海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アトランタ特派員ブログ > アメリカからはがきを送るには!?

アメリカ/アトランタ特派員ブログ Momoko

アメリカ・アトランタ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月21日

アメリカからはがきを送るには!?


メール プリント もっと見る

アメリカからはがきを送るには!?

IMG_1767[1].JPG


旅行の記念にはがきを購入して、現地から家族や友達に送るのは楽しいですね。
しかし、どこではがき&切手を購入できるかわからないって方が多いのではないでしょうか。
年間に数回送るので、その経験をもとにご紹介します。


1. はがき選び

アメリカでは誕生日や記念日にカード(見開きのカード)を送りますが、ポストカード(はがき)を送る習慣があまりありません。
案外、はがき探しは大変。


・お土産屋

手に入れやすい場所は観光施設のお土産屋。
たいていのお店では売っているので、1番簡単にみつけられます。
記念品を眺めながら、素敵なはがきに出会えます。


IMG_1769[1].JPG

マーガレットミッシェルハウス館で購入したはがき


・ファーマシー

もう少し安く手に入れたい場合におすすめできるのが、薬局。通称ファーマシー(CVS Pharmacy)で購入すること。すべての店舗でお土産コーナーが設置されているわけではありませんが、以前ミッドタウンにあるファーマシーで購入したことがあります。
アトランタだけでなく、ジョージア州のはがきも発見。


2. 切手購入

切手の購入は日本のように郵便局以外でもOKです。
購入しやすいのは郵便局(USPS)や郵送サービスのUPS(United Parcel Service)、フェデクッス(FedEx)。
切手の値段は日本から送る場合より高く、1枚100円以上。


・郵便局

日本とちがい、郵便局は土曜日の午前中も営業されています。注意したいことは支店によって営業時間は異なります。
1番最近郵便からはがきを送った際、$1.15支払いました。
カード社会のアメリカで、日本のクレジット会社JCBカードを利用できる場所は限られています。しかし、郵便局でJCBカードは取り扱いされています。


切手まで購入すると、あとはポストに入れるだけです。
今までにポストを郵便局の前でしかみかけたことがありません。
ポストの大きさは郵便局によってちがいますが、カラーは青。
集荷時間をみますと、1日に1回もしくは2回と少なめです。


IMG_1772[1].JPG

アメリカのポスト


・UPS&FedEx

郵便局の数は少ないので、UPSやFedEx方がみつけやすいです。
モールのような商業施設が集結してる通りやエリアなどにあります。
以前切手だけ購入しようした時、送る準備ができていなかったので、断られました。
そのため、送る準備ができてから訪れることをおすすめします。


以前日本にいる家族にいつはがきが届いたかと聞いたら、送ってから1週間くらいかかりました。
せっかくアメリカからはがきを送っても、短い旅行を終えて帰国後に届くこともありえます。
しかし、形に残った思い出とアメリカの切手は特別なギフトではないでしょうか。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産
2016年11月21日
« 前の記事「サマータイムが終わると、どうなるの?」へ
»次の記事「おすすめのグローサリーストア3選」 へ
おすすめ記事
    アトランタ特派員 新着記事
    東海岸版ハワイ
    自然に溢れたお気に入りの場所発見!!
    サンクスギビングに買い物プラス映画
    おすすめのグローサリーストア3選
    アメリカからはがきを送るには!?
    サマータイムが終わると、どうなるの?
    秋にピッタリの食のイベント
    人気のチーズケーキファクトリーに行こう!!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • アトランタ特派員

      アトランタ特派員
      Momoko
      アメリカ在住5年目で、現在アトランタに在住の20代。出身は東京で、日本の高校を卒業した後、北カリフォルニアに留学。好きなことは旅行、食べること、寝ること、大自然、アウトドアスポーツなど。今までの1番の思い出はアラスカでオーロラをみたことです。今しかできないことを楽しみつつ、生きています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集