海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オークランド特派員ブログ > オークランドのアイコン-ランギトト島

ニュージーランド/オークランド特派員ブログ Keiko

ニュージーランド・オークランド特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月28日

オークランドのアイコン-ランギトト島


メール プリント もっと見る

オークランドのアイコン-ランギトト島

この度特派員としてオークランドについてご紹介させていただく事になりましたKeikoです。
海と緑に囲まれた自然豊かな街というだけでなく、日々進化を続けているオークランドの、
旬の情報をお伝えしていきたいと思っておりますので、どうぞお付き合いくださいませ!
まずは、オークランドのアイコンであるランギトト島(Rangi toto Island)についてご紹介したいと思います。


1-1rangitoto and town.jpg


オークランドを訪れ、海の方へ目を向けるとまず一番最初に目に留まるのが、ハウラキ湾に浮かぶランギトト島です。
600年ほど前の火山活動で現れたというこの無人島は、島全体が環境保全省管轄の自然公園になっています。
現在この島には哺乳類の天敵は全く存在せず、ニュージーランド固有種の鳥や植物の楽園として、
大切に保護されています。
どの方角から眺めても同じ姿に見えるこのランギトト島は、オークランド住民にとって、
故郷の景色の一部として欠かせない存在です。
また観光で訪れた方々の思い出の写真にも、どこかに必ずこのランギトト 島が写りこんでいることでしょう。


1-2 Rangi from Milford.JPG

オークランド市街やビーチから眺めるランギトト島の景色も格別ですが、
天気の良い日にはこの島へ訪れてみるのもおすすです。
シティの中心部にあるフェリーターミナル(99 Quay Street)からフェリーを利用して、
気軽に上陸することができます。
島までのフェリーは、平日は一日3本、週末は5本が運行され、所要時間は約25分です。
チケットは当日フェリーターミナルで購入できるほか(大人往復30ドル)、オンラインでの事前購入も可能です。(www.fullers.co.nz )


1-3ferry.jpg

(写真提供:Fullers)


自然をそのまま残した地形は溶岩でごつごつとしていますが、歩道は整備されていますので、
歩きやすい靴を履いていれば小学生でも楽しめるハイキングコースです。
いくつかのコースがありますが、頂上まで約1時間で登ることができます。


1-4rangitoto walk.jpg


また徒歩での見学が難しい方には、トラクターが牽く客車に乗って登頂をするツアーも用意されています。
利用の際は、フェリーとセットでにツアーへ申し込みます。(フェリー込み大人65ドル)


1-5 road-train.jpg

(写真提供:Fullers)


頂上には展望台があり、島を囲む真っ青な海の向こうに、オークランドシティやハーバーブリッジ、
更にはグレートバリア島など、360度の絶景を見渡すことができます。


1-6view from rangi s.jpg


無人島であるランギトト島には売店などは一切ないので、
ハイキングに訪れるときは必ずおやつや飲み物をお忘れなくご持参ください。
また帰りのフェリーの時間をしっかり確認しておきましょう。ハイキングのコースにもよりますが、
フェリーターミナル出発から帰港まで、約半日の日程で計画されることをお勧めします。


季節や時間帯、天気の変化でも様々な表情を見せるランギトト島、是非色々なタイミングで眺めてみてくださいね。


1-7rangitoto evening s.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年11月28日
« 前の記事「お勧めトレイル Ti Point Walkway」へ
»次の記事「オークランドの朝市 フレンチマーケット "La Cigale"」 へ
おすすめ記事
    オークランド特派員 新着記事
    ビタミンたっぷり!タマリロ
    紅葉の季節がやってきました
    ワールドマスターズゲーム2017 開催!
    オークランドの秋の味覚 フィジョア
    3月の気候 in オークランド
    オークランドのチョコレート店
    Queen Arcade その2
    Queen Arcade その1

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オークランド特派員

      オークランド特派員
      Keiko
      2000年にNZ人の夫に伴ってオークランドへ移住、3年間の米国滞在を挟んだ後、また当地へと舞い戻り、オークランド北部郊外に居を構える。日本での医療専門職から一転、現在は留学生アドバイザー、地域スポーツクラブのボランティア活動などに勤しみながら、家族、愛犬、羊十数頭と共に、海と緑とほどほどの都会に囲まれたオークランド生活を満喫中。 DISQUS ID @disqus_j5gWBB9qXL

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集