海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ特派員ブログ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

バリ島は年中暖かくて、花が咲いている印象ですが、乾季になると
満開になる花もあります。長年暮らしている筆者も注意していないと
気がつかないのですが、ブーゲンビリアは乾季に美しく花を咲かせるようです。
180618_1.jpg

インドネシア語で紙の花(Bunga Kertas)と呼ばれていますが、
南国らしい鮮やかなピンクが特徴です。
180618-2.jpg


最近は雨も少なく、青い空が広がるバリ島。
ブーゲンビリアとの美しい景色を楽しむことができます。

facebook-2.jpg



2018年6月18日

インドネシアには5つの宗教が認められていますが、最も信仰数が多いと
言われるイスラム教の最大行事、一ヶ月に及ぶ断食の期間があと少しで
終了します。今年は6月15日、断食明けの日をイドゥールフィトリと
呼びますが、この時期に故郷へ帰省する人が多く、バリ島から他の島へ
戻る人が多いので、デンパサールなどは道路が閑散としています。
ワルンと呼ばれる簡易食堂の経営も実はジャワ人が多いらしく、
どこも閉まっていて、普段は気軽に買えるナシチャンプルがありません。
180612-1.jpg

今朝はどこでも良いからと、朝食用にナシクニンを買いました。
生活圏であるデンパサールは人が少ないのですが、この休暇に逆に
他の島から観光地であるバリ島に来る人も大勢いて、大型バスが横行して
観光地は渋滞に陥ります。
予想される地域はクタビーチ界隈、ウブド地域、ブドゥグル方面など。
陸路で自家用車で観光に来る人も多く、道を知らないので、ウロウロと
方向が定まらなかったり、急に曲がったり、止まったりするので注意が
必要です。
今週から来週にかけては銀行が休みになる他、公共機関も休みに入ります。
緊急の場合に備えて、病院、領事館などの連絡先は前もってチェックをして
おくと良いかもしれません。

在デンパサール日本国総領事館
http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

日本語が通じる病院
カシイブ病院
kasihibuhospital.com
電話/0361-300 3030


スルヤフサダ病院
https://suryahusadha.com
Jalan Pulau Serangan No.7
電話/0361-233787


facebook-2.jpg


日本人スタッフ チカコさん 081-238-96617


2018年6月12日

バリ島の綺麗な海を満喫したくて、ウルワトゥ地域のカルマ カンダラを
訪れました。外部からのゲストもビーチの施設を利用することができます。
パラソルとビーチチェアーはミニマムチャージがありますが、レストランだけの
利用なら飲食代のみのお支払いになります。
180611_1.jpg


青い海と青い空が最高です。
泳がなくても、のんびりと海を眺めているだけで癒されます。
ビーチの風景です。
180611-2.jpg


景色を背景にインスタ投稿のために、自撮りをして過ごすのもおすすめです。
180611-3.jpg


レストランのメニューを撮影しました。
それほど高くはない印象です。
180611-4.jpg


本日いただいた料理をいくつか掲載しますね。
まずはピザですが、生地が軽くてとても美味しかったです。
180611-5.jpg

メインの魚料理です。
ジューシーに焼き上げられていて、ボリュームもありました。
180611-6.jpg

カニのパスタも絶品。
ホテル内のレストランなので、ビーチにあるとは言え
味はグレードが高いと思いました。
180611-7.jpg

のんびりと過ごす穴場だと思います。

カルマ カンダラ ビーチクラブ
Karma Kandara
住所/ Jl. Wijaya Kusuma
電話/ 0361-8482200. FAX: 0361-848224


2018年6月11日
2018年6月 8日
2018年6月 7日
2018年6月 6日
2018年6月 5日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集