海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ特派員ブログ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

アグン山噴火のニュースで海外からのお客さんがいないバリ島。
どこに行くにも道路が空いています。アグン山は今のところ小康状態。
観光業に携わる人にとっては大打撃ですが、嘆いていても仕方がないので
こういう時だからこそできること、いつもは混雑している道路を走ってみたりしています。

さて、夕日が美しく、サーフィンポイントのエコビーチを今回は紹介します。
チャングー地域はどんどん開発され、おしゃれなレストランやブティックが
たくさんできており、勢いがあります。
波が良いのでサーフポイントもたくさんあり、サーファーも多いです。
171208-2.jpg

最近は雨季の真っ只中で天気が悪いこともありますが、波次第では
多少天候が悪くてもサーフィンを楽しむ人もいるようです。
171208-5.jpg

ビーチの目の前のエコビーチ・レストランはシーフードをその場で選んで
調理してもらうことができます。
171208-3.jpg

タナロット寺院の観光を早めに切り上げて、夕日を見ながらのディナーが
オススメです。
171208-1.jpg

アルコール類の価格もそれほど高くはありません。
海を目の前にしての食事は最高ですよね。
171208-4.jpg


次回のバリ島旅行でいかがでしょうか?

facebook-2.jpg




2017年12月 8日

スミニャックのポテトヘッドの隣にあるリゾート施設「MRS.SIPPY」を紹介します。
ビーチでなくても十分にリゾート気分を味わえます。
ラグーンのようなプールの周りでくつろぐゲスト。プールのヘリは丸みを帯びた
作りで徐々に深くなります。白い砂浜のような部分もあり、気分は南国リゾート。
171207-1.jpg


こちらで有名なのが、5メートルの高さから飛び込めるジャンプ台です。
171207-2.jpg

1メートル、3メートルの高さから徐々に練習して5メートルの高さから
飛び込む・・・・のは、筆者はどうしても怖くてできませんでした。
子供は恐怖心がないので、簡単に飛び込んでいます。
上から下を見たら、足がすくんでとてもじゃないけど、無理!


プールでぷかぷか浮かんでいるだけでハッピーな気持ちになります。
171207-3.jpg

洒落たバーなどもあり、丸一日のんびりと素敵な気分で過ごせます。
171207-4.jpg

入場料は10万ルピアで食事か飲み物に還元できます。
居心地良さそうなガゼボは貸切料金が別途発生します。
171207-5.jpg

広すぎず、子供が目の前で遊ぶのを眺めながら、大人はビールタイム、という
優雅な休日が実現する施設です。滞在中にいかがでしょうか?
MRS.SIPPY
https://www.mrssippybali.com/



facebook-2.jpg




2017年12月 7日

スーパーマーケットで女性向けの健康ドリンクを見つけたので、興味津々で
購入してみました。ボトルの写真にもありますが、ウコンは生理痛を軽減する、
女性ホルモンのバランスを整えるなどの効用があるそうです。
171206-1.jpg

生理痛の不快感が少しでも軽減されれば嬉しいですよね。
三つの味があり、それぞれ飲み比べてみましたが、それほど味の差はなく、
ジャムー特有の独特な味はマイルドに仕上げてありました。
市場で売られているジャムーに抵抗がある方は、こちらを一度お試しに
なってみては?

facebook-2.jpg




2017年12月 6日
2017年12月 5日
2017年11月30日
2017年11月29日
2017年11月28日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集