海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ特派員ブログ

インドネシア/バリ特派員ブログ プトゥ・ヒロミ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


インドネシアの観光地としては、バリ島が特に知られていますが、他にもボロブドゥール遺跡、
ダイビングで人気があるメナドも挙げられます。そして今回連続して紹介するのは、
新しい観光地として注目されつつあるコモド島周辺について。
コモド島といえば、コモドドラゴンで有名ですが、他にも見所がたくさんあるんです。
この地に新しく9月にオープンするアヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチの
お知らせと共に、数回に分けて見所を書いていきたいと思います。
komodo_1.jpg

これまでコモド島に行くのは何日かに渡ってバリ島からクルージングボートで訪れる
ツアーなどがあったけれども、簡単には行けないイメージがありました。
ところが、バリ島からはいくつかの航空会社が1日に数便飛んでおり、
航空会社によって片道の就航時間に差があるのですが、一番短時間で行けるNAM AIRでは、
なんと45分で到着してしまうんです。(ちなみにガルーダ航空では1時間20分です)
すでに欧米人のダイバーなどは、穴場的なコモド周辺のダイビングスポットを
楽しんでいたというわけです。

バリ島から到着するのはラブアンバジョーという空港です。
位置としては、フローレス島の最西端の港町で、コモド島などを船で周遊する際の玄関口になります。
着陸寸前に空から見たフローレス島の景色ですが、海の色に興奮してしまいました。
airplane-2.jpg

とても小さな空港ですが、訪れる観光客が増えているので、リノベーションを重ねて、
だんだん綺麗になっています。航空チケットも簡単には購入できなくなっているそうです。
airport_1.jpg

空港から港まではほんの10分程度です。
一番栄えているという港のメインストリートですがとても小さいです。
minato-2.jpg

港に停泊していたスピードボートに乗り込んでいざ、出発!
このスピードボートはアヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ内に併設する
アクティビティ主催会社、PT.Prima Nusa Bahari(プリマ ヌサ バハリ社)のボートですが、
スピードも出て、海上の移動がとても快適でした。
実は筆者は三半規管が弱く、船酔いするのですが、このスピードボートでは
全く問題がなかったです。
minato.jpg

船内の設備にびっくり。トイレもキッチンも寝室も付いており、まるでホテル並み?
rako-cama-4.jpg

訪れたのはManjerite(マンジャリテ)と呼ばれる、港から近いシュノーケリングポイントを通過。
美しい珊瑚のシュノーケリングで、午前中にはたくさんの船が停泊しているそうです。
manjerite_1.jpg

乾季のために、乾燥しており草木が少ないのですが、雨季には山肌が緑色に変わるそうです。
青い空、穏やかな海の景色。こんなに近くに手つかずの自然が残っていたなんて。
今まで来たことがなかったのが悔やまれるほどです。
マングローブの緑が美しいですね。
rako-cama-2.jpg

さて、コモド島について、情報を少々追加です。
恐竜の生き残りといわれるコモドドラゴンはコモド島、リンチャ島に生息しています。
2つの島を含む地域はコモド諸島と呼ばれ、インドネシアの国立公園であると共に
1991年に世界自然遺産に登録されてます。

さて、次回のレポートではリンチャ島に上陸して、コモドドラゴンを見にいきます。
続く。

facebook-2.jpg




2018年8月17日

クタ地域のモルバリショッピングモールはローカル客にも人気の場所。
服飾関連の店、文房具店、スポーツ用品店、眼鏡店などが充実しており、
フードコートもかなりの店舗数なので、週末を家族で過ごすローカルも多いと思います。
今回紹介する日本食レストランの「漁師」はバリ島内に数店の店を持つ、
老舗のレストランです。こちらのランチセットメニューは5万ルピア+税(日本円で約450円)で
味噌汁、ドリンクもついているので、とてもお得。
写真はビーフ照り焼きのセットメニューですが、野菜の天ぷらもついており、
お腹も一杯になるボリュームでした。
180815-1.jpg

フードコートのローカル食の店がほぼオープンスペースに対して、漁師は
エアコン完備で、席も広くゆっくりと食事をしたい場合にオススメです。
観光地巡りで、ほとんどの時間を費やすとは思いますが、買い物に
興味がある場合、ローカルが集う地元のショッピングモールを探索するのも
楽しいと思います。

facebook-2.jpg



2018年8月15日

通勤途中で思わず二度見してしまったオートバイ。
急いで写真を撮りました。
180814-1.jpg

本体はどう見てもドラム缶ですよね。
ちゃんと走りそうです。
180814-2.jpg

砂漠で遭難した人が、車を分解してオートバイを作ってしまった、
というような記事を思い出しました。
こちらのオートバイは何を意図して作られたのでしょうか?
走っている姿も見たいです。

facebook-2.jpg



2018年8月14日
2018年8月10日
2018年8月 7日
2018年8月 5日
2018年8月 3日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • バリ特派員

    バリ特派員
    プトゥ・ヒロミ
    1995年よりバリ島が大好きで通い続け、1999年にバリ人のスカスカ氏と出会って結婚と同時に移住。ホームページやソーシャルメディアを通じて、バリ島の良さや素晴らしさを知ってもらいたいと現地から情報発信を続けている。バリ人の生活から宗教観、観光地、レストラン情報など、バリ島旅行に役立つ記事をほぼ毎日更新している。 DISQUS ID @disqus_kKx5FDfGYo

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集