海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > オセアニア  > オークランド特派員ブログ > ウォーターフロントの魚屋さん-Viaduct H...

ニュージーランド/オークランド特派員ブログ Keiko

ニュージーランド・オークランド特派員が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月10日

ウォーターフロントの魚屋さん-Viaduct Harbour


メール プリント もっと見る

ウォーターフロントの魚屋さん-Viaduct Harbour

今から15年ほど前、当地オークランドが世界でも名高いヨットレース「アメリカズカップ」の開催地となり、多くの観光客が訪れました。それまで殺風景な倉庫ばかりが並んでいたウォーターフロントの地域が開発され、Viaduct Harbour(ヴァイアダクトハーバー)として知られるようになり、今ではレストランやバーが立ち並ぶ、格好の観光スポットとなっています。

3-1 Viaduct1 (640x480).jpg

3-2 Viaduct2 (640x480).jpg

フェリービルディングがある中心部から、停泊している豪華なクルーザーやヨットを眺めながら港を散歩したり、カフェやレストランのテラス席に座ってゆっくりと時間を過ごすのも格別ですが、地元民の台所であるフィッシュマーケットをのぞいてみるのも面白いかもしれません。

3-3 fishmarket1 (640x480).jpg

このマーケットには水揚げされたばかりの様々な鮮魚の他、生きた貝類や甲殻類、切り身や燻製などに加工された魚、更には店内で作りたてのFish and Chipsを楽しめるスペースもあり、地元民だけでなく観光客にも人気のスポットです。カフェやシーフードレストランも併設されているので、食事時は観光客だけでなく地元の人でも賑わっています。

3-4fish1 (640x480).jpg

鮮魚は、鯛やサーモンなど私達にも馴染みががある魚はもちろん、日本では見かけないような珍しい魚が所狭しと並べられています。魚のほとんどは天然物で、刺身でも楽しめる鮮度の良いものばかりです。最近では近年の日本食ブームもあり、刺身や寿司を食べる地元民も増えています。

3-5 fish2 (640x480).jpg

このフィッシュマーケットでは、新鮮な魚、地域の魚屋では手に入らない珍しい魚が買えるのも魅力なのですが、私の一番のお目当ては、何と言っても種類豊富なスモークフィッシュです。

3-6smokefish (640x480).jpg

ケースの一面が全てスモークフィッシュ、魚の燻製です。燻製には、蜂蜜で有名なマヌカの木を燻すのがキウイ流です。表面は燻製特有の香ばしさがあり、中は身がしっとりとしていて日本の干物に似た味わいなので、私たち日本人の口に合うのです。このフィッシュマーケットでは試食も用意されているので、ぜひ色々な魚の燻製を味わってみてください。小さな一切れからでもグラムで購入できるので、少しずつ買って食べ比べをしてみるのがおすすめです。魚の種類や部位にもよりますが、100グラム1-4ドルほどです。


このエリアには、日曜祭日のみレトロな路面電車も走っています。

3-7trum (640x480).jpg

フェリービルディングから徒歩15分ほどですが、市内を巡回する赤いリンクバスも通っていますので、ぜひ気軽に足を伸ばしてみてくださいね。

Auckland Fish Market
22-32 Jellicoe Street, Freemans Bay
Cafe: 7am - 6pm
Restaurant: 11am - 6pm (Mon - Sun)
Retail: 7.30am - 6pm
https://www.afm.co.nz/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2017年1月10日
« 前の記事「Britomart駅界隈」へ
»次の記事「オークランドのお勧めホテル4選」 へ
おすすめ記事
    オークランド特派員 新着記事
    ビタミンたっぷり!タマリロ
    紅葉の季節がやってきました
    ワールドマスターズゲーム2017 開催!
    オークランドの秋の味覚 フィジョア
    3月の気候 in オークランド
    オークランドのチョコレート店
    Queen Arcade その2
    Queen Arcade その1

    ニュージーランド 航空券情報


    ニュージーランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ニュージーランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    オセアニアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • オークランド特派員

      オークランド特派員
      Keiko
      2000年にNZ人の夫に伴ってオークランドへ移住、3年間の米国滞在を挟んだ後、また当地へと舞い戻り、オークランド北部郊外に居を構える。日本での医療専門職から一転、現在は留学生アドバイザー、地域スポーツクラブのボランティア活動などに勤しみながら、家族、愛犬、羊十数頭と共に、海と緑とほどほどの都会に囲まれたオークランド生活を満喫中。 DISQUS ID @disqus_j5gWBB9qXL

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集