海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バガン特派員ブログ > バガンのホテルは断然ローシーズンがお得・オールドバ...

ミャンマー/バガン特派員ブログ SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月25日

バガンのホテルは断然ローシーズンがお得・オールドバガン編


メール プリント もっと見る

バガンのホテルは断然ローシーズンがお得・オールドバガン編

ミャンマーの雨季というと、連日スコールが続き、湿気からくる蒸し暑さで観光どころではない・・・というのは、ヤンゴンのこと。
そう、バガンやマンダレーは雨季らしい雨季はありません。同じ月の東京よりも雨量は少ないのです。


しかも欧米人ツアー客が来ないためローシーズンとされていて、ホテルの宿泊料金は軒並みガクッとさがり、中には半額になるホテルさえあります。
私からすると、日本人にはまったくデメリットのない季節で、ヤンゴンを通り過ぎて、またはマンダレーから入国して、バガンにたくさんの人に来て頂けるとうれしいです。


さて、オールドバガンのホテルは5つあります。
それぞれ特徴を分けてみます。※星の数は当社比較です。


・ティリピセヤ★★★★:【城壁のすぐ外】【リバーサイド】川に面したプールがきれい・日系でサービスはいちばん
・タラバーゲート★★★★★:【城壁のすぐ外】庭園の中にいるような静かなエスニック調ホテル
・エヤーリバー★★★★:【城壁内】【リバーサイド】パゴダビューも捨てがたい・料金の割りに部屋がきれい
・バガンホテル★★★★:【城壁内】【リバーサイド】敷地内に2つのパゴダがある・スイートが安い
・バガンタンデ★★★:【城壁内】【リバーサイド】いちばん格安・ガーデンビューなのに川が見える客室がある


今回はこの中で、ティリピセヤ,タラバーゲート,エヤーリバーの3つをご紹介いたします。
ここまで詳細なホテル紹介はたぶんはじめてでしょう。


ティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾートは、日系の高級ホテルで日本人スタッフも常駐しています。
川に面したプールが売りで、カクテルグラスを片手にプールサイドからの夕日というのもロマンチックです。
客室は日本人にはデラックスガーデンビューから上が良いでしょう。
バンガローは川向きがデラックスリバービュー、反対側がガーデンビューで対になっているので川までの距離は一緒です。
客室の中の差も若干の違いですので、料金の差を考えると、どうしても部屋から川が見たい、というのでなければガーデンビューでもいい気がします。


DSCN2469.jpg


DSCN2488.jpg


デラックスガーデンビュー 90ドル
デラックスリバービュー  145ドル
※2014年5月~9月まで


ザ・ホテル・タラバーゲートは、支配人がドイツ人で全体的なクオリティーの高いホテルとして欧米人に大人気です。
こちらはオールドバガンのホテルの中でもっとも新しいホテルです。
いちばん安い客室でもデラックスで、広々とした客室はゆったりと過ごすことができます。
館内は緑に溢れ、庭園の中にいるようでとてもバガンの中心とは思えません。
また、ここの売りはスパで、雰囲気の良さはバガン1といえます。
リバーサイドでないことを除くと、いちばんお勧めしたいホテルです。


DSCN1628.jpg


DSCN1638.jpg


デラックス 150ドル
スイート 360ドル
※2014年5月~9月まで


エヤー・リバービューホテルは、オールドバガンのホテルの中でも真ん中にあり、エーヤワディー川の眺めが素晴らしいです。
デラックスの客室はやや狭いもののファシリティは良く、眺望はオールドバガンのパゴダ群で一見の価値があります。
またローシーズンの料金は格安でコスパは最高です。
その上のグランドデラックスはホテル棟とバンガロー棟に分かれ、ホテル棟の2階からは遠目に川が臨めます。
バンガローからは川は見えませんが、川への距離は近いです。


DSCN2529.jpg


DSCN2528.jpg


デラックス 80ドル
グランドデラックス 100ドル
※2014年5月~9月まで


-The Hotel Tharabar Gate-
設備 無料Wifi・プール・NHK・バスタブ(一部)
HP http://www.tharabargate.com
所在地 Bagan Archeological Zone, Old Bagan
電話 061-60037


-Thiripyitsaya Sanctuary Resort-
設備 Free Wifi, プール, スパ, NHK, バスタブ(スーペリア以外あり)
HP http://www.thiripyitsaya-resort.com/index.html
所在地 Bagan Archeological Zone, Old Bagan
電話 061-60048


-Ayeyar River View Hotel-
設備 Free Wifi, プール, NHK, バスタブ(全室)
HP http://www.baganayeyarhotel.com/
所在地 Near Bu Paya, Old Bagan
電話 061-60352


お問い合わせはサラトラベルミャンマーまでinfo@sara-tour.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2014年5月25日
« 前の記事「華麗なるバガンの壁画たち」へ
»次の記事「仏教?ヒンズー教?謎の多いアベヤダナ寺院」 へ
おすすめ記事
    バガン特派員 新着記事
    バガンに伝統舞踊ショーがオープン!
    ゴールデンイーグルのプレミアムサービス
    バガンは雨季知らず!?ダブル乾季の不思議
    オリエンタル・バルーニングが6月から気球運航開始
    バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ
    象上少年過ぐ!?バガンの得度式
    バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!
    幻のハリン遺跡・世界遺産「ピュー王朝古代都市群」

    アジア 航空券情報


    ミャンマー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ミャンマーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バガン特派員

      バガン特派員
      SARA HASHIMOTO
      ミャンマーのツアーオペレーター。世界遺産候補地バガンで旅行会社サラトラベルを経営し、外国人の観光業者として唯ひとり同地に住民登録し在住している。バガン・ニャウンウー空港にて日本人のための観光案内ボランティアを行っています。ミャンマーの魅力を皆さんにお伝えするため現地から生の情報を発信しています。 最新のバガン情報はSara Travels & Tours FBページで発信中。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集