海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ特派員ブログ

リゾートにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

インドネシア/バリ特派員ブログ ホリ

インドネシア・バリ特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

$RO7GRAN.jpg

みなさん、こんにちは。バリ島旅行のみかたホリ(@HORI_BALI)です。今回はエアアジアの直行便がバリ島に飛び始めるぞ、ということで情報をまとめてみました。いやあ、これすごいですよ、とにかく安い!


■就航開始情報概要


エアアジアグループに属するインドネシア・エアアジアXは2017年5月25日(木)から成田空港~バリ島デンパサール空港間の就航開始を発表しました。

便数は週4往復、成田から月/火/木/土の8:25発で14:25デンパサール空港着となっています。帰国便は月/水/金/日の夜23時発、翌7:10に到着します。また、この新規就航記念セールが3/21~4/9に行われており、価格はなんと片道9,900円!!対象となる搭乗期間も5/25~翌年の6/5までという超ロング期間で、バリ島への日本人観光客の大幅な増加が見込めると巷で話題になっています。


■今回の就航開始がもたらすであろう影響
$RLQQZSU.jpg

①バリ島旅行へのハードルが下がり、週末弾丸旅行者が出てくる。

今までのバリ島旅行費用の大部分は航空券が占めるコトが多く、下手すると旅費総額の半分がチケット代なんてことになっていました。それが今回のこのエアアジアの成田‐バリ島便によって旅費が下がり、無駄な経由時間もないため、全体的にハードルがガツンと下がります。週末のみのバリ島旅行も計画が可能です。


②空港からの移動でワナワナする日本人が増える

今まで日本の旅行代理店を使ってバリ島に来ていた人が、このエアアジア直行便でバリ島に来ると1つ大きく困ることがあります。それが空港からの移動手段。旅行代理店を通すと空港までお迎えが来てくれますが、エアアジアの飛行機を直でとると待ち構えているのは「タクシー?タクシー?ヤスイ!ヤスイ!」の声掛けの嵐。何も知らずに来るとオロオロ必至の恐怖体験です。これについては事前の調査が必要です。(参考:【保存版】バリ島空港からの移動手段全紹介。メータータクシーがいないだと?!)


③日本人が泊まるホテルが多様化する

今までの日本人観光客のほとんどは旅行代理店を経由して、航空券+ホテルのパッケージプランでバリ島に来ていたかと思います。が、エアアジアで来るとなるとホテルは自分で手配しなければいけません。

しかし、Booking.com、Agoda、Trivago、Airbnbなどを覗けば1泊5,000円程度で綺麗なプール付きのホテルがたくさん出てきます。代理店パッケージプランで来ると数個の提携ホテルから選ぶ形になりますが、自分で探すなら数百のホテルの中から自分に合ったホテルを選ぶことができるので、旅のスタイルは大幅に変化することでしょう。


$RPEWUVN.jpg

今回はエアアジアの成田―バリ島直行便就航開始とそれに伴うセール情報のお話でした。引き続きコメントやメッセージは下記より承っておりますので、お気軽にどうぞ!それではまた、ホリ(@HORI_BALI)でした。


ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年3月26日

0.jpg


1.jpg

みなさん、こんにちは。バリ島旅行のみかたホリです。今回はノスティモグリークグリルという素敵なギリシャレストランのご紹介をしようと思い、スミニャック北部、クロボカンというエリアをうろついております。


2.jpg

ノスティモグリークグリルはデンパサール国際空港から車で約35分、先ほども言いましたがスミニャックの北にあるクロボカンというエリアにあります。スミニャックのビンタンスーパーマーケットからは約3キロで、車なら10分、歩くと30分の道のりとなっています。


3.jpg

ノスティモグリークグリルはかなり人気店ですが、そこまで広いわけではありません。白とターコイズブルーを基調としたギリシャ風の店内には4人掛けのテーブルが8つほど、2階部分もありますが1階が満員の時に使うようです。メニューが店前に置いてあり、お店に入る前に値段感を確認できるのはバリ島に慣れていない観光客でも嬉しいポイント。オープンエアの店内は日中は少し暑いですが、店内部分は日陰になっているのでランチ利用の際はぜひそちらへ。


4.jpg

こちらは「GREEK SALAD」でお値段はRp.65,000(¥520程度)。トマト、キュウリ、ピーマン、玉ねぎとオリーブが入っており、上にはフェタチーズ(Feta Cheese)という羊やヤギの乳から作られるギリシアのチーズが乗っかっています。


5.jpg

迷った時はこれがオススメ!ワンプレートにサラダやポークグリル、チキン、ポテトなどがまとまったミックスグリル(Rp.125,000、¥1,000程度、1人用)で、1人用でもかなり量があり2~3人でシェアしてもOKなくらいの量となっています。


6.jpg

料理がかなりさっぱりと食べれたので、バリ島の脂っこいインドネシア料理にちょっとダメージを食らっているときなんかはオススメですね。


7.jpg

はーい、ということで、今回はトリップアドバイザーでも評価の高いノスティモグリークグリルのご紹介でした。さっぱりした料理がメインでちょっぴり健康になった気分です。オーナーが「何かございますかー?大丈夫ですかー?」と優しく声をかけてくれたのも嬉しかったですし、そういう気配りがトリップアドバイザーの評価にもつながっているんだなと感じました。それではまたホリでした。


ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年3月25日

1 .jpg

はい、みなさんこんにちは。ホリ(@HORI_BALI)です。

今回僕はですね、サヌールエリアに来ております。サヌールは在住者や長期滞在者、バリ島リピーターが多いと言われ、クタやレギャンに比べ静かでゆったりとした時間が過ごせると言われているナイスなスポットです。そんなサヌールでも一番有名といっても過言ではないお店といえば・・・・・

DSC_0020.jpg

そう、マッシモ(MASSIMO)!今回はこの超有名イタリアンに行ってみようと思います!


3 .jpg

まずは入り口。マッシモを語る上で欠かせないのは何といっても店頭にあるジェラート。このジェラートだけで1記事書けるほどの人気で、ホームメイドジェラートを求める人は連日絶えることがありません。


4.jpg

マッシモは店内とテラスの2か所に席が設置されており、どちらもオープンエアーでエアコンはありませんが、大型扇風機が何台も設置されているので「あちー」という感じはなく、とにかく居心地が良い。


5.jpg

店内にはオーナーシェフのマッシモさんの写真や絵、さらにはバリ島の写真やイタリア地図が多く飾ってあり、お店の歴史を感じることができます。


6.jpg

なんといってもパスタの種類が尋常じゃない。このページ、全部パスタです。スパゲッティ、フェットチーネ、リングイネ、ニョッキ、パッケリ・・・・もう全く想像ができない文字の羅列ですね。イタリア人はどんだけパスタが好きなんだろう。

値段感は、ざっとメニュー見渡してみると、バリ島の超有名イタリアンにしてはお手頃なのかなと思います。パスタが一皿Rp.55,000(¥440程度)~99,000(¥800程度)、 ソフトドリンクはRp.16,000(¥140程度)~、お酒は種類がかなり豊富でビールだけで11種類、その他にもワインやウィスキー、ウォッカなども取り揃えられていました。


7 .jpg

さあ、迷いに迷った結果、今回は「Paccheri ai Gamberoni」(Rp.79,000、¥630程度)を注文しました。トマトソースとエビを使ったパッケリですね。


8 .jpg

インパクトのある味つけではないですが、毎日食べても飽きのこない一品です。エビとトマトを生かした自然な味付けで「まずい」という人がいないような仕上がりになっています。老若男女問わず食べられる本場のイタリアンってこういうことなのかーと思いました。


マッシモ基本情報

店名:Massimo - Il Ristorante

住所:Jl. Danau Tamblingan 206, Sanur

電話番号:+62 361 288942

営業時間:11:00~23:00

定休日:ニュピのみ


9.jpg

はい、ということで今回はサヌールの老舗イタリアン、マッシモをご紹介しました。バリ島における名店中の名店イタリアンなので、ぜひみなさんもご機会があれば足を運んでみてください!それではまた、バリ島旅行のみかたホリ(@HORI_BALI)でした!

バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年3月25日
2017年3月25日
2017年2月28日
2017年2月28日
2017年2月28日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ