海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バガン特派員ブログ > バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ミャンマー/バガン特派員ブログ SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年1月30日

バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!


メール プリント もっと見る

バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!



ミャンマー随一の観光地であるバガンですが、観光地としての歴史は浅いためにまだこれといって名物といえるお土産はありません。
それでも日本人の観光客に人気のあるものがいくつかありますので、少しご紹介したいと思います。




第1位:タマリンドフレーク


DSCN3309.jpg


まず日本人に大人気なのが、このタマリンドフレークです。
ほどよい酸味がきいていてお食事の口直しにレストランでもよく出てきます。
ちなみにメーカーはいくつかあるのですが、味はダントツで写真のMYIN MO OOがお勧めです!
値段は900チャット(約90円)~。




第2位:パゴックの手織りロンジー


DSCN3300.jpg


ミャンマー伝統の巻きスカートであるロンジーですが、ヤンゴンで売っているものは機械織りも増えてきました。
バガン近郊の村パゴックでは今でも手織り職人が多く、ひとつひとつ丁寧に織ったロンジーは名産といえ、ミャンマー人にも人気です。
値段は10000チャット(約1000円)~。
※女性用はフックを付ける必要があり、付けてもらうのに1時間はかかりますので購入の際はご注意ください。




第3位:ニームの手作り石鹸


DSCN3296.jpg


日本人にはなじみの薄いニームの樹からつくった天然ソープ。
「美肌の女王」ともいわれる美容・消炎効果があるハーブで、バガン土産の定番になるものと期待しています。
私自身も使っていますが、泡立ちもよく一度使ったら他の石鹸は使えません。
お値段はなんと400チャット(約40円)!


ミンカバー村を中心にバガンは漆器のメッカですが今回は省きました。
その他、ポッパ山に行く途中に通る村で売っているしゅろ酒やしゅろの黒砂糖なども個人的には好きです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2015年1月30日
« 前の記事「幻のハリン遺跡・世界遺産「ピュー王朝古代都市群」」へ
»次の記事「象上少年過ぐ!?バガンの得度式」 へ
バガン特派員 新着記事
バガンに伝統舞踊ショーがオープン!
ゴールデンイーグルのプレミアムサービス
バガンは雨季知らず!?ダブル乾季の不思議
オリエンタル・バルーニングが6月から気球運航開始
バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ
象上少年過ぐ!?バガンの得度式
バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!
幻のハリン遺跡・世界遺産「ピュー王朝古代都市群」

アジア 航空券情報


ミャンマー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ミャンマーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ