_10.JPG


pandelis_11.JPG


よく出るメニューは2種類のチーズが入った具沢山の"スペシャル"とクリーミーで優しい味わいの"カルボナーラ"。

サイズは30cm(2人前)と"ギガ"の40cm(4人前)があります。

注文が入るとすぐに生地を伸ばし、トッピング。

温度380度の釜で1分程焼いたらできあがりです。


IMG_0509.JPG


pandelis_13.JPG


IMG_0499.JPG


pandelis_14.JPG


こうして出来上がったばかりの熱々のピッツアは手際良くカットされ、箱に詰められてお客さんの元へと届けられるのです。


pandelis_16.JPG


pandelis_17.JPG


pandelis_19.JPG


パンデリスさんのピッツァはチーズがたっぷりなのでカロリーは高いかもしれませんが、

全く油っぽくありません。

私は箱の底に油のシミのできないピッツァは初めて食しました!

生地もライトでとても食感がいいです。

カリムノス島滞在中はしょっちゅう食べに行っていたのですが、

毎回熱々のピッツァを食べて本当に幸せ一杯でした♡


pandelis_18.JPG


皆さんもカリムノス島にお越しの際は是非一度ご賞味あれ!


pandelis_20.JPG


Info:

Pizzeria "Buon Appetito"

Address: Enoria anastasis

Phone: +30 22430 50695

Open: 18:30 - 23:30


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年10月 1日
« 前の記事「No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ」へ
»次の記事「No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始...」 へ
おすすめ記事
    アテネ特派員 新着記事
    No22. You must visit Athens! (最終回) - 冬に起こるギリシャの面白い気象現象
    No 21. You must visit Athens! キモロス島 & ポリエゴス島サバイバル、シーカヤックツーリング
    No 20. You must visit Athens! ギリシャ正教の洗礼式
    No 19. You must visit Athens! コロナキ地区、クセノクラトス通りの青空マーケット(ライキアゴラ)
    No 18. You must visit Athens! - NHK『ニュースウオッチ9』難民急増 "欧州の玄関口"は今(2016年1月5日放送)撮影裏話
    No 17. You must visit Athens! - ギリシャの「冬時間」が10月25日から始ります!
    No 16. You must visit Athens! - 一度食べたらやみつき! パンデリスさんのピッツェリア "Buon Appetito"
    No 15. You must visit Athens! - カリムノス島のナチュラル・スポンジ

    ギリシャ ツアー最安値


    2017/12/11更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ギリシア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ギリシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集