海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オークランド特派員ブログ > 夏のクリスマス

ニュージーランド/オークランド特派員ブログ Keiko

ニュージーランド・オークランド特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月18日

夏のクリスマス


メール プリント もっと見る

夏のクリスマス

誰もが待ちわびているクリスマスまで、あと1週間。南半球のニュージーランドでは、クリスマスが夏の長期休暇に当たるため、大人も子どももクリスマスを目指して一年を送っていると言っても過言ではありません。12月に入ると、待っていましたとばかり、町のあちこちでクリスマスツリーを見かけるようになります。

DSC_1540.jpg


背景が夏空だと、クリスマスツリーもなんだかより生き生きして見えると思いませんか?

12月にはいるとあちこちの街角では、自宅用ツリーのために、生のパインの木が売られるようになります。我が家の近くにもこんな看板が。

DSC_1764.JPG
カットしたてのパインの木は少々不恰好なこともありますが、家中が森林のような香りでいっぱいになります。


また自宅でツリーを飾らない人も、ちょっと外へ出ればあちこちで「クリスマスツリー」に出会えます。

DSC_1553.jpg

DSC_1678.JPG

ニュージーランドのクリスマスツリーと呼ばれているポフツカワの木は、海岸線を中心にオークランド中で見かけられる大きな常緑樹で、12月に満開を迎えるのです。真っ青な空と海、そしてポフツカワの深い緑の葉と真紅の花。これぞニュージーランドの夏の風景です。

DSC_1559.jpg

このポフツカワ、実はオークランド市の市章にもなっています。

Auckland-City-Council-Occult-Logos-12.gif
なんだか市章もクリスマスチックですよね。

また、この時期オークランドへいらしたら、ぜひお土産にしていただきたいのがニュージーランドならではのクリスマスグッズたち。

DSC_1668.jpg

DSC_1664.jpg

DSC_1409.jpg

こんなオーナメントを旅の記念に持ち帰れば、毎年クリスマスの時期が来るたびにニュージーランド旅行の思い出が蘇ってくることでしょう。


動物大好きの私は、この置物を買うべきかどうかしばらくお店で考え込みました。

DSC_1663.JPG

いかにも畜産国のニュージーランド!というユニークさです。

その他、ニュージーランドらしいモチーフをデザインした、クリスマスカラーの食器も素敵です。

DSC_1666.jpg


なお、12月24日の午後から25日終日は、ほとんどの商店が閉店しますので滞在される方はご注意ください。翌日の26日は、日本の初売りに当たる「Boxing day sale」が大々的に行われ、売れ残ったクリスマス商品なども大幅に値下がりしますので、このセールでお土産を調達するのもお勧めですよ。
クリスマスから年始のショップやイベント会場の営業状況はまちまちですので、訪れる前に確認されるとよいでしょう。

夜9時ごろまで明るい季節ですので、気がつけばずいぶん遅い時間になってしまっている、ということも起こりがちです。帰路の交通手段や時刻表はあらかじめ調べておくと安心ですね。


普段とはちょっと違う雰囲気やショッピングが楽しめるこの時期、のんびりとした夏のクリスマスを味わいに来てくださいね。

DSC_1670.JPG

オークランド市 バス時刻案内
https://at.govt.nz/bus-train-ferry/timetables/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り
2016年12月18日
« 前の記事「オークランドの夏の味は摘みたてイチゴ!」へ
»次の記事「夏の服装 in オークランド」 へ
おすすめ記事
    オークランド特派員 新着記事
    ビタミンたっぷり!タマリロ
    紅葉の季節がやってきました
    ワールドマスターズゲーム2017 開催!
    オークランドの秋の味覚 フィジョア
    3月の気候 in オークランド
    オークランドのチョコレート店
    Queen Arcade その2
    Queen Arcade その1

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オークランド特派員

      オークランド特派員
      Keiko
      2000年にNZ人の夫に伴ってオークランドへ移住、3年間の米国滞在を挟んだ後、また当地へと舞い戻り、オークランド北部郊外に居を構える。日本での医療専門職から一転、現在は留学生アドバイザー、地域スポーツクラブのボランティア活動などに勤しみながら、家族、愛犬、羊十数頭と共に、海と緑とほどほどの都会に囲まれたオークランド生活を満喫中。 DISQUS ID @disqus_j5gWBB9qXL

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集