海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オークランド特派員ブログ > バスでのいろいろ

ニュージーランド/オークランド特派員ブログ 旧特派員 渋谷 明子

ニュージーランド・オークランド特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月 7日

バスでのいろいろ


メール プリント もっと見る

バスでのいろいろ

ニュージーランドでは大きな都市であるオークランドであっても、
電車やバスは基本的に座れるものなので、日本のように立って乗るということは、
朝晩のピークでもそんなにありません。

先日、昼過ぎだったのですが、バスが思いのほか混んできました。
その日は、スクールホリデー中だったので、
小学低学年くらいの子供たちが5~6人乗っていて、皆、座っていました。
次のバス停に停まると、10数人が乗ってこようとしていました。

座席の後ろのほうから、「Children Stand」の声が。
さらに運転手さんが、すくっと立って、「Children stand!!」と叫びました。
子供たちは全員立って、後から乗って来た年配のかたに席を譲ってました。
なんだか気持ち良い瞬間でした。

こちらでは、バスを降りるとき、
乗客が「Thank you」と言って降ります。
日本では、運転手さんが「ありがとうございました」と言ってくれるほうが多いですよね。
都市部と地方で違うかもしれませんが、、。

あと、こんなこともありました。
バスが走っていると、横から急に車が出てきて、あやうく衝突のところ、
急ブレーキで停まりました。乗客もざわつくほどの勢いでした。

日本だと、ここで、乗客に対して運転手さんからお詫びのアナウンスが
ありそうなところですが、とくに何もなく走り始めました。

すると、年配の女性が、運転手さんに近づいて、
肩をぽんぽん、、と叩いて、「大丈夫?怖かったよね、、」みたいな感じで、
その後も肩をさすってました。軽くカルチャーショックでした。

ここでは、運転手さんは仕事中も一人の人間として、
乗客も一人の人間として、そこにいるんだなぁと思った瞬間でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年5月 7日
« 前の記事「ハウスシッター」へ
»次の記事「ハウスシッター2」 へ
おすすめ記事
    オークランド特派員 新着記事
    畜産国の土台は小学生から  「Agriculture Day」
    ビタミンたっぷり!タマリロ
    紅葉の季節がやってきました
    ワールドマスターズゲーム2017 開催!
    オークランドの秋の味覚 フィジョア
    3月の気候 in オークランド
    オークランドのチョコレート店
    Queen Arcade その2
    1年前の同じ月に投稿された記事
    買い物に困らないオークランド
    ラグビー・ワールドカップに向けて
    マーケット巡り
    小川が温泉Kerosine Creek(ケロセンクリーク)

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オークランド特派員

      オークランド特派員
      渋谷 明子
      2003年にニュージーランドに1年間親子留学し日本に帰国。その後はトラベルコンサルタントとして働きながらも心はNZ。一大決心でNZで調理師の資格を取得し、今年から北オークランドにあるPine Valley B&Bで働き始めました。自然エネルギーで暮らし、無農薬野菜を育てるオーガニックライフの日々から見たオークランドをお伝えします。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集