海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > インドネシア/バリ2特派員ブログ

リゾートにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

インドネシア/バリ2特派員ブログ ホリ

インドネシア・バリ2特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

1.jpg


2.jpg

はい、こんにちは。Youtubeのコメント欄で「Nikeの白キャップ似合いますね!」と言われて3週間くらい上機嫌が続くホリ(@HORI_BALI)です。今回はスミニャックの大人気ジェラート店のご紹介をしたいと思います。場所はスミニャックのオべロイ通り(カユアヤ通り)に面しています!ビンタンスーパーからはゆっくりめの競歩で20分くらいでしょう!


3.jpg

店内はこんな感じですね。大きなジェラートケースにテーブルが6個くらいあります。ジェラート専門店というよりは、ジェラートがメインのカフェ的な雰囲気が漂っています。スミニャックの観光メイン通りだけあって、お客さんは外国の方がほぼ占めていますね!2階席もあるみたいなので、後で行ってみましょう!とりあえずジェラート選ばねば。


4.jpg

ジェラートは約30種類くらいから選ぶことが可能です!特徴は、普段あんまり見たことがないフレーバーがいくつかあるということ!ポップな色のやつがチラホラ見えるでしょ!


5.jpg

値段はサイズごとに違います!全4サイズ展開で小さい方からRp.30,000(¥240程度)、Rp.45,000(¥360程度)、Rp.60,000(¥480程度)、Rp.75,000(¥600程度)ですね。バリ島ジェラート界では少し高めですが、地理的にみると観光客でも歩いて行きやすいから仕方がないでしょう!


6.jpg

はい、ということでこれが今回注文したジェラートたちです!この大きさでミディアムサイズですね。味はですね、赤いのがラズベリー、白がバブルガム、青がブルーエンジェルってな具合です。


7.jpg

まぁ気にせずいってみましょう!!じっしょく!


8.jpg

パクリ


9.jpg

ラ、ラズベリーはうまいですよ!!バブルガムは、まんまガム。あのアメリカかどっかのカタツムリみたいな幅広テープみたいなガム。ブルーエンジェルはもう甘すぎて何がなんだか。原始的な甘みが脳に直接ぶち込まれるような感じです。ただ、見た目は可愛いのでインスタとかでは「いいね」がたくさんつくでしょう!!


10.jpg

今回はスミニャックのオべロイ通りにあるジェラートファクトリーのご紹介でした。ジェラートの味はもちろんのこと、空間デザインや雰囲気づくりにも重きを置いているお店でショッピングの休憩にはいいスポットではないかなと思います!


このストリートはLa faveraやスミニャックスクエア、ヴィレッジ、スキップジャック、.TEMU、イタリアン系の有名店などなど、かなりいいお店が集まっているので、ぜひお腹と相談しながら決めてみてください♪それではまた!ホリでした!


ホリ(@HORI_BALI)
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年6月30日

1.jpg

みなさん、こんにちは!バリ島旅行のみかたホリ(@HORI_BALI)です。日本とは道に生えている植物も道路もお店も何もかも違うバリ島ではどこを切り取っても”絵”になりますよね。今回はそんなバリ島の中でも特にフォトジェニックな撮影スポットをご紹介していきます!


①スミニャックの”ビーズクッション&パラソルカフェ”

2.jpg

スミニャックエリアのダブルシックスビーチにあるスペイン風海の家ラプランチャ。このお店の特徴はなんといってもビーチに並べられたカラフルなビーズクッションとパラソルたち。ゆっくりと夕陽を眺めるもよし、夕陽が沈んでからは料理と素敵な時間を楽しむもよし。どこを切り取ってもパッと見で南国っぽいオシャレな写真が撮れるので、ぜひ!!


②テガララン村の絶景”ライステラス”

3.jpg

デンパサール国際空港から車で約90分ウブド方面にあるテガララン村はとっても綺麗なライステラス(棚田)を有する村です。テガラランのライステラス沿いにはカフェがいくつも併設されており、スムージーやココナッツジュースを飲みながら緑一色のライステラスを眺めることが可能です。ライステラスってただの田んぼでしょ?と言われると、まぁそうなんだけどと答えるしかないですが、田んぼ×ヤシの木ってバリ島ならではじゃないですか?緑は目にもいいですし、バリ島に旅行に来たのであれば一度は足を運びたいスポットの1つです!


③クタビーチの定番”サンセット”

4.jpg

バリ島の定番ビーチとして知られるクタビーチ。毎日世界中から多くの観光客がその美しい夕陽を一目見ようと足を運んでいます。サンセットタイムは時期にもよりますが18:15くらいなので、17:30くらいにはビーチに到着し、徐々に変わっていく空の変化を楽しむのがベストです!三脚を使ってタイムラプス動画を撮っても綺麗そうですよね!小さい三脚があると色々と役に立ちますよ!


④”ティルタエンプル寺院”の沐浴

5.jpg

デンパサール国際空港から車で約90分、ウブドのパワースポットとして有名なティルタエンプルもインスタ映えする写真が撮れるスポットの1つです。ここから湧く聖水は無病息災の力があると言われており、もちろんヒンドゥー教の聖地ですが、観光客でも沐浴をすることが可能です。沐浴という普段することの無い体験と背景に写るお寺や森の景色、非日常間が凝縮された1枚を撮ることができます!


⑤オールドマンズの”ウォールアート”

6.jpg

インパクト抜群の鮮やかでオシャレなウォールアートで一躍有名になったサーファーズカフェ”オールドマンズ”。チャングーにあるこの超絶オシャレなカフェには毎日多くの観光客が足を運んでいます。これくらいパッとしたインパクトがあるとSNSでもいいねが付きやすいですよね!カフェとしても本当にオシャレで居心地のいい場所なので、ぜひゆっくりした時間を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか!


7.jpg

はい、ということで今回はバリ島のフォトジェニックスポットのご紹介でした!いかがでしたでしょうか?バリ島に来たくなったでしょう?エアアジアの直行便も出始めたし、ぜひ一度遊びにいらしてくださいね!


ホリ(@HORI_BALI)
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年6月30日

1.jpg

バリ島旅行のみかたホリ(@HORI_BALI)です。僕は今回、ここ、モンキーフォレストにやってきております!2年間バリ島に住んでて初めてです!


2.jpg

モンキーフォレストとはバリ島のウブドエリアを代表する観光スポットで、デンパサール国際空港から車で約90分、ウブド王宮からはモンキーフォレスト通りを通って1.6キロ、徒歩15分の場所に位置しています。入場料は大人1人Rp.50,000(¥400程度)、子供1人Rp.40,000(¥320程度)となっています。今回はここ、モンキーフォレストが人気の観光スポットとされている理由をいくつか考えてみました。全部で4つです!


3.jpg

1つ目は名前の通り野生のサルが200匹以上いるから。調べてみてわかったのですが、西洋やオーストラリアって実はサルがいないみたいなんです。なのでサルってアジアっぽい動物の代表格なのでしょう。まぁ、サルがたくさんいる土地に住む日本人にとっては到底関係の無い理由です。


4.jpg

2つ目は観光エリアから徒歩で行くことが可能なエリアだから。モンキーフォレストの周辺については、王宮から行く場合はモンキーフォレスト通りというウブド観光のメインストリートの1つを通ってきます。そのモンキーフォレスト通りには人気の飲食店や、雑貨屋さん、ジェラート、コスメ店がたくさん並んでいるのでついでにどこかに寄ることも可能。ウブドの観光スポットって遺跡や自然系が多く、車で30分かけて行っても目的地がポツンとあって、違うところ行くのにまた車で…という形になるので、その中では観光の中心地から歩いて気軽に行けるスポットとしてモンキーフォレストは人気を集めているのではないでしょうか。


5.jpg

3つ目は中にヒンドゥー教寺院が3つもあるから。モンキーフォレストの中にはプラ・プラジャバティ寺院、プラ・ベジ寺院、プラ・ダレム・アグン寺院という3つのお寺があり、森を散策していくと見つけることができます。ただのサルがたくさんいる森ではなく「森とお寺」というコラボレーションが人気を集めるポイントになっているのではないでしょうか。


6.jpg

4つ目は単純に涼しいから。バリ島の昼間って外を歩くと体力を結構持っていかれがち。普段みないような目新しいものに囲まれているから、本人でも気づかないほど体力を消耗していることもあります。そんな時にモンキーフォレストなら大きな木が影を作り、比較的都心にありながらもかなり涼しい。心地よい木漏れ日を感じながら昼間の時間を有意義に使うことが可能です。


7.jpg

以上4点、モンキーフォレストが人気を集めている理由についてご紹介しました。バリ島の中ではすでに定番スポットとなっていますので、ウブド観光の際はぜひみなさんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


ホリ(@HORI_BALI)
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com


2017年6月30日
2017年6月29日
2017年4月29日
2017年4月29日
2017年4月29日
⇒すべての記事を見る

バリ島旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ