海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > バリ2特派員ブログ > 今話題の液体窒素アイス"ナイトロジーニー"がバリ島...

リゾートにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

インドネシア/バリ2特派員ブログ ホリ

インドネシア・バリ2特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月28日

今話題の液体窒素アイス"ナイトロジーニー"がバリ島にも!


メール プリント もっと見る

今話題の液体窒素アイス"ナイトロジーニー"がバリ島にも!

1.jpg


2.jpg

みなさん、こんにちは。バリ島旅行のみかたホリです。今回、僕が訪れているお店はこちらのナイトロジーニー(Nitrogenie)。特徴はやっぱり液体窒素を使ってつくるアイスクリーム。窒素はマイナス196℃が沸点で気化するようなので、猛烈に冷たいアイスクリームが出来上がるのでしょうか?楽しみ。


3.jpg

メニューは8種類。バリ島で人気のジェラートと違い、ハニーチーズケーキやペパーミントチョコチップなどハーゲンダッツ的なラインナップを繰り広げています。


4.jpg

8種類はバリ島のアイス界ではかなり少ないほうですが、「Today's Ice Cream(今日のアイスクリーム)」「Flavours change regularly.(味は定期的に変わります)」と記載されているので、その時々の選び抜かれた8種類なのでしょう。ちなみに公式サイトには80種類もの味が記載されています!


5.jpg

値段はサイズによって変動し、レギュラーカップがRp.55,000(¥440程度)、ラージカップがRp.75,000(¥600程度)、コーンがRp.65,000(¥530程度)となっています。これまたアイス界では異例の高価格!ただ、ハワイでは小さいもので$5程度と聞いているので少しバリ島の物価に寄せているみたい。世界で絶賛されているものが若干のバリ島価格で食べれるならいいでしょう。


6.jpg

作る過程はまるで実験!アイスと液体窒素を投入!蒸発した液体窒素の白い煙を巻き散らしながら、マシンがひたすらかき混ぜます!


7.jpg

完成!!たくさん試食した中でも僕の舌をうならせたのがこちら。「Salty Caramel Popcorn(ソルティーキャラメルポップコーン)」!パッと味は塩がガツンとくるのですが、そのあと徐々にキャラメルに変化し、最後は口にまるまるポップコーンが残ります。フルーツ系のジェラートとは真逆のこってり濃厚なテイストで、一口に多くの味が詰め込まれているという感じでしょうか。また新しいお気に入りを発見してしまった・・・・。


8.jpg

ということで今回は液体窒素アイスクリーム、ナイトロジーニーをご紹介いたしました。個人的にバリ島は段々とアイス激戦地の様相を呈してきたんじゃないかなーと思っています。というのも単純なジェラートは有名なマッシモやグストなど以前から存在していましたが、ここ最近でフローズンヨーグルトや今回の液体窒素アイスといった形態の異なるアイスが目立って増えてきた気がします。ぜひバリ島にきたら濃厚で深みのあるアイスクリームに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ホリ
バリ島旅行のみかた
Bali-no-mikata.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年2月28日
« 前の記事「スミニャックで話題のステーキEAT WELLはこんなところ!」へ
»次の記事「ローカルに人気爆発中の"GUSTO(グスト)ジェラート"」 へ
おすすめ記事
    バリ2特派員 新着記事
    バリ島のシークレットなオススメビーチ3選!
    バリ島クロボカンエリアで人気のポークリブ店ホグワイルド!
    汗だく必至!いざバリ島のボカシテラピーに挑戦!
    オーガニックコスメの名店、バリ島のウタマスパイスウブド店レポート!
    LCCエアアジアのバリ島直行便が旅行者に与える影響を考えてみた。
    バリ島で人気のギリシア料理店ノスティモグリークグリルに行ってきた。
    サヌール老舗イタリアンマッシモのご紹介!ジェラートもGOOD!
    2017版バリ島人気お土産5選!旅行前必見!

    グアム・サイパン・リゾート 航空券情報


    バリ島旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バリ島の旅行記・口コミ「旅スケ」へ