海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ2特派員ブログ

リゾートにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

インドネシア/バリ2特派員ブログ ホリ

インドネシア・バリ2特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

1.jpg

1 (2).jpg

みなさんこんにちは、バリ島旅行のみかたホリ(HORI_BALI)です。今回の記事ではバリ島のビーチの中でも特にお気に入りのスポットを3つご紹介しようと思います。


①スガラビーチ/Segara beach

2.jpg

3.jpg

クタエリア南部ディスカバリーショッピングモール裏にあるビーチ。海で遊ぶというよりも夕陽鑑賞に特化したビーチで、毎日多くの観光客がここでアツい夕陽を眺めています。ショッピングモール裏ということで買い物ついでに訪れることもできますし、Ocean27やSegaraなどのレストラン、ビーチバーもあるのでそこでビンタンビールを飲みながらゆっくりしてもGood!


②パンダワビーチ/Pandawa beach

4.jpg

5.jpg

パンダワビーチはバリ島の南端に位置し、デンパサール国際空港から車で約50~60分程度で到着です。(入場料1人Rp.15,000(¥120程度))高台から見てもわかる通り、まだまだ開発中のビーチではありますが、既にビーチ沿いには数百メートルにわたってワルンが立ち並び、パラソル、デイベッドが置かれています。真っ白な砂にブルーの海は見ているだけで心が癒され、日々の忙しさや喧騒から逃れたいときにはピッタリな場所です。カヌーのレンタルもあるのでゆっくりに飽きたらアクティブに動くことも可能です。基本的にはデイベッドもパラソルも数多く用意されているため、混んで座れない、ゆっくりできないということはないですが、珍しく大型バスが入れる綺麗なビーチのため、団体行動をする中国の方が多い時期には混みあいます。


砂が真っ白、透明度が高い、ゴミが落ちてない、駐車場からのアクセスが容易(=階段がない)、ご飯食べれる、混まない、と今のところ文句なしのビーチです!オススメ!


③グリーンボウルビーチ/Green bowl beach

6.jpg

7.jpg

旧バリクリフリゾート沿いにあるグリーンボウルビーチはデンパサール国際空港から車で約50分、パンダワビーチから程近くにあります。駐車場から木々が生い茂るながーい階段を下った先には透明度抜群のビーチが広がっています。遠浅で流れが穏やかなため、海水は透き通るような青さをしており、まさにシークレットビーチと呼ぶに相応しい場所。


ただ、とにかく階段が尋常じゃなく、カメラマン曰く「途中で胃液の味した。カメラ持ってはもう2度と行かない。(真顔)」とのことです。とっても素晴らしい場所ですが人生で1回行けたら満足、そんなビーチです。


ということで今回はバリ島のビーチについて3スポット、ご紹介いたしました。ぜひ次回の休みは綺麗なビーチがたくさんあるバリ島にお越しください!

8.jpg


ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年4月29日

1.jpg

日本のみなさんこんにちは、バリ島旅行のみかたホリ(HORI_BALI)です。


2.jpg

今回はクロボカンエリアにあるポークリブのお店をご紹介しようと思います。目の前の通りをジャランバトゥブリッ(グ)といい、フレンチ料理の名店メティスやトリップアドバイザーで高評価のギリシア料理ノスティモグリークグリル、夕方3時で閉まるスムージーボウル店ザスパイシーココナッツなどがある通りです。


3.jpg

店内は食欲を掻き立てる赤を基調とした開放的な空間に作られており、いわゆるバリ島のオシャレな人気店という感じですかね。


4.jpg

老若男女問わず毎晩かなり混みあっており、客層は観光客とバリ島の富裕層が入り混じったような感じ。特に音楽がガンガンでうるさいという感じはせず、ワイワイ賑わっています。広めで席数も結構ありますが、ディナータイムは次から次へとお客さんが来るので2~3時間ゆっくりはむずかしそうですね。


5.jpg

こちらがメニューになっております。人気のポークリブはRp.155,000(¥1,240程度)、ポークチョップスはRp.129,000(¥1,000程度)、サラダはRp.50,000(¥400程度)、ビンタンビールはR.35,000(¥280程度)となっています。普段は1日2食¥500以内におさまるので、震えた声でしっかりとポークチョップスを注文しました。


6.jpg

いざ、じっしょく!!


7.jpg

バビグリンやラワールといったバリ料理って細かく豚を使ってますって感じで、そんなに肉々しい豚がガッツリ口いっぱいにって感じではないのですが、これはかなりしっかり豚本来のうまみが広がりますね。


8.jpg

ということで今回はバリ島で人気を集めているポークリブ店ホグワイルドのご紹介でした。ゆるーくまとめると、脂っこすぎない豚料理を出す雰囲気よさげのクロボカンの人気ポーク屋でした。場所的にはラ・ラグーナの帰り道なので、豚が好きな人はぜひ一度足を運んでみてもいいのではないでしょうか。


ホリ
バリ島旅行のみかた
Balo-no-mikata.com


2017年4月29日

1.jpg

みなさん、こんにちは。バリ島旅行のみかた、ホリです。


2.jpg

今回はバリ島のお土産として人気が高いボカシオイル、それを使った砂風呂?おがくず風呂?ならぬものがサヌールに行くバイパス沿いにあるということなので、実際に行って体験してきました。


3.jpg

まずは道中、おじちゃんとピクミンフードを被った人達が看板が突如出現しますのでこれが目印です。「BOKASHI THERAPY(ボカシテラピー)」と書いてあります。


4.jpg

ドアを開けるとすぐ受付があり、左側には診察所みたいな待合室。水が山ほど並べられています。待合室はクーラーあり。


5.jpg

今回受けたいボカシテラピーは30分でRp.100,000+Tax10%です。(後払い)


6.jpg

希望のメニューを伝えるとそのまま奥に通されます。これが今回のテーマのおがくず風呂ですね。この砂?おがくず?酵素?がたくさん敷き詰められています。


7.jpg

とりあえず、渡された特製服に着替え、座りました。すでにお尻がすごい熱い。


8.jpg

お店のスタッフがどんどん上におがくずをかけていきます。めちゃくちゃ暑い。感覚でいうと43℃のお風呂に入っているみたいです。


9.jpg

約30分、このままじっとし、汗がでるのを待ちます。かなり熱く、もう無理!という方は体勢を変えたり、座ったりすることもできるようです。


10.jpg

30分後、シャワーを浴び、ジンジャーティーを貰って全て終了となります。


11.jpg

この受付でもボカシ関連商品が買えるみたいで、せっかくなのでボカシクリームなるものを買ってみました。Rp.20,000(¥160程度)です。

基本的には在住者や現地の方向けのサービスではありますが、使い方次第では観光客の方にもいいと思います。


・飛行機に乗る前にボカシテラピーをして、機内でぐっすり寝る。

・大事な撮影(結婚式、フォトウェディングなど)の前にボカシテラピーをしてむくみを取る

・とにかく汗をかきたい


という方にはぴったりです!もちろん個人差はあると思いますので、ぜひご自身で一度チャレンジしてみてほしいです!予算の都合上、今回は受けませんでしたがボカシオイルを使ったマッサージもあるので、そちらも併用すると効果が増すとの噂も。それではまた!ホリでした。


ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年4月29日
2017年4月29日
2017年3月26日
2017年3月25日
2017年3月25日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ