海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バガン特派員ブログ > バガンに来たら地元の村を訪れよう!

ミャンマー/バガン特派員ブログ SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月12日

バガンに来たら地元の村を訪れよう!


メール プリント もっと見る

バガンに来たら地元の村を訪れよう!

DSCN3042.jpg


のどかな田舎の風景と巨大寺院や無数の仏塔というミスマッチさが醍醐味のバガンですが、せっかく来たんですから地元の村もちょっと覗いてみましょう。


DSCN3045.jpg


パヤトンズ遺跡群の南側にミンナントゥ村という人口500人の小さな村があります。
この村は多数のパゴダがあちこちにある村で、バガン遺跡の中でも例外的な居住地区です。
訪れるといっても茶屋が1軒と漆器などを売る民家が1軒あるだけでごく普通の集落です。
自分たちで行こうとしても村人に「変な外人が来た」と驚かれるだけです。
ただここだけの話、その茶屋の子供たちが少し英語を話せ、お願いすると村を案内してもらうことができるんです。


DSCN3044.jpg


欧米人の観光客が時々立ち寄るために英語を覚えていったようですが、バガン周辺の村を訪問しようとするときに地元民に案内してもらえるというのはミンナントゥ村だけです。
元々バックパッカーが立ち寄って知られるようになったこの村ですが、牧歌的な人々との交流に日本に帰りたくなくなるかもしれません(笑)。


DSCN3043.jpg


この村のおばあちゃん達はみな一様に葉巻をくゆらせていました。
男性の多くが大工で町で仕事をしているため、日中は女性と子供しか見かけません。
なんとも平和な村です(笑)。

※あくまで案内してもらうのは村の中だけにしてください。彼らに観光ガイドをさせると違法になります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2014年10月12日
« 前の記事「バガンの本格的民族舞踊ショーが11月にオープン!」へ
»次の記事「ミャンマー国内線を選ぶ際の留意点(個人手配の方必読!)※2017年2月修正」 へ
おすすめ記事
    バガン特派員 新着記事
    バガンに伝統舞踊ショーがオープン!
    ゴールデンイーグルのプレミアムサービス
    バガンは雨季知らず!?ダブル乾季の不思議
    オリエンタル・バルーニングが6月から気球運航開始
    バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ
    象上少年過ぐ!?バガンの得度式
    バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!
    幻のハリン遺跡・世界遺産「ピュー王朝古代都市群」

    アジア 航空券情報


    ミャンマー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ミャンマーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • バガン特派員

      バガン特派員
      SARA HASHIMOTO
      ミャンマーのツアーオペレーター。世界遺産候補地バガンで旅行会社サラトラベルを経営し、外国人の観光業者として唯ひとり同地に住民登録し在住している。バガン・ニャウンウー空港にて日本人のための観光案内ボランティアを行っています。ミャンマーの魅力を皆さんにお伝えするため現地から生の情報を発信しています。 最新のバガン情報はSara Travels & Tours FBページで発信中。ご連絡はこちらまで。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集