海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バガン特派員ブログ > 政府系航空会社vs新規LCCvs激寒激速夜行バス

ミャンマー/バガン特派員ブログ SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月29日

政府系航空会社vs新規LCCvs激寒激速夜行バス


メール プリント もっと見る

政府系航空会社vs新規LCCvs激寒激速夜行バス

blog004-1.jpg


外国人観光客がミャンマー国内を移動する際、通常は飛行機かバス、船などを利用しますが、ヤンゴンからバガンに行く場合は飛行機かバスを使うことになります。
ところが飛行機は財閥系の航空会社のチケットが高く片道で100ドル前後します。で、肝心の機材はといいますと、これがプロペラ機なんです...。これは今まで観光客が多かろうが少なかろうがずっと同じ販売方法しかなかったので、ある意味惰性で料金設定されているといえるのだと思います。その上、この国では航空券や宿泊料金などに外国人料金が設定されていることが多く、ミャンマー人は半額ほどで買えるため、さらに納得がいきません。


blog004-2.jpg


そうすると15~18ドルと格安の高速バスを使うことになります。
昼行バスも出ていますが、1社のみ朝8時に出てバガンに着くのは17時、水牛が闊歩するのどかな田園風景が延々続き、旅情あふれることこの上ないのですが、後半くたくたになります...。
一方夜行バスはといいますと、数社が毎日運行していて外国人向けはJJ Express(18ドル)やMindalar Min(15ドル)などがあり、なかなか快適です。しかしいざ発車すると、これがものすごく飛ばします。速い方が人気があるということで、高速に入るやいなやバス同士で抜きあいの応酬が始まります。さらに深夜となると気温10度まで冷える道中のなか、がんがんエアコンが効いています。ちなみに私はバスに乗るたびに毛布を持参しています...。


DSCN1463.jpg


ということで、なかなか敷居の高い(?)バガン行きなのですが、ミャンマー唯一のLCCゴールデンミャンマーがヤンゴン-マンダレー間を片道46ドルで販売するなど航空業界の破格破壊が起こってきましたので、バガン路線のLCC就航も近いかもしれません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2014年3月29日
« 前の記事「バガンで唯一!?パゴダビューのバスルーム」へ
»次の記事「現地一押しのバガンでいちばん眺めの良いパゴダとは!?」 へ
おすすめ記事
    バガン特派員 新着記事
    バガンに伝統舞踊ショーがオープン!
    ゴールデンイーグルのプレミアムサービス
    バガンは雨季知らず!?ダブル乾季の不思議
    オリエンタル・バルーニングが6月から気球運航開始
    バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ
    象上少年過ぐ!?バガンの得度式
    バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!
    幻のハリン遺跡・世界遺産「ピュー王朝古代都市群」

    アジア 航空券情報


    ミャンマー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ミャンマーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バガン特派員

      バガン特派員
      SARA HASHIMOTO
      ミャンマーのツアーオペレーター。世界遺産候補地バガンで旅行会社サラトラベルを経営し、外国人の観光業者として唯ひとり同地に住民登録し在住している。バガン・ニャウンウー空港にて日本人のための観光案内ボランティアを行っています。ミャンマーの魅力を皆さんにお伝えするため現地から生の情報を発信しています。 最新のバガン情報はSara Travels & Tours FBページで発信中。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集