海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オークランド特派員ブログ > 40分の使い方

ニュージーランド/オークランド特派員ブログ 旧特派員 池田 峰

ニュージーランド・オークランド特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年2月 8日

40分の使い方


メール プリント もっと見る

40分の使い方

7673dfa7.jpg

ボクは日本では毎朝、乗車率200%もあろうかと思うほどの満員電車に詰められての通勤をしていました。


しかも、乗り込んだ姿勢のままで電車に揺られることを余儀なくされるため、本を読んだりして通勤時間を有効に使おうにも使えず、固められた姿勢のままで中吊りを楽しんだり、その日の仕事の予定に思いを馳せたりしてやり過ごしていました。だから、家を出た途端から仕事が始まるようで、ボクには満員電車がなおさら窮屈に感じられたりしました。


ここニュージーランドでのボクはというと、毎朝約50分かけてテクテクと徒歩で通勤しています。


途中、適度なアップダウンあり、商店街あり、街並を楽しめる高台あり、海とランギトト島が一望できる交差点ありと、結構オークランドを堪能できる至れり尽くせりなコースを歩いています。車やバスからは見逃しがちな視点なので、毎日何かしら新たな発見なんかもあったりして、まだまだ飽きずにいけそうです。


開始して約1ヶ月。
面白いもので最近では身体のリズムもできてきて、同じカフェの前あたりで身体が火照りだしたりします。「おっ、ボクの脂肪が燃焼しはじめている♪」なんて1人でほくそ笑んだりしています。


ここニュージーランドは基本的に車社会であり、ボクの住んでいるオークランドは市バスの路線網がとても発達しています。この恵まれた環境下ではボクの運動不足に拍車がかかるのは必至。それならばと半ば必要に迫られて始まった徒歩通勤だったのですが、これが本当に気持ち良いのです。


草の香りがまざった少しひんやりした夏休みの朝のような匂いの中を歩いていると、燃やさなければいけない特性肉襦袢のことはさておき、「精神的な健康」を感じられる瞬間が多々あります。
どう表現したら良いのでしょうか?なにか、穏やかにチカラがみなぎっている感覚というか、完全にニュートラルな感じとでもいうか。そんな感じがするのです。


我が家からオフィスまではマイカーで10分の距離。この場合、駐車料金がかかります。


コストを考えバスで通うとなると、歩いて最寄りのバス停まで0分+バスに乗って20分+終点で降りてそこから歩いて10分。計30分。バスも本数が多くほぼ100%座れるのでストレスなく便利な通勤手段に使えますが、爽快感は生まれません。


↓わかりやすくまとめてみました。
・マイカーからバスにすることにより、一日にもう20分通勤時間にかかる反面、コストが断然安くなります。
・バスから徒歩にすることにより、一日にもう20分通勤時間にかかる反面、気分が上々になります。


それぞれ20分の違いでしかありません。最短の場合と最長の場合の差が40分。
一日わずか40分です。一日にほんの少しの時間(40分)を通勤時間にあてるだけで、こんなにも取り巻く世界が変わるのです。


そう、一日のうちの40分を「ほんの少し」と思えるこの感覚こそ、ニュージーランドの時間の流れなのかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年2月 8日
« 前の記事「ボクはものぐさ行動派」へ
»次の記事「加藤あいと阿藤快と英会話」 へ
おすすめ記事
    オークランド特派員 新着記事
    紅葉の季節がやってきました
    ワールドマスターズゲーム2017 開催!
    オークランドの秋の味覚 フィジョア
    3月の気候 in オークランド
    オークランドのチョコレート店
    Queen Arcade その2
    Queen Arcade その1
    オークランドのトイレ事情

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オークランド特派員

      オークランド特派員
      池田 峰
      10年前にワーキングホリデーで訪れたニュージーランドに魅せられ、移住。オークランドにあるニュージーランドロングステイ情報センターに勤務し、現地生活のお手伝いをしています。住めば住むほど、この国の「人と新旧文化と自然の融合」の素晴らしさに惹かれていきます。本当に毎日毎日が楽しくて、 「あぁ~NZに移住して本当に良かった!」と思う至福の瞬間を毎日数回味わっています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集