海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バガン特派員ブログ > バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリーク...

アジアにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

ミャンマー/バガン特派員ブログ SARA HASHIMOTO

ミャンマー・バガン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月10日

バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ


メール プリント もっと見る

バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ

こんにちは。
今年のGWのバガンは大勢の日本人観光客で賑わいました。
これまで欧米人がメインだったバガン観光も、いよいよ本格化してきた感じがいたします。


13922963808_34286d750d_o.jpg

RV PANDAW

13923110670_b8250f83c7_o.jpg


さて、2014年から今シーズンにかけて外国のラグジュアリークルーズが相次いで就航を発表、特にバガン~マンダレー間のヘリテイジラインを中心として、今後ミャンマー観光の大きな目玉となっていきそうです。


306623_137561289715846_997995796_n.jpg

BELMOND ROAD TO MANDALAY

132832_164173193721322_580868265_o.jpg


私はこれはバガン域内の保護政策に絡んで、ホテル認可が下りないという事情が大きく影響しているのではないかと考えています。


本来なら外資ホテルが、なんとかバガンにホテルを建てたいと思っているのでしょうが、現状としてそれが難しいので、ではリバークルーズをホテル代わりにしてしまおうということでしょう。
それに元々ベトナムやラオスなどインドシナ諸国では欧米人向けのメコンクルーズが盛んですので、容易に進出できたのでしょう。


Owners-suite-couple.jpg

RV ANANDA

Deluxe-suite.jpg


お値段はというと、2泊3日から3泊4日で、1000ドル~4000ドルとかなりの金額です。
客室は4室から6室程度といわばスモールラグジュアリーで、毎晩ショーが繰り広げられる大型豪華客船と違う、のんびりバカンスを楽しむ人向けの旅行といえそうです。


また、前記の事情によりほとんどが外資リゾートグループの運営なので、ファシリティやサービスなども陸上のホテルよりはるかに高いものなのではないかと思います。


Mooring_15_01870_PK12.jpg

RV PAUKAN 12

DLX_DBL_3.jpg


気球と同様、欧米人が好きそうな趣向ですので予約が取れるかどうか分かりませんが、私の会社でも積極的に日本へ紹介していきたいと思っています。

あ、ちなみにこれもまた予算的に私が"宿泊記"を書くことはなさそうですので、あしからず(笑)。


お問い合わせはサラトラベルミャンマーまで。
info@sara-tour.com


Spa-lobby.jpg

RV ANAWRAHTA(2015年10月新規就航)

Anawrahta-suite.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2015年5月10日
« 前の記事「象上少年過ぐ!?バガンの得度式」へ
»次の記事「オリエンタル・バルーニングが6月から気球運航開始」 へ
いっしょに読みたい 関連記事
バガン特派員 新着記事
バガンに伝統舞踊ショーがオープン!
ゴールデンイーグルのプレミアムサービス
バガンは雨季知らず!?ダブル乾季の不思議
オリエンタル・バルーニングが6月から気球運航開始
バガンの最高級ホテルは河中にあり!ラグジュアリークルーズ
象上少年過ぐ!?バガンの得度式
バガンのおみやげ何買う?これでしょ!!
幻のハリン遺跡・世界遺産「ピュー王朝古代都市群」
1年前の同じ月に投稿された記事
バガンのホテルは断然ローシーズンがお得・オールドバガン編
華麗なるバガンの壁画たち

アジア 航空券情報


ミャンマー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ミャンマーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ