海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バガン特派員ブログ > 仏教?ヒンズー教?謎の多いアベヤダナ寺院

ミャンマー/バガン特派員ブログ SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月21日

仏教?ヒンズー教?謎の多いアベヤダナ寺院


メール プリント もっと見る

仏教?ヒンズー教?謎の多いアベヤダナ寺院

オールドバガンから車で5分ほどの距離にあるミンカバー村に、アベヤダナというマイナーな寺院があります。


バガン王朝3代目であるチャンシッター王が11世紀に創建したのですが、この寺は不思議な点がいくつもあります。


まず外壁には大乗仏教の菩薩像だと思われる壁画があります。
そして回廊内壁の壁面には、シヴァ神やビシュヌ神など明らかに仏教画ではないものがいくつも描かれています。


DSCN2423.jpg


真っ暗でよく見えませんが、懐中電灯を照らすと、バガンでも有数の色彩豊かな壁画が現れます
(本物は鮮明です。。)


DSCN2441.jpg


またチャンシッター王自身も外見的特徴からインド系だという説もあり、実際インドやスリランカとの外交を重視したり、学僧を保護したりしています。

人心掌握につとめるなど善政を敷き、バガン王朝の繁栄を築いたことから、ミャンマー史にとって初代アノーヤター王に匹敵するほどの人気を誇るチャンシッター王ですが、どういう人物であったかは定かではありません。


謎の多いアベヤダナ寺院ですが、盗掘されて失われてしまった仏像も多いバガンの中で、当時の仏像がいくつも残っていて大変貴重です。


DSCN2428.jpg


オールドバガンを観光されたら、こういったガイドブックに載っていない寺院をまわられるとバガンの知られざる一面を知ることができます。


お問い合わせはサラトラベルミャンマーまで info@sara-tour.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年6月21日
« 前の記事「バガンのホテルは断然ローシーズンがお得・オールドバガン編」へ
»次の記事「ユネスコを驚嘆させたバガンの巨大寺院群」 へ
おすすめ記事
    バガン特派員 新着記事
    バガンに伝統舞踊ショーがオープン!
    ゴールデンイーグルのプレミアムサービス
    バガンは雨季知らず!?ダブル乾季の不思議
    オリエンタル・バルーニングが6月から気球運航開始
    バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ
    象上少年過ぐ!?バガンの得度式
    バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!
    幻のハリン遺跡・世界遺産「ピュー王朝古代都市群」

    アジア 航空券情報


    ミャンマー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ミャンマーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バガン特派員

      バガン特派員
      SARA HASHIMOTO
      ミャンマーのツアーオペレーター。世界遺産候補地バガンで旅行会社サラトラベルを経営し、外国人の観光業者として唯ひとり同地に住民登録し在住している。バガン・ニャウンウー空港にて日本人のための観光案内ボランティアを行っています。ミャンマーの魅力を皆さんにお伝えするため現地から生の情報を発信しています。 最新のバガン情報はSara Travels & Tours FBページで発信中。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集